« 2011年11月27日 - 2011年12月3日 | トップページ | 2011年12月11日 - 2011年12月17日 »

2011/12/08

プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」2012年から、新しい会場が二か所増えます。メトロ溜池山王駅前のHispanika(溜池山王教室)と、JR山手線・駒込駅東口下車徒歩1分の東京平和教会(駒込チャペル)の二会場です。新たな場に、多くの詩人が身を置いて、聲を撃ち込んで頂きます!

 Hispanica(溜池山王教室)は、メトロ溜池山王前、銀座線・南北線下車 8番出口下車1分 目の前のコンビニと同じビルの中。 
1月13日(金)第704回薦田愛(28)、16日第705回たなかあきみつ(19)、30日第712回ブリングル(2)を予定。

東京平和教会(駒込チャペル)は、JR駒込駅東口下車徒歩1分で、ホームからも見ることができる、客席40人の可愛いチャペルです。1月29日第711回禿慶子(7)を予定しています。

出来るだけ様々な場に、詩人を置き、聲を撃ち込み、次第に躰が覚え込むように、持って行く考えです。

まさか詩人や作家の聲を立ち上げるのに、こんなに回数を経なければならないと、正直なところ思いませんでした。


間もなく、22日(月) 伊藤比呂美の聲で、第700回、です!

当日は吉原洋一展「詩人・声・」の初日でもあります。

プロジェクトに参加の詩人で、ギャルリー東京ユマニテで、聲を撃ち込んだ詩人に限定し、1公演10カットのみとの制約を与えての若い作家の写真展です。

是非、ご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/06

「言葉を信じる 冬」 10日午後1時から、稲葉真弓・大島龍・齋藤齋藤・白石かずこ・高橋睦郎・津島佑子・天童大人・山崎佳代子・結城文 。 セルビアから詩人山崎佳代子、石狩から大島龍の参加の今回、どんな聲の競演になるのか?乞うご期待!前売り3000円 当日3500円

セルビアから詩人山崎佳代子、石狩から大島龍の参加の今回、どんな聲の競演になるのか?

 「言葉を信じる 冬」


「この大震災を前にして、いま、それぞれが信じる言葉を声にする。」

日時  2011年12月10日(土)
 13時開始(12時半開場)、最長16時

会場  日本近代文学館ホール
(京王井の頭線駒場東大前駅 西口徒歩7分)

入場料  前売り3000円 当日3500円

定員  70名 (全席自由、定員を超えた場合は立見あり)

参加者(五十音順、敬称略)


稲葉真弓 / 大島龍 / 斉藤斎藤 / 白石かずこ / 高橋睦郎 / 津島佑子 /
天童大人 /山崎佳代子 / 結城文 (予定)

予約・問合せ  kotoba.20110311@gmail.com
03-6316-8913(FAXのみ)


主催  「言葉を信じる」実行委員会
後援  日本近代文学館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/05

「フェルメールからのラブレター展」の案内が、Bunkamuraザ・ミュージアムから、届いた。22日にレセプションで、23日~2012年3月14日までとか。<手紙を読む青衣の女>修復後、世界初公開と謳っているぞ!楽しみだ!

 リニューアル中だった筈だと思うが、フェルメールの<手紙を書く女>、<手紙を書く女と召使>、そして<手紙を読む青衣の女>で再登場とは、洒落ていますね。

このレセプションの22日は、プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」も、伊藤比呂美の聲で、第700回を迎えるのだ!
レセプションは3時半からだから、観てから、京橋のギャルリー東京ユマニテに行けば良いのだから!

吉原洋一展「詩人・声・肖像」の初日でもある22日。楽しみだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人高橋睦郎 28日(水)第703回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、9回目の参加!京橋の宙に、十代、二十代の詩作品を、初めて聲に乗せ、撃ち込む!乞うご期待!

天童大人プロデュース

      肉聲の復権を目指す!
  
  ー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

「 高橋睦郎朗読会のお報らせ

 3・11大災で忘れることのできない一年に為った今年、2011年の暮れもおしつまった十二月二十八日(水)午後7時から、京橋中央通り明治屋斜前スギ薬局地下、ギャルリー東京ユマニテにて自作詩朗読会をおこないます。
 同時開催中の写真展「詩人・声・肖像」の主 吉原洋一さんに献げる意味で、十代、二十代の作品を中心に、大災関連の作品を加えて、ご繁忙中とは存じますが、ご光来くださいましたら嬉しく存じます。お待ち申します。」


開場:18:30 開演19:00

当日3,000円 予約2,700円 

学生1500円(学生証提示) 小・中学生(保護者同伴無料)


予約・お問い合わせ

ギャルリー東京ユマニテ ℡03-3562-1305
Fax03-3562-1306

北十字舎 ℡03-5982-1834

     Fax 03-5982-1797

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/04

野谷文昭(ラテン・アメリカ文学研究者、翻訳家)27日(火)、第702回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、2回目の参加!ノーベル賞詩人。オクタビオ・パスの詩作品『帰還』、『内なる樹』を聲に乗せ、京橋の宙に、初めて、撃ち込む!乞うご期待!

天童大人プロデュース

プロジェクトLa Voix des Poètes(詩人の聲)

―「目の言葉」から「耳のコトバ」へ vol. 702――

野谷 文昭(のやふみあき)

 (ラテンアメリカ文学研究者、翻訳家)

オクタビオ・パス『帰還』『内なる樹』を読む

* * *

ラテンアメリカ文学研究者による第二弾。
メキシコのノーベル賞詩人の作品を画廊の空間で聲に乗せます。この機会に是非、ご参加下さい。
* * *
略歴:
1948年神奈川県生まれ。

東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授(現代文芸論・スペイン語文学)。

J.L.ボルヘス『七つの夜』(岩波文庫)、オクタビオ・パス『鷲か太陽か?』、パブロ・
ネルーダ『マチュピチュの頂』(以上、書肆山田)など、ラテンアメリカ文学の翻訳を多数手がける。

■日時 12月27日(火) 18:30開場/19:00開演(約1時間)

■入場料 予約¥2,700 当日¥3,000/学生(学生証呈示)¥1,500

※ご予約は直接、会場に電話またはメールでお申し込み下さい。

■会場   ギャルリー東京ユマニテ(GTH)
〒104-0031  東京都中央区京橋2-8-18 昭和ビルB1F

(地下鉄京橋駅⑥出口より徒歩1分 JR東京駅八重洲口から徒歩8分)

Tel. 03-3562-1305  Fax. 03-3562-1306
http://g-tokyohumanite.jp  e-mail: humanite@js8.so-net.ne.jp

■お問い合わせ  天童大人 TENDO TAIJIN BUREAU/北十字舎
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5 Tel. 03-5982-1834 Fax. 03-5982-1797
http://universalvoice.air-nifty.com/tendotaijin/ e-mail: tendotaijinbureau@mbi.nifty.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月27日 - 2011年12月3日 | トップページ | 2011年12月11日 - 2011年12月17日 »