« 2011年7月17日 - 2011年7月23日 | トップページ | 2011年7月31日 - 2011年8月6日 »

2011/07/30

新潟でのクリスタルスィンギングボウルを浴びる会は、県内では記録的豪雨でしたがが、雨にも負けず、開催しております!

 確か日食・月食を見た地域は、必ず、災害に襲われると、言っていた筈だ!

堤防が破壊されるとは、考えていなかった。

色々なところで海岸線が、消えているから、と言っても水没に内陸部から始まる。

日本が世界の雛形なら、この世界は混乱の時代に、突入か!

貧しい日本!これは目を背けることが出来ない真実だ!

未熟な国民に相応しい政府!

覚醒は何時の事やら????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/29

詩人で詩誌発行人の池田康 8月5日(金) 第662回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、3回目の参加!三宿の宙に、詩篇「蜜蜂」その他を、撃ち込む!乞うご期待!

   天童大人プロデュース
 
 第662回ー「目の言葉」と「耳のコトバ」へ-

詩人で詩誌「洪水」の編集発行人である池田康 3回目の参加!

   ー詩篇「蜜蜂」を読むー

個人詩「壁画」8号(今年6月刊行)に発表した詩篇「蜜蜂」と、そのほか過去の詩集の中の作品、詩集に入っていない作品とを合わせ、この季節の聲の特賞をつくります。
さて3回目の参加!どんな聲を聴かせるのか?乞うご期待!
予約

Star Poets Gallery Fax&Tel 03-3422-3049

北十字舎 Fax03-5982-1797

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「聲」、この不思議なもの。謎だらけの聲なのだが、1250年前、僧空海は、聲の本質を喝破していた!「声字実相儀」に、声が全て、声を聴けば全てが分かると記されて居ることを教えてくれたのは、今から27年前、先達の御1人、英文学者の壽岳文章先生だ!向日居山房で、所望されてのひと聲発した後での教示であった!

 それ以来、人の聲を至る所で、耳を澄ませて、聴いて来た。

それは人種・宗教・国籍を超えて、共通点が在る。

まあ、耳を鍛えて、人の聲をじっくりと聴いてご覧。

様々な事が分かるよ!

しかし、耳の悪いのでは、何も聴けないよ!

そこが肝心なのだ!耳の良い人は良いが、自分の耳が、悪いのが分からない人が多いぞよ!

直に人の聲を聴くのが、理想だが、なかなか難しいのだ。

例えば、スタート言われる役者・俳優は、全て聲が良いのだぞ!

想い出してご覧!様々時代のスターたちの聲を!

気が付く筈だよ!

聲を変えることが出来ない、しかし、内面性を鍛えて行けば、聲を変えることが出来ると言われている。

ともかく、人の聲をじっくり聴いて御覧なさい!

面白いことが沢山分かりますよ。乞うご期待!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/28

年内に700回の大台にプロジェクトを超えて前に進みたいと願っていましたが、広尾のギャラリー華の協力で、月2回が9月から、可能になり、間違いなく年内に700回の大台を超せそうです!参加詩人は先ず最初の難関10回の大台に挑んで下さい!1回で挫折した詩人が多いのは、何を語っているのでしょうか!是非、挑戦して見て下さい!

 1時間余り、自分が産み出した言葉を用いて聲を出す!

考えたら出来ません。身体性を追求して行く訳ですが、なかなか理解出来ないようです。

1度も聴きに来ない者までが、何かと言いだすものです。

「聲」は、二十世紀の謎の一つでしたが、二十一世紀にも未だ解明されていません。

何故でしょうか?そう聲は、簡単では有りません。

既に、聲、とい漢字さえ書けなくなり、読めなくなっています。

聲、は武器だと言えますが、参加回数が10回を超えて見ると、ハッキり続けて来た成果が、本人の自覚は薄いのですが、見えて来ます。

このプロジェクト参加詩人の中で、10回を超えた詩人が40人、20回を超えた詩人が20人、30回を超えた詩人が10人ほど居ないと、日本で国際詩祭を開催することは、難しいことでしょう!

