« プロジェクトに御寄贈下さった詩書たちです。プロジェクトで、有効に生かすためにお送り下さった方々に、御礼を申し上げます。今後とも宜しく、お願いいたします! | トップページ | 「聲だけは、持って生まれた才能だから、大事にしてあげないとね」 聞こえてきた声の主を見ると二人の中年男性。どうやら1人の男の子供が、声楽を習っていて、発表会が、終わったばかりらいしいのだ。ふとあの小柄のエデット・ピアフから発っする力強い聲を、聴きたくなった! »

2012/03/02

昨夜から、新しい会場、銀座・ギャラリーミハラヤでのプロジェクトが、ブリングルの聲で、始まった。今日の岩崎迪子、7日の岩切正一郎、8日の高野民雄、9日の禿慶子の計、5回の開催である。

 銀座一町目、並木通りの路面に在るギャラリーミハラヤ。

床はフローリングで、ガラスの扉の向こうは銀座・並木通り。


この場でコンサートを開催したことは有るが、聲を1時間余り、撃ち込んだことは無い場。

難しい場だが、3回目のブリングルは、今秋、刊行予定の第2詩集の予定稿を聲に乗せた。

3回目などは、まだ序の口。

色々な場で、聲を撃ち、様々な場を躰に覚えさせる。

正にアスリート養成のようだ。

最低10回で、やっとのスタートラインに立つ。

それまでは、しっかりと翌日、体の筋肉が痛くなるほど、聲を撃つことを、ただ続けることだ。

詩集をテキストにしていたのとは、違い、聲に乗せた詩作品が、テキストとして詩集にする。

これは先に詩人天沢退二郎が自らの詩集『アリス・アマテラス 螺旋と変奏』(思潮社刊)で、行なっている。

これに次いで、聲が先行しての若い詩人の詩集が、刊行されるのは喜ばしいことだ。

ブリンゲル、次回は5月だ!

|

« プロジェクトに御寄贈下さった詩書たちです。プロジェクトで、有効に生かすためにお送り下さった方々に、御礼を申し上げます。今後とも宜しく、お願いいたします! | トップページ | 「聲だけは、持って生まれた才能だから、大事にしてあげないとね」 聞こえてきた声の主を見ると二人の中年男性。どうやら1人の男の子供が、声楽を習っていて、発表会が、終わったばかりらいしいのだ。ふとあの小柄のエデット・ピアフから発っする力強い聲を、聴きたくなった! »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

国際詩祭」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

精神世界・癒し」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

霊視・霊能力者」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/54120047

この記事へのトラックバック一覧です: 昨夜から、新しい会場、銀座・ギャラリーミハラヤでのプロジェクトが、ブリングルの聲で、始まった。今日の岩崎迪子、7日の岩切正一郎、8日の高野民雄、9日の禿慶子の計、5回の開催である。:

« プロジェクトに御寄贈下さった詩書たちです。プロジェクトで、有効に生かすためにお送り下さった方々に、御礼を申し上げます。今後とも宜しく、お願いいたします! | トップページ | 「聲だけは、持って生まれた才能だから、大事にしてあげないとね」 聞こえてきた声の主を見ると二人の中年男性。どうやら1人の男の子供が、声楽を習っていて、発表会が、終わったばかりらいしいのだ。ふとあの小柄のエデット・ピアフから発っする力強い聲を、聴きたくなった! »