« 2011年7月31日 - 2011年8月6日 | トップページ | 2011年8月14日 - 2011年8月20日 »

2011/08/13

今日の昼過ぎ、銀座4丁目中村屋の前で、何年振りに為るだろうか、銀座の某画廊に居て、今はヨーロッパに住んでいるN女史と出逢った!母親が4月に亡く為られたとか!確か歌舞伎の中村勘三郎に、フランス語を教えた方ではなかったか!御冥福をお祈りいたします!

 どうしているかと思っていたが、連絡手段も分らずいたのだが、今日、銀座で出会った。

在るショップで、話しこんでいたから逢えたのかもしれない。

銀座のブランドのショツプも何時まで、在るのか?どんどん撤退して行く、銀座から!

もう日本人は買わない。円高になっても安くは、為らない。

このままで消費税の値上げなど考えている政治家など実情を全く理解できていない無能な者だ!

数年間、このままの日本。見ててご覧!

残念ながら、気の毒だがこんな腑抜けた政府を選んだ民主党のサポータたちだろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PHP研究所から、今日、『聖樹巡礼 幸せを呼びこむスピリチャル・ツリーに出会う』(定価2800円(税別))が、著者杉原梨江子謹呈として届いた。この取り上げている33本の聖樹のなかに、対馬・和多都美神社の杉の木と琴の大イチョウの木とが紹介されて居ることを聞いていたからだ。対馬は遠いのだが、何故、22年も毎年行く事の意味は・・・・????

 肉聲の復権を目指しているプロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」の、既に7回参加している詩人杉原梨江子、今年になって、『古代北欧 ルーン占い』(実業之日本社刊)に続いての刊行だ。

 2年前、小生の「聲ノ奉納 in 対馬・和多都美神社」20周年記念に、東京から7名の方が参加された1人に杉原梨江子が入っていた。詩人の有働薫も。
そこで出逢った木だ。

来年の第23回対馬、「聲ノ奉納」には、常連の熊本のK・H女史と久留米のY・N女史他、詩人の紫圭子・原田道子・竹内美智代などが参加を予定されていると言う!これは楽しみな事だ!

自然の前で、どれだけ聲が届くのか?試されたら良いのだ!

さてこの『聖樹巡礼』だが、写真と共にじっくりと時間をかけて、読み込むことにしょう!

実際に行けない処が沢山有りそうだが、読み込むことが楽しみだ!

皆さんも一度、書店で、除いて見たら如何かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不思議な映画を見てしまった!トミリー・ジョンズ主演の『エレクトリック・ミスト』(霧の捜査線)。幻視出来る捜査官が、霧の中で南部の将軍の一人と出逢うのだ。そして何時の間にか会話をするようになるのだが、正確な教示で、事件は解決に向かうのだが、見終えると、不思議な現実と非現実のはざまに置き去られた感じがするのが!

 幻視出来る者には、お勧めのDVDだ!

カトリーナの爪跡を垣間見ると、数年後でも、復興が進んでいない東日本大震災を視てしまう!

本当にどうしたんだろうか?本当の日本は?本当の日本人は、何処に居るのか?何処へ行ってしまったのか!

アメリカナイズされた戦後日本は、この東邦の島国として、独自の文化を育んできたのが、戦後、根こそぎアメリカもどきに変化して来た。

戦後の三種の神器は、白黒テレビ・冷蔵庫・洗濯機で、1960年半ばのほんの半世紀前の日本の姿ではないか?

この『エレクトリック・ミスト(霧の捜査線)』を、是非、観て、色々とお考えください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/12

今日で日航機事故が26年に為ると言う。26年前の今日、汽車で上野に向かっていた。詩誌「歴程」の夏のセミナ―が、行なわれ、帰途の途中だ。車内で詩人渋沢孝輔らと話をしていた。渋沢氏との会話が、印象に残っている事と、パリの写真家SENGOが逢いたいと上野近辺で再会の約束が有ったから、よりはっきりこの日航機事故の日を覚えているのだ!

 もう26年も経つとは、歌手の坂本九も搭乗していた筈だ。

生き残った女の子も居たが、今、何処で、どうされている事だろうか!

あの事故の真相は、謎のままでは無かったか!
確実なことは多数の死者が、間違いなくいたと言うことだ。

あの時、墜落場所が、何故もっと早く特定出来なかったのか?早かったら生存者は二桁になっていたと、救助に参加した消防団員が話していた記憶が有るのだが・・・。何か隠す理由が、有ったのだろうか?