200~300人のホールで、マイク無しで聲を撃てない日本の詩人が並んでも、記憶に残るようなことは出来ません。

大きい聲を出せと言っている訳では有りません。続けていると自然に聲は出て来ます。

この約5年間、プロジェクトを全て聴いて来た感想です。

じっくり聲を参加詩人には、育てて頂きます。

10回を超えた詩人の聲を聴いて、変わったと1回目の聲を聴いた参加者に言われる事は、嬉しい事です。

何時に為ったら、真の国際詩祭が、開催出来るでしょうか!

乞うご期待です!!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

訂正版です!8月・9月のプロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」の日程表です。8月はお盆でもあり、例年のごとく、開催回数は少ないのですが、参加詩人は、腹筋を鍛え、御精進下さい。間もなくこのプロジェクトは10月で、5年目に入ります!

 今、広尾のギャラリー華のオーナー福井美津子女史の御配慮で、9月16日、1回分が多く出来ることになりましたので、訂正版を送りますので、ご訂正ください。 
毎月、月初めに公表するのですが、今回は、月末に新潟で、クリスタルスインギングボールを浴びる会を開催するので、ひと足早く、発表です。
参加詩人は、各自の案内チラシを早急に制作し、北十字舎宛にお送り下さい。

新しい空間を探しています。詩人に様々な空間で、聲を撃ち込むことを数多く体験させて、場と聲との関係を體で分かって頂きたのです。

是非、日本の詩人と作家などの聲を立ち上げるために、御協力下さい。

宜しく、御願致します!
 

     天童大人 プロデュース

詩人の肉聲とコトバとを聴く! 
プロジェクト La Voix des Poètes (詩人の聲)

―肉聲の復権を目指す、「目の言葉」から「耳のコトバ」へー 

                   8月

第662回8月5日(金) Star Poets Gallery 池田 康(3)

第663回8月10日(水) ギャラリー街角  野間明子(5) 

第664回8月22日(月) NPO法人東京自由大学 たなか あきみつ(15)

第665回8月24日(水) ギャルリー東京ユマニテ 峰岸了子(18)

第666回8月25日(木) ギャルリー東京ユマニテ 禿 慶子(6)

第667回8月30日(火) ギャラリー街角 竹内美智代(10)

9月
第668回9月5日(月) NPO法人東京自由大学 有働 薫(17)

第669回9月11日(日) 数寄和 高橋睦郎(8)
(この回に限り開場15:30 開演 16:00)

第670回9月14日(水) ギャルリー東京ユマニテ 原田道子(16)

第671回9月15日(木) ギャルリー東京ユマニテ 田中庸介(14)

第672回9月16日(金) ギャラリー華 筏丸けいこ(9)

第673回9月21日(水) ギャルリー東京ユマニテ 中沢けい(3)

第674回9月22日(木) ギャルリー東京ユマニテ 建畠 晢(3)

第675回9月26日(月)NPO法人東京自由大学 たなか あきみつ(16)

第676回9月28日(水) Star Poets Gallery 森川雅美(10)

第677回9月30日(金) ギャラリー華 中村洋子(3)

               (10月に続く)

開演時間
ギャラリー街角(国立) 開場 18:00 開演18:30
ギャルリー東京ユマニテ(京橋), Star Poets Gallery(三宿), NPO法人東京自由大学(神田),
ギャラリー華(広尾)の時間は 開場18:30開演:19:00

,     入場料 予約 大人2,500円
当日 大人2,800円 学生1,500円 (学生証呈示)
(小・中学生 無料 保護者同伴)

*御予約は直接、各ギャラリーか北十字舎へFaxかE-mailでお申し込み下さい。

参加:画廊:その他

ギャルリー東京ユマニテ(京橋)  104-0031中央区京橋2-8-18昭和ビルB1
Tel03-3562-1305Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
http://g-tokyohumanite.jp

