« 2011年10月23日 - 2011年10月29日 | トップページ | 2011年11月6日 - 2011年11月12日 »

2011/11/05

ヒトの聲を立ち上げる事は、並大抵では無い。12月22日の詩人伊藤比呂美の聲で、第700回になるプロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」も、最低10回は参加して聲を撃ち込まないと、「肉聲」については語れない。画廊開催で、彫刻展の時は、開催が難しいのが、難点と言えば難点か!画廊も聲に鍛えられているのだ!勿論、詩人の聲も!

 さて新しい場所の候補が出て来たので、詩人の聲の経験させられる場が、増えることは非常に喜ばしいことだ。

新しい若い詩人の聲をと言っても、1度限りでは、こちらが願い下げだ!

今月は代替え公演が2つ、12月が3つある。

これも3・11の東日本大震災で、開催出来ない分の穴埋めだからだ。

詩人が聲を撃ち込んで来た場は、温かみがましてどんどん聲を出しやすくなってくるのだ。

それは聲を出している詩人が一番、良く分かるのだ。

近年も含め、3日に1回の割合で、開催され続けて居る聲のプロジェクトは、世界、広しといえどもこの東京だけだろう!

回を重ねて行く、この積み重ねが、何れ大きな成果を、聲、自らが齎してくれるだろう!

「聲」らしい「聲」とは、どんな聲だろうか!

人柄が、いやその人間が全て曝け出される「肉聲」!

だから続けられなくなる者が多いのだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/03

「房総沖で「スロー地震」 震災後で周期早まる」との東京新聞1日2面の記事は見逃せない!

 「スロー地震」など、初めて聞いた気がする!

「房総半島では、陸のプレートの下に沈み込むフィリピン海プレートとの境界が約1週間かけて10センチ程度滑るスロー地震が起きる」 とか。

この「スロー地震」で、房総沖で、今、何が起こっているのか!

房総沖の海底に刮目して行かないと、今に大変な事が起ってしまうだろう!

早く海底に、深海探索艇を投入して、厳戒態勢を確立させて置く事だ!

4年前から、日本の海岸線が消えて無くなると言って来たのだが、今も日本が地図から消えたままだ。

アメリカもフランス・イタリアなど多くの国が、既に地図から消えているのだ。

この日本も残念ながら、もう地図から消えているのだ。

余程、無辜の人々が、頑張ればと考えていたが、無理なようだ、この国では。

どいつもこいつも、こすっからい商人に成り下がってしまったようだ。

このままでは日本の復興は、覚束ないことになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人高島清子 21日(月)第613回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、2回目の参加!神田の宙に、自作詩とエセイとを撃ち込む!乞うご期待!(この回は去る3月14日に予定していた第613回公演の代替公演ですので、ご注意ください。)

  天童大人プロデュース

 -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

この回は去る3月14日に予定していた第613回公演が、突然の東日本大震災のために、開催出来なかった代替公演ですので、ご注意ください。

詩人高島清子 2回目の参加!本来ならもっと参加回数が増えていたと思われますが、今回、満を持しての参加!公演です!

是非、一度、高島清子の聲に、耳を澄ませて下さい!

自作詩とエセイとを神田の宙に、撃ち込みます!

乞う、ご期待!

予約・お問い合わせは

NPO法人東京自由大学 千代田区神田紺屋町5
           T・Mビル 2F
℡&Fax 03-3253-9870(火・木・金PM13:00~18:00)

北十字舎 ℡03-5982-1834

     Fax03-5982-1797

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/02

名古屋からタクシーで金沢に来て、14日の第2回「ポエトリー・リーディング イン ミュゼ 詩の声 声の詩 天童大人」と15日、金沢市民芸術村で、開催される「universal voice 天童大人によるボイスワークショプ」に、参加される人が出て来た!嬉しい話だ!これまた凄い人がいるものだ!

 25年振りに金沢で聲を出す!

もうそんなにも時間が経って居たのか!

25年前に、お世話して下さった方もお出でになる。

どんなに25年前と聲が違うか、違わないのか、聴き比べて頂こう!

これは楽しみな事だ!

自作詩の新作を中心に、聲を撃つことになる!

先日、名古屋でお会いした方が、タクシーで、名古屋から金沢まで来て、聲を聴きに来て下さると言うのだ!