謎の多い国だね、この国は!開けていないね、本当に、色々な物を引き摺っていて、一新することが全く無いのも不思議だね。

車中での詩人達、渋沢孝輔、新藤凉子らとの話は、面白かった。1985年8月のこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日で震災後、5ヵ月経った。しかし、何がどう復興されたのか!戦後復興と震災復興と放射能物質が毎日、拡散し続けている今、現在、権力者が無私無欲に徹して、国政を動かせない者を登用し続けなければならない決まりは、現法に誤りが有ると言う事だろうか!小沢一郎に、一度、戦乱の最中ゆえに、政局を任して見れば、小沢の実力を知ることが出来るだろう!自公民、一致などふざけたことよ!

 5ヵ月間、何がどう動き、どう変わったのか?

未だ避難所に居る人びとに対して、現政府の政治家・官僚・東電らは、何を為したのか?

そんなに原発が安全と言うのなら、経産省の官僚、安全委員会委員長並びに委員、東京電力の会長ならびに首脳陣が原発5キロ圏に、引っ越しし、家族全員で生活をし続けたら、信じてあげよう!

安全だ!と言うなら、生活を移してから、言って頂きたいものだ!

しかし、未だ何も解決をして居ない現実の下では、浮かれている時ではない。

何時、拡散し続けている放射能物質は、何時、収束するのか?

全ては、拡散が止まった時から、全てが始まるが、それまでに拡散され続けてきた放射能物質の量は、どの位に為るのか?

真実を知ると、もう首都圏での生活が難しくなる日が来るのではないか!

そんなことが起らないことを期待するが???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/11

来年夏にオリンピックを控えたイギリス・ロンドンで、若者たちの暴動が続いているが、これはイギリス国内中、そしてヨーロッパ本土に飛び火し、拡大しを続けて行く・・・!誰が止めることが出来るのか?

 金融不安が続く根底に、若者たちが描いているの将来の国家像が、既に破綻をきたしたことを本能的に感じ取ってしまったのだ。

既に腐敗している英国政府。

その国家の姿が、見えて来ないのだ!女王陛下の威光も地に墜ち始めているとはいえ、全ての根源は女王陛下のに!
若者たちの存在を脅かす不安が、凶暴さを伴って駆り立てているものの実態を、推し量らないと、武力で抑えても抑えきれるものではない。
幾ら6000人の警官動員を16000人に増加をさせても問題の解決には、為らないのだ。

何時まで、16000人体制を続けれると言うのだ。

英国の移民政策に、今後、どう変化して行くのか?まあイギリスのお手並み拝見か?

ところで日本の若者たちには、暴動を起こせる力が有るかね?

一度、日本を解体しないと為らないのでは???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/09

児玉龍彦東大アイソトープ総合センター長の提案されている、被災地のすべての自冶体に「測定すぐやる課」と「コールセンター」の設置だ!一刻も早く行なうべき事だ!

 昨日の毎日新聞朝刊の4面に掲載されていた記事 放射線 安全性議論の前に 測定・除染を急げ は一読に値する。
「食品の汚染検査」、「測定すぐやる課とコールセンター」、「緊急の除染」、「恒久的な除染」この四つをぜひ直ぐ進めて下さいと言う、児玉龍彦氏の言うことが実行されないと子どもを守れない!

でも今の日本の政治家や役人に、出来るのだろうか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月13日(木)ラテン・アメリカ文学者の野谷文昭、プロジェクトに初参加決定!!ノ―ベル賞詩人パブロ・ネルーダの『マチョピチュの頂き』(書肆山田刊)を、全編、初めて聲に乗せる!ご期待!

 野谷文昭の聲を推薦した詩人・作家の稲葉真弓の言葉通り、「言葉を信じる 夏」で、初めて聲を聴いた。

聲を撃ち続けて行けば、もっと聲が伸びる、即ち聲に伸び幅があるので、二次会で、プロジェクトに御誘いしたら、書肆山田から刊行した、ノーベル文学賞詩人 パブロ・ネルーダの『マチュピチュの頂き』(書肆山田刊)全編を聲に出して見たいと言うことだったので、早速、10月にご登場願うことで、連絡がつき、10月13日(木)、ギャルリー東京ユマニテで、初参加と決まった。

これでロシア詩は たなか あきみつ

フランス詩は 有働 薫・後藤信幸・天沢退二郎 そしてラテン・アメリカ詩に 野谷文昭が加わると、今後がますます、面白くなる。

乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月で、プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」は、6年目を迎えます。そこで10月3日(月)第678回有働薫の回より、入場料金・参加詩人の特典料金、30回以上参加者料金は、無くなり、51回以上に、などを改定します。既に108回参加している方が居られます。学生料金1500円(学生証提示)は、据え置きます。「肉聲」に、価値を見出す、当プロジェクトを、宜しくお願い致します。

 このプロジェクトが6年目に入るのを機会に、諸般の事情から、初めて料金を改定することにします。
御了承下さい。今後、参加される詩人は、より自分の聲と詩作品とに御精進くださるよう御願致します。


 プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」 入場料金 改定表(2011年10月3日 第667回から実地する。)

予約 大人 2700円  当日 大人 3000円 

学生 1500円(学生証提示) 小・中学生(保護者同伴無料)


参加者の特典として、31回以上、1500円でしたが、51回以上、2000円と改定致します。と言うのも、既に108回参加されている方が居られますので!

