« 2011年2月20日 - 2011年2月26日 | トップページ | 2011年3月6日 - 2011年3月12日 »

2011/03/05

詩人白石かずこ 10日(木)第611回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、24回目の参加!京橋の宙に、自作詩を聲に乗せ、撃ち込む!乞うご期待!

    天童大人プロデュース

日本の聲の先達詩人 白石かずこプロジェクトに24回目の参加!

80歳になった詩人白石かずこの聲を、是非聴いて見て下さい。

1960年代後半から、常に日本の最前線で聲を出し続けて来た詩人の聲ノ力を、自分の耳で、確かめて下さい!!

こんな機会は滅多にありませんよ!

予約
ギャルリー東京ユマニテ ℡03-3562-1305
            Fax03-3562-1306

北十字舎 ℡03-5982-1834
    Fax 03-5982-1797

      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前原誠司よ!君は松下政経塾で、外国人からの献金は違法だ、とは教わらなかったのかね!岡田克也よ!金額も限られているから良いと言うのかね!こんな身内に甘いことを言ってい場合では無い!岡田・前原、共に早急に議員を辞職せよ!!

 小沢一郎に対してと、前原誠司とに対して、岡田克也の言動は甚だ見苦しい!

前原誠司・岡田克也、共にこんな言動では首相の芽は消えた!

早く議員辞職する事だ!

エジプトに行くなどとんでもない事だ!

松下政経塾出身者に碌なモノが居ない。一体何を教育しているのだろうか、松下政経塾では!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国家・地方公務員の年間給与が約40兆円!1人当りの人件費が1千万円!これをなんとか半減できないのか!それからだろう消費税の増税論議は!!!

 1人あたり1千万円、とは驚きましたね!
こんなに野放しにして来ましたかね!

本当に力の有る政治家が払底していて、目を覆いたくなる烏合の衆の集まりでしか無い今の政党集団!

何処かに本当に実力のある政治家、いや優れた人物は何処ぞに居ないものなのか?

世界中 三流、四流が一流・二流に変身か!(笑)

これではチトも面白く無い!

何処かに名伯楽や、軍師は世界中の何処かに居ないかね??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国会議員の歳費と期末手当を併せて、1人に二千百六万円これでもアメリカの上院・下院議員よりも五割近くも高い。それに日本の各議員には「文書通信交通滞在費」の名目で月に一律百万円、年間千二百万円受け取り、領収書提出の義務はないと言うことを、月刊「リベラルタイム」4月号のジャーナリスト北沢栄氏の文章から知った。先ずは国会議員の歳費を50%減額にしてから、増税の話を持ち出しなさい!!

 国会議員の歳費は半減にし、「文書通信交通滞在費」の名目の一律百万円を減額にせよ!

北沢栄氏の記事を以下に引用する
「河村たかし愛知・名古屋市長(元衆院議員)によれば、文書費は国会図書館に頼めばタダ、通信費も議員会館のの電話代はタダ、交通費はJRや飛行機の議員専用の無料パスがあり、滞在費も視察の場合は国の予算から出るほか、国会期間中に上京する議員には議員宿舎が与えられているから、ホテル代もかからないという。こう言う特権に甘んじることなく、財政再建のため議員自らが身を切ることができるか。」

これは北沢栄氏が言うまでも無く、国民誰もが、先ずは議員自ら身を正せと言うべきだろう!

これは現政権の民主党だけでは無く、野に下った自民党の議員たちが自ら進んで提案するべきだろう!

それさえも出来ない自民党では、もう不要の政党で、それは民主党も公明党も全ての党員に言える事だ!

国民は国会議員を監視せよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/04

ロシア現代詩の翻訳家で詩人のたなか あきみつ9日(水)第610回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、10回目の参加!京橋の宙に、=ロシアの現代詩= ニコライ・コーノノフ詩集『さんざめき』(書肆山田刊)の{暑い季節}を聲に乗せ、京橋の宙に、撃ち込む!

  天童大人プロデュース

ロシア現代詩の翻訳家でもある詩人 たなか あきみつ10回目の参加!
=ロシアの現代詩= ニコライ・コーノノフの詩集『さんざめき』(書肆山田刊)を読む!!!第2回目!

 la seconda parte[暑い季節]

 聲が出始めて来た詩人 たなか あきみつが原語も交えての聲を宙に撃ち込む!圧巻!是非、一度ロシアの現代詩に耳を澄ませて聴いてみませんか!