これは聲を撃つ者にとって、貴重な経験になる。嬉しい出来事だ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿児島出身の詩人竹内美智代 18日(金)プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、11回目の参加!広尾の宙に向って、鹿児島の方言を撃ち込む!乞うご期待!

  ー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

詩人竹内美智代 11回目の参加!

2009年3月、プロジェクト参加、第1回がこのギャラリー華からで始まった竹内美智代。

この回もふるさと鹿児島の方言をまじえての1時間余り、自作詩を、聲に乗せ撃ち込みます!乞うご期待!!

予約・お問い合わせは

ギャラリー華 ℡&Fax03-3442-4584

北十字舎 ℡03-5982-1834

     Fax03-5982-1797

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」で、10人目の30回、参加された方が出ました。驚異的な勢いで、詩人の聲を聴かれています。次回の31回から、2000円で参加出来ます。10人の内、御1人の方は100回を超え、1000円で参加出来ます。耳を鍛えて、「耳のコトバ」で、詩を学ばれている細田傳造さんの熱意は、何れ大きな成果を産み出す事でしょう!!!!

 今迄10にの参加者が、30回に到達していますが、こんな熱心な参加者が産まれて来るとは、思いませんでした。
 子半年余りの期間に、有働薫4回、中沢けい3回、2回は竹内美智代、白石かずこ、松尾真由美、禿慶子 1回は、原田道子、峰岸了子、田中健太郎、池田康、熊谷ユリヤ、伊藤比呂美、大島龍、野村喜和夫、紫圭子、高橋睦郎、原田道子、財部鳥子、高野民雄、杉原梨江子、稲葉真弓

このほかに「言葉を信じる 夏・秋」にも、聴きに来られているのだ!

 この熱意は、並大抵のものでは無い。ましてわたしと同年代と来ては、恐るべき熱意。

耳が良くなると、自作詩も良くなってくる。

今後もこのプロジェクトを、利用して、どんどん聴いて耳を鍛えて下さい。

何れ、このプロジェクトに参加することに為ろう!

今後とも、このプロジェクトを宜しく、お願伊tします。


乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/01

11月・12月のプロジェクト「La Voix dses Poètes(詩人の聲) 」の公演日程です。愈々、6年目に入りました!12月22日、詩人伊藤比呂美の聲で、第700回を、実数で迎えるため、過去で開催出来なかった分を埋めるため、回数は不順になりますが、宜しく、お願致します!

天童大人 プロデュース
詩人の肉聲とコトバとを聴く! 

プロジェクト La Voix des Poètes (詩人の聲)

―肉聲の復権を目指す、「目の言葉」から「耳のコトバ」へー 
      
   11月


第691回11月3日(木) 数寄和         中沢けい(4)
(この回に限り 開場 15:30 開演 16:00 です。ご注意ください。)

第692回11月7日(月) NPO法人東京自由大学 たなかあきみつ(17)

第612回11月8日(火) Star Poets Gallery 雨宮慶子(3)
(この回は去る3月11日の予定していた第612回公演の代替え公演です。)

第693回11月11日(金) ギャラリー華 ブリングル(初参加)

第694回11月18日(金) ギャラリー華 竹内美智代(11)

第613回11月21日(月) NPO法人東京自由大学  高島清子(2)
(この回は去る3月14日に予定していた第613回公演の代替え公演です)

第695回11月25日(金) 数寄和             建畠晢(4)
(この回に限り 開場 19:00 開演 19:30 です。ご注意ください。)
   
                  12月


第628回12月6日(火) ギャルリー東京ユマニテ  大島 龍(4)
(この回は4月22日に予定していた第628回の代替え公演になります。)

第696回12月8日(木) ギャルリー東京ユマニテ  たなか あきみつ(18)

第615回12月9日(金) ギャラリー華 作田啓子(4)
(この回は3月18日に予定していた第615回の代替え公演になります)

第679回12月11日(日) 数寄和   田中健太郎(17)
(この回は10月5日に予定の第679回の代替え公演になります)
(この回に限り、開場15:30 開演16:00です。)

第697回12月12日(月) NPO法人東京自由大学 山崎佳代子(4)

第698回12月14日(水) Star Poets Gallery 松尾真由美(10)

第699回12月19日(月) NPO法人東京自由大学 有働 薫(18)

第700回12月22日(木) ギャルリー東京ユマニテ 伊藤比呂美(11)