101回以上1000円 

既に参加回数が30回に近づいている御方は、9月末日までに31回を超えて下さい。(既に31回以上の方は、今後100回まで、2000円の扱いにいたします)

参加詩人には、学ぶために1回、参加しただけで1500円で聴けるように配慮して来ましたが、向上心溢れる方々は決まった方々だけと言う残念な状況ですので、過去に参加した詩人は全て2000円といたします。 

「肉聲」に価値を見出すこのプロジェクトは、5年間で、685回に達します。

世界中を探しても見つからない、良いの長い「肉聲」のプロジェクトです。是非 奮ってご参加下さい!

今後とも、宜しく、御願致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/08

プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」の8月・9月の開催日程の、決定版です!!詩人伊藤比呂美が9月3日(土)にプロジェクトに参加されますが、参加詩人の回数に、変更が無いように、配慮致しましたので、ご注意ください!

急遽、9月に帰国する詩人伊藤比呂美の新刊『続・伊藤比呂美詩集』(現代詩文庫191)の刊行記念、を京橋:ギャルリー東京ユマニテで、土倉有三オーナーの御配慮で、異例の事ですが土曜日に開催されます。開催時間にご注意下さい!   

 天童大人 プロデュース

 詩人の肉聲とコトバとを聴く! 

プロジェクト La Voix des Poètes (詩人の聲)

―肉聲の復権を目指す、「目の言葉」から「耳のコトバ」へー 
 
            8月

第662回8月5日(金) Star Poets Gallery 池田 康(3)

第663回8月10日(水) ギャラリー街角  野間明子(5) 

第664回8月22日(月) NPO法人東京自由大学 たなか あきみつ(15)

第665回8月24日(水) ギャルリー東京ユマニテ 峰岸了子(18)

第666回8月25日(木) ギャルリー東京ユマニテ 禿 慶子(6)

第667回8月30日(火) ギャラリー街角 竹内美智代(10)

        9月

第616回9月3日(土) ギャルリー東京ユマニテ 伊藤比呂美(11)
(この回に限り 開場:5時30 開演6:00 ビルは土曜日のため、午後2時以降
施錠中の為、入口に案内人を置き、開扉致しますので、時間厳守のこと!)

第668回9月5日(月) NPO法人東京自由大学 有働 薫(17)

第669回9月11日(日) 数寄和 高橋睦郎(8)
(この回に限り開場15:30 開演 16:00)

第670回9月14日(水) ギャルリー東京ユマニテ 原田道子(16)

第671回9月15日(木) ギャルリー東京ユマニテ 田中庸介(14)

第672回9月16日(金) ギャラリー華 筏丸けいこ(9)

第673回9月21日(水) ギャルリー東京ユマニテ 中沢けい(3)

第674回9月22日(木) ギャルリー東京ユマニテ 建畠 晢(3)

第675回9月26日(月)NPO法人東京自由大学 たなか あきみつ(16)

第676回9月28日(水) Star Poets Gallery 森川雅美(10)

第677回9月30日(金) ギャラリー華 中村洋子(3)

               (10月に続く)

開演時間

ギャラリー街角(国立) 開場 18:00 開演18:30

ギャルリー東京ユマニテ(京橋), Star Poets Gallery(三宿), NPO法人東京自由大学(神田),

ギャラリー華(広尾)の時間は 開場18:30開演:19:00

,     入場料 予約 大人2,500円
当日 大人2,800円 学生1,500円 (学生証呈示)
(小・中学生 無料 保護者同伴)

*御予約は直接、各ギャラリーか北十字舎へFaxかE-mailでお申し込み下さい。
参加:画廊:その他

ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 104-0031中央区京橋2-8-18昭和ビルB1
Tel03-3562-1305Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
http://g-tokyohumanite.jp

Star Poets Gallery(三宿)154-0004 世田谷区太子堂1-1-13,佐々木ビル2F-D
Tel &Fax03-3422-3049
E-mail: collect@star-poets.com
URL: http:www.star-poets.com/

NPO法人東京自由大学(神田)  101-0035 千代田区神田紺屋町5 TMビル2階
℡&Fax:03-3253-9870(火・木・金PM13~18時のみ通話可能)
E-mail:jiyudaigaku@nifty.com
URL:http:homepage2.nifty.com/jiyudaigaku/

ギャラリー華(広尾) 106-0047 港区南麻布5-1-5
℡&fax 03-3442-4584
E-mail:gallery-hana@nifty.com
URL:http//homepage2.nifty.com/gallery-hana/

