« 今夕の東京新聞夕刊一面の「紙つぶて」に、書いている御厨貴東大教授の文章のなかに懐かしい名前があった。「日本は何処へいく」とは馬場恒吾の名筆のタイトルだと。私が馬場恒吾さんにお会いしたのは、8歳の時、柿の木坂に在った馬場の自宅でだった。 | トップページ | 2月にプロジェクトに参加する詩人に、日程表をFaxやメールでお送りしました。早急にチラシを作成して、お送り下さい。宜しく、おねがい致します。 »

2012/01/05

セネガルの世界的グラミー賞歌手ユッスー・ンドゥールが、2月14日に予定されているセネガル大統領選挙に出馬することを、AFP通信が伝えたと言う。あの異形のワッド大統領が、期待はずれだったから、国民が騒ぎ出すのも無理が無いこと。

 00年3月にワッドが大統領に選出された後の11月、セネガル・ダカールで、第3回ダカール国際詩祭が開催され、ヨーロッパの詩人の推薦で、招待され参加した。

 会期中に、大統領府で、参加した全ての詩人が招かれ、大統領に謁見し、その後、大統領専用艇で、ダカールの沖に在る負の世界遺産に登録されているゴリ島で開催される芝居見物に出かけたのだ。

ゴリ島は、奴隷島とも呼ばれ、今でも奴隷の家が残っていて、そこに収容された奴隷たちが、遥か遠くを見る隙間は、30センチも無かったのでは?

何回、あの島に世界の詩人と渡っただろうか?

異形のワッドが、あの貧困から、セネガルの国民を救えると思ったのだが、4年前にセネガル・サン=ルイ国際詩祭に招かれ、国際交流基金の助成を受けて、参加して、サン=ルイに1週間余り滞在したが、不満が残る状態だったことを想い出した。

ユッスー・ンドゥールが大統領選に出れば、面白いことになるだろう!!!

確か、今、沖縄に住んでいる写真家の板垣真理子は、ユッスーを追っかけて、1冊の本を書いたのではなかったか???

世界的な歌手ユッスー・ンドゥールが、セガガル大統領に!

何が起こっても可笑しくない2012年だ!

|

« 今夕の東京新聞夕刊一面の「紙つぶて」に、書いている御厨貴東大教授の文章のなかに懐かしい名前があった。「日本は何処へいく」とは馬場恒吾の名筆のタイトルだと。私が馬場恒吾さんにお会いしたのは、8歳の時、柿の木坂に在った馬場の自宅でだった。 | トップページ | 2月にプロジェクトに参加する詩人に、日程表をFaxやメールでお送りしました。早急にチラシを作成して、お送り下さい。宜しく、おねがい致します。 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

フランス詩・フランス文学」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

内閣・官僚・国家公務員」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

写真家」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

独裁者・亡命」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

神社・仏閣・宗教」カテゴリの記事

精神世界・癒し」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

選挙・議員」カテゴリの記事

霊視・霊能力者」カテゴリの記事

UPRISING 革命」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/53659848

この記事へのトラックバック一覧です: セネガルの世界的グラミー賞歌手ユッスー・ンドゥールが、2月14日に予定されているセネガル大統領選挙に出馬することを、AFP通信が伝えたと言う。あの異形のワッド大統領が、期待はずれだったから、国民が騒ぎ出すのも無理が無いこと。:

« 今夕の東京新聞夕刊一面の「紙つぶて」に、書いている御厨貴東大教授の文章のなかに懐かしい名前があった。「日本は何処へいく」とは馬場恒吾の名筆のタイトルだと。私が馬場恒吾さんにお会いしたのは、8歳の時、柿の木坂に在った馬場の自宅でだった。 | トップページ | 2月にプロジェクトに参加する詩人に、日程表をFaxやメールでお送りしました。早急にチラシを作成して、お送り下さい。宜しく、おねがい致します。 »