予約
ギャルリー東京ユマニテ ℡03-3562-1305
            
            Fax03-3562-1306

北十字舎 ℡03-5982-1834
 
     Fax03-5982-1797

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自由が丘画廊のオーナー実川暢宏氏から、著書『現代美術 夢 むだ話』(冬青社刊)が、約束違わず送られて来た。99頁に写真家安斎重男撮影の1枚の写真が掲載されていて、美術評論家瀧口修造さんを囲んで、東野芳明・ガリバー安土などと並んで、私も写っているのに驚いた。

 これは日本で初の「デシャン展」が自由が丘の自由が丘画廊で開催された初日、1978年1月10日の記念スナップなのだ。
 この時、私は瀧口修造さんに、パリの友人から聴いた晩年のアントナン・アルトーの逸話をお話した。

{面白いですね。書かれたら是非、わたしに送って下さいよ。楽しみにしてますよ」と言われ、展覧会の案内状の瀧口修造の下に、パーカーのターコイズブルーのインクで、Rose Sèlavy,ici・・・と書いて下さった。

その案内状に、

なんと近づきがたく、なんと親しげな存在。

その全作品を一堂に眺めることは、もういろ

んな意味で不可能になった。しかし、かって

全作品を鞄に収めることを想った人。

いまは窓越しに、足跡の一端をしのび、おそ

らくその人が微笑みかけるのを待つ。


                  瀧口 修造

この実川暢宏著『現代美術 夢 むだ話』(冬青社刊)を読むと、駒井哲郎、李禹煥、ド・スタール、など実川さんの手を経て世に知られて行く道筋はが面白い。
一読の価値は、多いにあり。是非 読んでみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前原外相が12日にエジプト訪問し、ムバラク政権崩壊後の暫定統治を担っている軍最高評議会の首脳と会談する方向で、最終調整に入った事が3日分った、との新聞記事(毎日・4日朝刊、5面のファイル)を見て、驚いた!この時期にエジプト訪問するとは、外交音痴も甚だしい!国際情勢を読めない外務大臣は、早急に罷免した方が良いのだ。

 記事には、「日本が中東の安定化に深く関与する決意を国際社会にアピールする狙いとみられる。」と書かれていて、本当に驚いた。

これでは今後の日本の中東での国益を守れない。

こんな読めない男を外務大臣に誰が任命したのか!

エジプトの革命が、どう転ぶか分らない時期に、外務大臣がノコノコ物欲しそうに行く!

エジプトの民たちの貧しさを知っていたら、今、は動く時ではないと知るだろう!

世界は固唾をのんで見守っている時に、極東の島国の外務大臣がノコノコ出掛ける。

全くエジプトの若者たちの感情を逆なでする行為だぞ!

こんな愚鈍さでは前原誠司は、もう政治家を止めた方が良い!

かってブッシュの犬だった日本、その日本の外相が今、この時期にエジプト訪問は、全く逆の効果しか齎さないのだ!
このエジプト訪問を前原誠司には、首相の芽は無くなる。

アメリカに唆されたか前原外相よ!同じ新聞の9面には、エジプト首相交代、と出ている。

若者のグループに逢えば分るだろう!

今行くべき時ではないのだぞ!

本当に松下政経塾出身者に、碌な人材が育って居ないのは、松下幸之助の精神に大きな問題があるのだろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/03

プロジェクト「La voix des Poètes(詩人の聲)」に参加して、聲をひたすら撃ち込ん出来た詩人の聲は、参加10回に達すると聲ノ力が大きく変わる!!そんな壁を破った聲を聴くと、つくづくプロジェクトを続けて来て良かったと素直に喜べるのだ!

 1時間余り、自作詩を聲に出し続けれる企画は、この水の惑星のなかの何処の国にも無いユニークな企画なのだ!
アメリカにも無い!EUの国々の中にも!

誰がやれるのか!糞ったれ!!

アホでしか出来なよ!こんな馬鹿な事は!

聲を撃ちだし続けていなければ、決して分らない聲の世界。

耳の悪い者に、詩の聲のことなど書かれるのは不用なのだ!

過去の実績など、ノーマイクで聲を聴けば、不要だと言うことに直ぐに気がつく筈だ!