Star Poets Gallery(三宿)154-0004 世田谷区太子堂1-1-13,佐々木ビル2F-D
Tel &Fax03-3422-3049
E-mail: collect@star-poets.com
URL: http:www.star-poets.com/

NPO法人東京自由大学(神田)  101-0035 千代田区神田紺屋町5 TMビル2階
Fax:03-3253-9870(火・木・金PM13~18時のみ通話可能)
E-mail:jiyudaigaku@nifty.com
URL:http:homepage2.nifty.com/jiyudaigaku/

ギャラリー華(広尾) 106-0047 港区南麻布5-1-5
℡&fax 03-3442-4584
E-mail: gallery-hana@nifty.com
URL:http//homepage2.nifty.com/gallery-hana/

数寄和(西荻窪) 167-0042 杉並区西荻北 3-42-17
℡03-3390-1155
www.sukiwa.net

ギャラリー街角(国立市)   186-0001 国立市北1-2-40 (国立駅北口徒歩1分)
℡&Fax 042-577-0370
http://www.geocities.jp/kinsizen/machikado_top.html
問合わせ・その他は:
北十字舎 / Tendo Taijin Bureau
171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/27

『推定無罪』などを訳された翻訳家上田公子さんが22日、すい臓がんで、亡くなられていたことを、今朝の東京新聞の死亡欄で知った。謹んでご冥福を、お祈りいたします。

 もう何年前だろうか、詩作品の英文訳が必要になり、誰か良い翻訳者は居ないかと友人に相談した。

その友人が、翻訳家の上田公子さんに話して下さり、S・C氏をご紹介下さったのだ。

その後、一度、ご自宅で、開催されたパーティーと、新宿で開いた数人での忘年会で、お会いした。

実際にお目に掛かったのは、この二、三回ではないだろうか?

晩年には、何時も海外に出かけ、スペイン語の学習に中・南米に出かけていたのでは!

良い翻訳者を探すには、良い翻訳者に訊くのが一番良い。

上田公子と言う手練れの翻訳家に目に狂いはなかった。

翻訳は相性と言ってらしたから、特に難しいのだ。

幸いS・Cという良い翻訳者をご紹介下さり、感謝している。

上田公子さんの息子さんが、上田紀行だと言うことも、知ったのは、お会いしてからではないだろうか!


ともかく、また皆さんでお会いしましょうと言っていたに、果たせなかったのは、誠に残念。

橋渡しをして下さった友人も、今はN・Y。

やはり逢える時に、ヒトには、逢っておくものだと痛感させられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/26

昨日のブログに書いたように、北島庸介は勝てない!幾ら髭を剃っても、ひたむきさが無いので、勝てない!アスリートは、イチローと言う良い手本が有りながら、何を手本にして居るのか!松坂大輔しかり!北島庸介の今の顔の写真と北京五輪の時の顔相を比べて見ればいい!松岡修造もうるさいだけで、アスリートを見る目が全く無いに驚く!誰か的確に話せる者は居ないのか!

 写真と言うか、映像を透しただけでも見える筈、気が付く筈だが、坊主頭の北島が髭を生やそうが、剃ろうが、髪の毛を伸ばそうが、今の北島では、200m危ういだろう!

アスリートとしても精気が、全く感じられないのだから、無理なのだ。

一度止めることをことを考えたら、もう駄目だ!

忘れているのだよ!北島は、ひたむきに戦ったことを。

金メダルを取っても、4年に一度、繰り返されるのだから、頂点は一瞬、なのだが、誰も精神的な指導を出来なかったのだろう!

イチローの凄さが、改めて感じることが出来るのだ。

凄い!本当にアスリートとしてのイチローは凄い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/25

今朝の3時51分の福間県沖の地震がM6・2 かなり東京でも揺れたが、福島県沖の海底はどうなっているのか?国でキチンと調査をしてご覧!どんどん崩れて来て、海岸線が消滅して行くから!高台でも地盤の調査をやり直さないと、大惨事は繰り返されるぞ!

