« 詩人薦田愛 13日(金) 第704回「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、最多の28回目の参加!初めての会場で、どんな聲を撃ち込むのか、乞うご期待!愈々。2012年のプロジェクトの開始です!是非、御参加下さい! | トップページ | 今夕の東京新聞夕刊一面の「紙つぶて」に、書いている御厨貴東大教授の文章のなかに懐かしい名前があった。「日本は何処へいく」とは馬場恒吾の名筆のタイトルだと。私が馬場恒吾さんにお会いしたのは、8歳の時、柿の木坂に在った馬場の自宅でだった。 »

2012/01/04

詩人でロシア現代の詩の翻訳家 たなか あきみつ16日(月)第705回「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、19回目の参加!自ら訳したノーベル賞詩人ヨシフ・ブロツキイの詩を、初めて溜池山王の宙に、撃ち込む!乞うご期待!

  天童大人プロデュース
 
 ー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

詩人で現代ロシア詩の翻訳家でもあるたなか あきみつが、ノーベル賞詩人ヨシフ・ブロツイキの詩作品自ら訳して、聲に乗せ、新しい空間に撃ち込む、連続公演!

乞うご期待!!

予約・お問い合わせは

Hispanica(溜池山王)駅前
107-0052 港区赤坂2-2ー19 アドレスビル1F
Tel 080-4119-9711(神田) 090-3696-7098(天童)

北十字舎 Fax 03-6982-1834

|

« 詩人薦田愛 13日(金) 第704回「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、最多の28回目の参加!初めての会場で、どんな聲を撃ち込むのか、乞うご期待!愈々。2012年のプロジェクトの開始です!是非、御参加下さい! | トップページ | 今夕の東京新聞夕刊一面の「紙つぶて」に、書いている御厨貴東大教授の文章のなかに懐かしい名前があった。「日本は何処へいく」とは馬場恒吾の名筆のタイトルだと。私が馬場恒吾さんにお会いしたのは、8歳の時、柿の木坂に在った馬場の自宅でだった。 »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ロシア文学・ロシア詩」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

国際詩祭」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/53653214

この記事へのトラックバック一覧です: 詩人でロシア現代の詩の翻訳家 たなか あきみつ16日(月)第705回「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、19回目の参加!自ら訳したノーベル賞詩人ヨシフ・ブロツキイの詩を、初めて溜池山王の宙に、撃ち込む!乞うご期待!:

« 詩人薦田愛 13日(金) 第704回「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、最多の28回目の参加!初めての会場で、どんな聲を撃ち込むのか、乞うご期待!愈々。2012年のプロジェクトの開始です!是非、御参加下さい! | トップページ | 今夕の東京新聞夕刊一面の「紙つぶて」に、書いている御厨貴東大教授の文章のなかに懐かしい名前があった。「日本は何処へいく」とは馬場恒吾の名筆のタイトルだと。私が馬場恒吾さんにお会いしたのは、8歳の時、柿の木坂に在った馬場の自宅でだった。 »