« 詩人でロシア現代の詩の翻訳家 たなか あきみつ16日(月)第705回「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、19回目の参加!自ら訳したノーベル賞詩人ヨシフ・ブロツキイの詩を、初めて溜池山王の宙に、撃ち込む!乞うご期待! | トップページ | セネガルの世界的グラミー賞歌手ユッスー・ンドゥールが、2月14日に予定されているセネガル大統領選挙に出馬することを、AFP通信が伝えたと言う。あの異形のワッド大統領が、期待はずれだったから、国民が騒ぎ出すのも無理が無いこと。 »

2012/01/04

今夕の東京新聞夕刊一面の「紙つぶて」に、書いている御厨貴東大教授の文章のなかに懐かしい名前があった。「日本は何処へいく」とは馬場恒吾の名筆のタイトルだと。私が馬場恒吾さんにお会いしたのは、8歳の時、柿の木坂に在った馬場の自宅でだった。

 御厨 貴のこの文章を読んでいると、引用している馬場恒吾の文章が、良いのが良く分かる。

引用することが多いのでは困るので、是非、この「紙つぶて」を読んで頂きたい。

馬場恒吾が言っている「全てを書け、真実を語れ」という言葉に対して、馬場恒吾の後輩に当たる読売新聞の渡辺恒雄主筆を始めとして、読売の全ての記者は、もう一度大先輩のジャーナリストの言葉を噛み締め直すことだ。

正力松太郎がレッドパージで、公職追放の間、読売新聞社長を務めていたが、本人は、書きた語ったのではないだろうか。

何処かに馬場恒吾の著作があるはずだから、探し出して、ゆっくり読みなおしてみよう!

骨太の文章を、味合うことが出来るかもしれない。

そう言えば御厨貴教授には、著作に『馬場恒吾の面目』(中央公論社刊)が有る事を思い出した。

|

« 詩人でロシア現代の詩の翻訳家 たなか あきみつ16日(月)第705回「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、19回目の参加!自ら訳したノーベル賞詩人ヨシフ・ブロツキイの詩を、初めて溜池山王の宙に、撃ち込む!乞うご期待! | トップページ | セネガルの世界的グラミー賞歌手ユッスー・ンドゥールが、2月14日に予定されているセネガル大統領選挙に出馬することを、AFP通信が伝えたと言う。あの異形のワッド大統領が、期待はずれだったから、国民が騒ぎ出すのも無理が無いこと。 »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

内閣・官僚・国家公務員」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

独裁者・亡命」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

選挙・議員」カテゴリの記事

UPRISING 革命」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/53656112

この記事へのトラックバック一覧です: 今夕の東京新聞夕刊一面の「紙つぶて」に、書いている御厨貴東大教授の文章のなかに懐かしい名前があった。「日本は何処へいく」とは馬場恒吾の名筆のタイトルだと。私が馬場恒吾さんにお会いしたのは、8歳の時、柿の木坂に在った馬場の自宅でだった。:

« 詩人でロシア現代の詩の翻訳家 たなか あきみつ16日(月)第705回「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、19回目の参加!自ら訳したノーベル賞詩人ヨシフ・ブロツキイの詩を、初めて溜池山王の宙に、撃ち込む!乞うご期待! | トップページ | セネガルの世界的グラミー賞歌手ユッスー・ンドゥールが、2月14日に予定されているセネガル大統領選挙に出馬することを、AFP通信が伝えたと言う。あの異形のワッド大統領が、期待はずれだったから、国民が騒ぎ出すのも無理が無いこと。 »