 国・政府・東電の発表など鵜呑みに出来ないが、最早はっきりした。

今朝の毎日新聞の14・15面の二面に亘る検証 大震災、を読んでご覧なさい。

時系列に良く理解できるから。

夏休みで浮かれている時では有りませんよ!

本当に福島原発が止まらない現在、危険は日々増大に!

もう福島の20キロ避難区域には、人が住めなくなるのでは?

毎日新聞の一面の記事、福島18歳以下生涯検査

これは被曝手帳をを渡すようなもの。

もう楽しい海水浴など、難しいのではないか!

このノ―天気な国民は、何故、聲を上げないのか?

本当に大局を見据える人物が、欠如、いや皆無だと言うことなのだ。

う~ん!!!!どうしようか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/24

世界水上が上海で始まったが、北島康介は、何故髪の毛を伸ばしているのか!急いで坊主頭にせよ!準決勝の泳ぎを見たが、本人に華が消え失せている!これでは勝てない!アメリカの衰退を嫌と言うほど見ることに為るぞ!地図から消えている国が勝てる訳が無いのだ!

 400m自由形決勝で、優勝したフェッデリカ・ペレグリーニは、アルマーニのスパー・モデルとか!

綺麗で力強い泳ぎだ!

水泳を久し振りに泳ぎを見ると、新鮮に見える。

しかし、400mフリーリレー、アメリカの第一走者のマイケル・フェルプスの泳ぎも精彩が無い!

これで、男子200メートルバタフライで優勝出来るのか?危ぶまれるぞ!

思いがけない国々が活躍する今大会。

日本選手の中では、誰が活躍すできるのだろうか!

スポーツ選手が長髪など、昔は考えられなかったが、時代が変わったのか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TBSテレビの「夢の扉」で、「天女の羽衣」の事を初めて知った。パリのオペラ座に売り込んだのは、正解!能登の天池源受さん!良い生地ですね、軽くて、薄い生地は、バレーには、最も相応しいのだから!

 パリ・オペラ座の衣装デザイナーが、クリスチャン・ラクロアだとは、このTBSのテレビ番組「夢の扉」を観るまで、知らなかった。

 こんな軽い生地が在ることも、全く知らなかった。

パリ・オートクチュルの世界で、間違いなく、受け入れられる生地だろう!

薄くて、軽いのは老いたご婦人達には、尚、良いのかもしれない。

皆、努力して、結果を出している。

どの分野でも同じことだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニューヨークに遊びに行っている友人から、今朝のN・Yタイムスに載ったルシアン・フロイトの2005年、彼のアシスタントが撮った、絵を描いているルシアン・フロイトの写真を送って来た。この時、82歳!Painter and Provocateur,Set in His Ways,と記載されている。(立場を貫いた画家、扇動家 )絵描きは絵を描かなくては!日本で絵描きで、大学教授に為った者の殆どは、ロクでもない画家もどきがが多い!お気を付けください!

 の本の絵描きで、大学教授に為った殆どの絵描きはロクなのが居ない。

自分の周りで、画家を見てご覧!

生活を優先させるか、作品を優先させるかと言ったら、先ずは生活なのだよ、日本の絵描きは。

大学教授と言う肩書を外して、絵を観てご覧!本当にお粗末だから。

大学教授に為ると、大きなアトリエが与えられ、助手も使え、様々な便利が与えられている代わりに、絵が下手!

今後、画家で、大学教授と言う者の絵を、じっくり観てご覧、今、何を言われているか分かるから。

そのお粗末の極みが、今の東京芸術大学学長M!

このお粗末さは、箸にも棒にもかからない程度の人物。

学長に為りたくて、永年、優秀な同僚を蹴落して、念願の学長就任!

お粗末の極みが実在する!

さてフランシス・ベーコンとルシアン・フロイドの英国現代絵画の二巨頭!

この二人が大学教授だとは、聞いたことが無いのだが。

ともあれ、ルシアン・フロイドの作品展を日本の美術館で観たい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月17日 - 2011年7月23日 | トップページ | 2011年7月31日 - 2011年8月6日 »