第701回12月26日(月) ギャルリー東京ユマニテ 天童大人(27)

第702回12月27日(火) ギャルリー東京ユマニテ 野谷文昭(2)

第703回12月28日(水) ギャルリー東京ユマニテ 高橋睦郎(9)

     (2012年1月に続く)

開演時間

ギャルリー東京ユマニテ(京橋), Star Poets Gallery(三宿), NPO法人東京自由大学(神田),
ギャラリー華(広尾)の時間は 開場18:30開演:19:00

入場料 予約 大人2,700円
      当日 大人3,000円
学割1,500円 (学生証呈示) 小・中学生 (無料 保護者同伴)

*御予約は直接、各ギャラリーか北十字舎へFaxかE-mailでお申し込み下さい。
参加:画廊:その他
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)  104-0031中央区京橋2-8-18昭和ビルB1
Tel03-3562-1305,Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
http://g-tokyohumanite.jp

Star Poets Gallery(三宿)154-0004 世田谷区太子堂1-1-13,佐々木ビル2F-D
Tel &Fax03-3422-3049
E-mail: collect@star-poets.com
URL: http:www.star-poets.com/

NPO法人東京自由大学(神田)  101-0035 千代田区神田紺屋町5 TMビル2階
℡&Fax:03-3253-9870(火・木・金PM13~18時)
E-mail:jiyudaigaku@nifty.com
URL:http:homepage2.nifty.com/jiyudaigaku/

ギャラリー華(広尾) 106-0047 港区南麻布5-1-5
℡&fax 03-3442-4584
E-mail: gallery-hana@nifty.com
URL:http//homepage2.nifty.com/gallery-hana/

数寄和(西荻窪)〒167-0042 杉並区西荻北 3-42-17
℡03-3390-1155 Fax03-5311-7260
www.sukiwa.net

問合わせ・その他は:

北十字舎 / Tendo Taijin Bureau
171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/31

プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」の10月に、御寄贈下さった詩書です。お贈り下さった方々には感謝です。有難うございます!御礼申し上げます。プロジェクトに、有意義に役立てますので、今後とも、宜しく、お願致します!

寄贈された詩書たち(39)2011・10・01~10・31

詩誌

菅原みえ子「韻」19号

須藤あきこ「エディア」(自作詩を朗読する会)

鈴木孝「宇宙詩人」No.15

新井高子「ミZ」第116号

有働薫「repure」13号

冨上芳秀「詩遊」No.32


詩集・翻訳詩集・歌集・句集・小説

高橋睦郎『何処へ』(書肆山田)

高岡淳四『おやじは山を下れるか?』(思潮社)

中村鐡太郎『ポンパドール』(書肆山田)


その他

原田道子『遠いお江戸の昔から』(山脈叢書26)

原田道子『続・遠いお江戸の昔から』(おりおん文庫101)

木村理恵子『ボルヘスとわたし』(岩波書店)

日本中国文化交流協会「人民中国」10月号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/30

昨日から、コネチカットやN・Yとかで、東海岸で、135年振りに、10月に雪が降ってるそう、12センチ、と親しい友人が知らせて来た。N・Y,で、地震が起こったら、アメリカ人はどうするのかね!災害に弱いからね、アメリカは!

 何処で何が起きても可笑しくない今日この頃だ!

これだけ科学が発達したと豪語しても、地震の予知さへ出来ない。

まして天気予報も100発100中では無いのだから驚く!

お百姓さんや漁師の予想の方が確実とは、これまた面白い。

どなたか雨乞いの修法をご伝授下さらないだろうか!

雨を止めることが出来ても、振らせることが出来ないのは、片手落ちと言うもの。

アフリカの飢餓を救うためにも、是非、小生に雨乞いの修法を御教示頂きたいものだ。

最も既に出来て居れば、国益のために、アフリカで御活躍されて居る筈だ!

う~ん、何とか身に付けたいものだ。

恐らく、ネイティブ・アメリカンの中には、出来る長老が、居る筈だ!

コロンビアのクワトロ・マノスなら、もしかしたら雨乞いの修法を御存じあるかも知れないが、何処の山脈に住んでいるのか、もう忘れてしまったのだ!

誠に残念!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月23日 - 2011年10月29日 | トップページ | 2011年11月6日 - 2011年11月12日 »