数寄和(西荻窪) 167-0042 杉並区西荻北 3-42-17
℡03-3390-1155
www.sukiwa.net

ギャラリー街角(国立市)   186-0001 国立市北1-2-40 (国立駅北口徒歩1分)
℡&Fax 042-577-0370
http://www.geocities.jp/kinsizen/machikado_top.html


問合わせ・その他は:
北十字舎 / Tendo Taijin Bureau
171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人伊藤比呂美が、9月3日(土)、京橋のギャルリー東京ユマニテで、土倉有三オーナーの御配慮で、午後6時から、、『続・伊藤比呂美詩集』(原始文庫191)の刊行記念として、聲を撃ち込みます。これは本来3月19日に開催予定だった第616回プロジェクト「LaVoix des Poètes(詩人の聲)」の代替えとして、急遽開催されます。ですから開催回数は第616回と致します。土曜日、画廊の在るビルは午後2時以降、旋錠されていますので、入口には、案内人を配置する予定入ですが、入場時間(開場5時半)にはご注意ください。

 『続・伊藤比呂美詩集』(現代詩文庫191 思潮社)の刊行記念として、突然ですが、伊藤比呂美の聲の会を、開催します。
「現代詩手帖」9月号で、「伊藤比呂美特集」を行なうので、アンケートをお願いすると、思潮社の高木真史氏から「「伊藤比呂美」とは誰か」を、800字で。
伊藤比呂美の「詩人格」をはっきり認めたのは、1988年2月18日「北ノ朗唱 in 紋別」公演での事だ。
これは「現代詩手帖」9月号をお読みください。

プロジェクト参加詩人は、この絶好の機会を利用して、伊藤比呂美の聲を、是非聴いて、多くのモノを学んでください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/07

浜矩子同志社大学教授が、今朝の毎日新聞に「時代の風」を、東京新聞に「時代を読む」とを同時に、発表しているが、同じような表題で書かれている。器用な無御仁のようだが、書いていることが、安っぽく、書きっぱなしなら、どなたにも出来ることだ!ファウストに悪いぞ!

 たまたま東京新聞と毎日新聞とを取っているから分ったが、毎日新聞に書いた「ファウスト化する日本」は、水増し原稿で、こんな程度の文章に、良く毎日新聞は、お金を払い、書かせていると思う!

日本は「老楽国家」をめざせ、イギリスやイタリアなどをと、大学教授は言うが、目指すものなど、今の日本には無いのだよ!戦後の混乱状況でと現実は変わらないのだよ!
何時まで、関東に住めるのか?

それよりもファウスストに悪くないかね!浜教授よ!

3・11からの総積線量はどの位なのか?未だ一度も日本政府は公表していないのだ!

東京新聞に書かれた「真夏の夜の正夢」は、「日本政府は為替市場へのドル買い介入に踏み切った。明日には紙屑になるかもしれない資産を買いましている。これが一番恐い姿だ」と。

同じ筆者とは、思えない文章力の違いだ!

是非 皆さん!読み比べて見て下さいよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米格付会社の米国債のAAAからAA-への格下げで、世界が混乱など、笑止の沙汰だ!なんで世界中が慌てているのだ!一度、世界を解体し白紙に戻すとの思えば、世界第2位の米国債購入額が、全て吹っ飛ぶ気配だぞ!日本の景気回復など、数年先の話だ!一からやり直せとの教訓が、3・11福島原発事故なのだ!   

 さて世界経済は、どの方向に向かうのか?アメリカの衰退、没落など自明と摂理なのだが、大国幻想に目が狂い、者が見えな盲しいの者が世界を動かしているから、致し方ないか(笑)

こんな経済状態で米国は、何時までAAAで居られると思っていたのか?

本当のアメリカを握っている者の、アメリカ売りが、やっと始まったか!


遅すぎる!世界は小国の群雄割拠の時代に、突入!

日本には、明るい未来は、数年訪れてこない!

景気回復など、何時の時代か?

先ず、食べる物が無くなるぞ!米も魚貝類も、物が足りなくなるのは、自明のこと!

皆さん!随分ノンビリで、危機感が余りにも無さ過ぎる!

未だ放射能物質は拡散を続けて、収束する見通しが全く無くて、どうするつもりなのか?

人類未経験の事態に、本当に、こんな状態で、良いのかな?

今、大地震が来たら、どうするのかね!


無辜の民を粗末にすると、全てしっぺ返しが、為政者にも、企業の継続を望み、被災者をないがしろにしている東電首脳陣にも、全て民主主義の理念に基づき、平等に訪れるであろう、ことを!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月31日 - 2011年8月6日 | トップページ | 2011年8月14日 - 2011年8月20日 »