« 今から38年前の1974年4月1日、ヨーロッパから羽田空港に着いた。住んでいた家は既に無い。何人かの友人に℡をしたが、4月1日、で冗談だと思ったらしい。 | トップページ | プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」の4月・5月の公演日程表です。遅くなりましたが、19日には米国から伊藤比呂美、5月6日にはセルビアから山崎佳代子が参加されます。続いて聲を撃ち込んでいる詩人の聲は、確実に聲の幅が出てきています。是非、ご期待下さい! »

2012/04/03

彫刻家砂澤ビッキのことが新聞に出ているよと、親しい友人が教えてくれた。「彫刻家が求めた理想の村」と題し、河上實さんが2日の日経の文化欄に書いていた。

 懐かしいね砂澤ビッキ。

今から、振り返ると、死の一週間前に上京したことになる。

自分の展覧会のオープニングにストレッチャーに乗って、暴風雨のなか入院先の病院からやって来た。

展覧会会場を見回るビッキの足は、ビンビンに腫れあがっていた。

砂澤ビッキの上京は、写真家の野掘成美氏が教えてくれて、酒井忠康氏も共に、その会場にいた。

ビッキの事は、他にも沢山書いたから、繰り返さないが、河上實氏の事は、お会いしたことがないと思うが、話しには聞いていた。

あの廃坑の小学校にも30年前には「詩の隊商 北へ!」で、訪れている。

1981年には、東京で、私がプロデュースしたグループ展「北の詩人たち展」にもビッキは参加し、作品を出している。
1984年には、札幌の札幌アートプラザで、「北の詩人たち展」も、ビッキを中心に集まった。

1987年からは、「もののふたちの字歴書展」を村井正誠・中川幸夫・砂澤ビッキ・渡辺豊重・天童大人で始まり、翌年からは、酒井忠康・大沢昌助・那珂太郎などと続け、14年間、ビッキが、村井正誠が亡きあと続き、14年後に、終わった。

砂澤ビッキ。彼から戴いた手巻きの懐中時計が、今でもプロジェクトで活躍している。

砂澤ビッキには、沢山思い出が有る。

河上實さんの文で、ビッキのグローブのような大きな手を想い出す。

|

« 今から38年前の1974年4月1日、ヨーロッパから羽田空港に着いた。住んでいた家は既に無い。何人かの友人に℡をしたが、4月1日、で冗談だと思ったらしい。 | トップページ | プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」の4月・5月の公演日程表です。遅くなりましたが、19日には米国から伊藤比呂美、5月6日にはセルビアから山崎佳代子が参加されます。続いて聲を撃ち込んでいる詩人の聲は、確実に聲の幅が出てきています。是非、ご期待下さい! »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

彫刻家」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

画家」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/54378494

この記事へのトラックバック一覧です: 彫刻家砂澤ビッキのことが新聞に出ているよと、親しい友人が教えてくれた。「彫刻家が求めた理想の村」と題し、河上實さんが2日の日経の文化欄に書いていた。:

« 今から38年前の1974年4月1日、ヨーロッパから羽田空港に着いた。住んでいた家は既に無い。何人かの友人に℡をしたが、4月1日、で冗談だと思ったらしい。 | トップページ | プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」の4月・5月の公演日程表です。遅くなりましたが、19日には米国から伊藤比呂美、5月6日にはセルビアから山崎佳代子が参加されます。続いて聲を撃ち込んでいる詩人の聲は、確実に聲の幅が出てきています。是非、ご期待下さい! »