続けて聲を天に向かって撃ち続けて行かなければ、聲の力は直ぐに衰える。

だからこのプロジェクトに参加して10回を超えた詩人は、今月中で18人になり、聲を撃ち続けている詩人の聲は、お勧めできる聲だ!
1年に1,2回ではお話にならない回数なのだ。

何れ何処かの板場に立って、聲を撃ち合えば、結果は戦う前から決しているのだ。

持続し続けるのは、アスリートのようだ。

朗読、ついて多くの詩人たちは勘違いしてるのだ。手に持ったテキストを読む事だと!

それは全く違う。言っても分らないのだから。

まあジックリ鍛えて行きましょう!詩人の聲を!!!

バレーボールの監督の元で(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011/03/01

プロジェクトの3月4月の開催日程表です!4月26日(日)作家中沢けい、初参加の曜日が間違っていましたので、ここに訂正いたしましたので、御注意下さい!是非、じっくり色々な詩人の聲と作品に触れて、自分の好きな聲を探して、聴き続けて下さい!

     天童大人 プロデュース
詩人の肉聲とコトバとを聴く! 

  プロジェクト La Voix des Poètes (詩人の聲)

――肉聲の復権を目指す、「目の言葉」から「耳のコトバ」へー 

          3月

第606回3月1日(火)ESPRITS ANIMAUX児嶋画廊 田中健太郎(15)

第607回3月2日(水)ESPRITS ANIMAUX児嶋画廊 原田道子(13)

第608回3月3日(木)ギャルリー東京ユマニテ 紫圭子(10)

第609回3月4日(金)ギャルリー東京ユマニテ 山崎佳代子(3)

第610回3月9日(水)ギャルリー東京ユマニテ たなかあきみつ(10)

第611回3月10日(木)ギャルリー東京ユマニテ 白石かずこ(24)

第612回3月11日(金)Star Poets Gallery 雨宮慶子(3)

第613回3月14日(月)NPO法人東京自由大学 高島清子(2)

第614回3月16日(木)ギャルリー東京ユマニテ 財部鳥子(2) 

第615回3月18日(金)ギャラリー華 作田教子(3)

第616回3月19日(土) 数寄和 伊藤比呂美(10)
  (この回に限り開場18:00 開演18:30 です。ご注意ください!)

第617回3月22日(火)ESPRITS AIMAUX児嶋画廊 神泉薫(23)


第618回3月24日(木)ギャルリー東京ユマニテ 松尾真由美(8)

第619回3月31日(水)ESPRITS ANIMAUX児嶋画廊 野間明子(3)


4月 

第620回4月6日(水) Star Poets Gallery 森川雅美(9)

第621回4月8日(金)ESPRITS ANIMAUX 児嶋画廊 禿慶子(5)

第622回4月11日(月) ESPRITS ANIMAUX児嶋画廊 中村洋子(初参加)

第623回4月15日(金) ギャラリー華 竹内美智代(8)

第624回4月17日(日) 数寄和 有働薫(15)

第625回4月18日(月) NPO法人東京自由大学 たなか あきみつ(11)

第626回4月20日(水) ESPRITS ANIMAUX児嶋画廊 筏丸けいこ(8)

第627回4月21日(木) ESPRITS ANIMAUX児嶋画廊  高野民雄(6)

第628回4月22日(金)ギャラリー華 雨宮慶子(4)

第629回4月24日(日) 数寄和 中沢けい(初参加) 


(5月に続く)
開演時間
数寄和(西荻窪) 開場16:00 開演 16:30 
ESPRITS ANIMAUX児嶋画廊(六本木)は 開場17:30 開演18:00
ギャルリー東京ユマニテ(京橋), Star Poets Gallery(三宿), NPO法人東京自由大学(神田),ギャラリー華(広尾)の時間は 開場18:30開演:19:00

,  入場料 予約 大人2,500円
当日 大人2,800円 大学生1,500円 (学生証呈示)
高校生 500円(学生証呈示) 小・中学生 無料 保護者同伴)

*御予約は直接、各ギャラリーか北十字舎へお電話かFaxでお申し込み下さい。

参加:画廊:その他
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)  104-0031中央区京橋2-8-18昭和ビルB1
Tel 03-3562-1305 Fax 03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
http://g-tokyohumanite.jp

Star Poets Gallery(三宿)154-0004 世田谷区太子堂1-1-13,佐々木ビル2F-D
Tel &Fax03-3422-3049
E-mail: collect@star-poets.com
URL: http:www.star-poets.com/
           
