« 京都市立芸術大学学長で、詩人・美術評論家建畠晢 7月14日(土)午後7時から、西荻窪の数寄和に2度目の出演、今回はどんな聲を撃ち込むのか、乞うご期待! | トップページ | 詩人でロシア現代の詩の翻訳家たなか あきみつ 7月17日(火)午後7時から、プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、23回目の参加!銀座の宙に、初めて、ノーベル賞詩人のヨシフ・ブロツキイの詩作品を聲に乗せて、撃ち込む! »

2012/06/13

眼鏡が無くても、活字を大きくコピーしたら、作品を聲に乗せることが出来ると考えて、11日の第771回に挑戦したが、眼が追いついて行かず、噛んでしまった。翌日、俳人に聲は良いと、しかし、噛んだことを指摘された。眼鏡が見つからなかったのだ!

 今日、近くの眼科医に見て貰った。

色々と検査をして貰ったが、使用している眼鏡を見たいと言われ、行方不明中と説明をして、帰って来た。

そして書物を動かして、本と本との隙間の間に落ちて居ないか隈なく探したが、見つからなかった。

最近、全く見て居ない。

鞄から、上着、コートなどと見たが見つからない。

机の上の携帯電話が、振動で、床に落ち、机と本との間の隙間に滑り入って、見えなくなった。

そんな隙間が何時の間に出来たのだろうか?

隙間の奥を見ると、水色の眼鏡ケースが微かに見えるではないか。手を差し入れて引き出すと、間違いなく、カルチェの眼鏡が入った、眼鏡ケースが在った。

明日、また眼鏡を持って、眼科医の処に行こう!

なるべく早く、聲を撃ち込んでみよう!

どう違うのか、試さなくては、世界への武者修行は始まらないのだ。

|

« 京都市立芸術大学学長で、詩人・美術評論家建畠晢 7月14日(土)午後7時から、西荻窪の数寄和に2度目の出演、今回はどんな聲を撃ち込むのか、乞うご期待! | トップページ | 詩人でロシア現代の詩の翻訳家たなか あきみつ 7月17日(火)午後7時から、プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、23回目の参加!銀座の宙に、初めて、ノーベル賞詩人のヨシフ・ブロツキイの詩作品を聲に乗せて、撃ち込む! »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

国際詩祭」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

画家」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

霊視・霊能力者」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/54951532

この記事へのトラックバック一覧です: 眼鏡が無くても、活字を大きくコピーしたら、作品を聲に乗せることが出来ると考えて、11日の第771回に挑戦したが、眼が追いついて行かず、噛んでしまった。翌日、俳人に聲は良いと、しかし、噛んだことを指摘された。眼鏡が見つからなかったのだ!:

« 京都市立芸術大学学長で、詩人・美術評論家建畠晢 7月14日(土)午後7時から、西荻窪の数寄和に2度目の出演、今回はどんな聲を撃ち込むのか、乞うご期待! | トップページ | 詩人でロシア現代の詩の翻訳家たなか あきみつ 7月17日(火)午後7時から、プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、23回目の参加!銀座の宙に、初めて、ノーベル賞詩人のヨシフ・ブロツキイの詩作品を聲に乗せて、撃ち込む! »