ESPRITS ANIMAUX 児嶋画廊(六本木)  106-0032港区六本木7-17-20 明泉ビル201
Tel&Fax03-3401-3011
E-mail:eakojima@gmail.com
URL:htto//www.gallery-kojima.jp/

NPO法人東京自由大学(神田)  101-0035 千代田区神田紺屋町5 TMビル2階
℡&Fax:03-3253-9870(火・木・金PM13~18時)
E-mail:jiyudaigaku@nifty.com
URL:http:homepage2.nifty.com/jiyudaigaku/

ギャラリー華(広尾) 106-0047 港区南麻布5-1-5
℡&fax 03-3442-4584
E-mail: gallery-hana@nifty.com
URL:http//homepage2.nifty.com/gallery-hana/

数寄和(西荻窪) 167-0042 杉並区西荻北 3-42-17
℡03-3390-1155
www.sukiwa.net


参加希望のお問合せ,その他は:
北十字舎 / Tendo Taijin Bureau
171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
Mobil: 090-3696-7098(au)
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/28

セルビア在住の詩人山崎佳代子 4日(金)プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲) 」に3回目の参加!新詩集『みをはやみ』(書肆山田刊)を聲に乗せ、初めて、京橋の宙に撃ち込む!プロジェクト参加詩人は、万難を排して、彼女の聲を聴いて下さいよ!多くの物を学べますよ!!!

  天童大人プロデュース
セルビア在住の詩人山崎佳代子、プロジェクトに3回目の参加!
京橋の宙に、新詩集『みをはやみ』(書肆山田刊)を聲に乗せ、解き放つ!

 一度聴いたら、また聴きたくなる詩人山崎佳代子の聲!!!

このプロジェクトに参加して聴いた方が、また聴きたいと来日を心待ちしていた山崎佳代子の聲!
是非、この機会に、詩人山崎佳代子の聲を聴いて下さい!

記憶に残る良い聲ですよ!

特にこのプロジェクトに参加している詩人は、是非、万難を排して、聴いて下さい!

多くのことを学べますよ!

予約
ギャルリー東京ユマニテ ℡03-3562-1305
Fax03-3562-1306

北十字舎 ℡03-5982-1834
     Fax03-5982-1797

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月にプロジェクトに御寄贈くださいました詩書の数々です!御寄贈、本当に有難うございます!プロジェクトの活用させて頂きます。今後とも宜しく、お願致します。

寄贈された詩書たち(31)2011・02~02・28

詩誌
冨上芳秀「詩遊」No29

藤田晴央「弘前詩塾」No.15

雨宮慶子「幹河」60号

詩集・翻訳詩集・歌集・句集・小説

中村洋子『匙』(砂子屋書房)

大崎清夏『地面』(私家版)

北岡淳子『鳥まばたけば』(土曜美術社出版販売)

中村洋子『中村洋子詩集』(芸風書院)

エセイ・評論

中陣隆夫『地球の体温をはかる』(丸源書店)

DVD

藤堂和子「中洲通信 30周記念」藤堂和子氏『親子三代まま稼業』出版祝賀会

その他

藤堂和子「LB 創刊30周年パーティー記念号」2011年冬

オクヤナオミ「「潜在的絵画の練習」紙上展」(シロクロ出版)

吉原洋一 写真集『あさしぶ』(私家版)

濱英二『濱英二の歩み1986-2010』(成田プラネット)

BAKU齋藤『The Faces of Angkor』(UN/UNESCO/C.M.A.「アンコール遺跡の尊顔」実行  委員会)

NPO法人東京自由大学編集「追悼・吉田美穂子さん」2011/02/23発行

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市民ランナーの川内優輝(埼玉陸協)23歳が、世界選手権に出場内定が決定したと言う話は、非常に良い話だ!

 プロのランナーが負けたと言うが、負けたのはプロでも何でもない。

勝手にプロと形だけ繕っているだけで、実力が無いだけだ!

市民ランナーが2時間8分37秒

プロランナーの2時間29分台の57位 。昨年12月のスピード練習中に左膝裏を痛めたと言うが、プロランナーと言うなら、もっと勝負に自覚が必要なのだが、甘すぎる。

プロランナーなど返上したら良かろうに!


プロがアマに負けたら引退を覚悟する位の」決意が必要!

トーナーメント方式と言う意識が掛け過ぎている。

それは日本のあらゆる分野に対して、言えることだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊川市在住の詩人紫圭子 3日(木)第608回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、10回目の参加!京橋の宙に、自作詩を聲に乗せ、撃ち込む!

  豊川市在住の詩人紫圭子、プロジェクト10回目の参加!

コツコツと積み重ねて10回目。10回目と一言で言うが、豊橋から通っての10回目。

値打ちが違う。

10回目は最初のステップ!

ここから本当の詩人紫圭子の聲の道行が始まるのだ!

紫圭子の聲がどう変わったのか!御自分の耳で、確かめてみよう!

乞うご期待!

予約
ギャルリー東京ユマニテ ℡03-3562-1305
Fax03-3562-1306

北十字舎 ℡03-5982-1834 Fax03-5982-1797

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/27

今、TBSで「世界遺産」で、マリのドゴンを見て、懐かしく感じた。モプティ市場で、岩塩をカメルーンの詩人ポール・ダケイヨウの通訳で、買うことができた。塩のコレクションに加えるために!!!

 バンデヤグラの断崖の上に住む長老たち!

アフリカ巡回マリ国際詩祭に参加した詩人たちの中に上智大学の須賀敦子教授に二度招かれて、日本に行ったという、ローマ大学の詩人で教授もいた。

あのドゴンでは、水を女性が汲んでいたとは、全く知らなかった。水場に入れるのは女性だけだとは!

村の古老のオゴン、為る者の存在も我々は全く知らない。

知らないことばかりだね。う~ん!!!

モプティ市場の端から、遊覧船が出ていて、皆で乗ったっけ!

乗って何処へ行ったのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先日、勝俣 誠教授から送られて来た、チェニジアの近代詩人 アブ・アルカヤム・シュビ(1909~1934)の詩作品「生きることへの意志」を、ここに改めて、公表します。

 チェニジアのジャスミン革命に影響を与えていると言われている近代詩人アブ・アルカヤム・シュビの詩作品「生きることへの意志」を公表します。


    「生きることへの意志」

もしいつの日か人民がひるまずに生きようと欲するなら

その実現が運命になるのだ。

そのとき 闇は去り、

抑圧の鎖は解き放される


    勝俣 誠訳  Abou el Kacem Chebbi

未だ中東の民衆の戦いは、終わっては居ません。多くの若者は、今、この詩文を実感として戦い続けていることでしょう!

中東の激動は、我々、極東にて生きる者たちも無関係ではありません。

何れ近い時期に、中国は三分割に!

日本人も目覚めなくてはいけません。

早期解散、総選挙を!

もう菅直人の聲を聴くのも、面相の悪いのを見るのも限界です。

民度に合わせて、首相が幾度変わっても良いのです。出来の良いのが出て来るまでは!

慌てることは有りません

野党惚けしている民主党と与党ボケしている自民党とどっちもどっちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先日、勝俣 誠教授から送られて来た、チェニジアの近代sh陣

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先日、勝俣 誠教授から送られて来た、チェニジアの近代sh陣

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人原田道子 2日(水)第607回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、13回目の参加!六本木の宙に、自作詩を聲に乗せ、宙に撃ち込む!

  天童大人プロデュース

もう13回目の参加に為る詩人原田道子

聲を撃ち込み始めて、詩作品が変わり始めている詩人原田道子I
今回はどんな聲を聴かせてくれるのか、乞うご期待!

予約
ESPRITS ANIMAUX児嶋画廊 ℡&Fax 03-3401-3011

北十字舎 ℡ 03-5982-1834 Fax03-5982-1797

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サロンでの朗唱会に招かれて、聲を撃ち始めたが、高音が全く出ない、仕方が無く、短音を撃ち始め、続けながら内に隠れている聲を探して撃ち続けて行くうちに高音が出始め、ひと際高い聲が出た音を聴いて眼が覚めた。

 自分の聲を聴いて眼が覚めた。夢だったサロンが何処の国の、何処のサロンか分らないのだが、20分以上は聲を出した。それが夢でありながら夢ではない。

夢にまで聲を探している事が分った。

軀の使い方一つで、高い音階の聲が出る事が体得出来た。

これは大切な事だけに、有難いことだった。今後の聲に活かすことができる。

世界中、何処でも大丈夫だろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月20日 - 2011年2月26日 | トップページ | 2011年3月6日 - 2011年3月12日 »