« 詩人森川雅美 7月6日(金)第782回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、11回目の参加!銀座・ギャラリーミハラヤの宙から、初めて聲を撃ち込む! | トップページ | 俳人で作家、文化学院の大先輩の真鍋呉夫さんが、亡くなられた事を、今朝の新聞の死亡欄で、初めて知った。(付記:この文化学院とは、石田アヤ院長・戸川エマ文科長が生きて居た時の学院で、現在のビックカメラに買収された文化学院では無い!) »

2012/06/07

詩を書き始めて4年目で詩集を刊行する細田傳造。彼の第1詩集『谷間の百合』が、書肆山田から、刊行されて、昨日、届いた。不思議なリズムを秘めた詩句が、紙面に躍る!新しい詩人の誕生だ!是非、お読みください!

 余り今は言う時ではないが、細田傳造は、昨年、プロジェクト「LaVoix des Poètes(詩人の聲)」に、熱心に通い、アッ言う間に、30回を超えた。

この熱意が、細田傳造を詩人に変えた。

詩人の生の聲を浴び、詩集を購い、秘かに読破し続けていた。

その成果が、この第1詩集『谷間の百合』(書肆山田刊)に、少なからず大きな影響を与えているようだ。

68歳に為ってからの第1詩集。

是非、この詩集を手にとって、読んでみて下さい。

面白いリズムが有るのだ、細田傳造の詩句には!

まだ稚拙でも、詩句の展開が奇抜なのだ。

カラッとした詩句は、日本人には無いモノだ。

どんな評価を得るのか、楽しみだ。

|

« 詩人森川雅美 7月6日(金)第782回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、11回目の参加!銀座・ギャラリーミハラヤの宙から、初めて聲を撃ち込む! | トップページ | 俳人で作家、文化学院の大先輩の真鍋呉夫さんが、亡くなられた事を、今朝の新聞の死亡欄で、初めて知った。(付記:この文化学院とは、石田アヤ院長・戸川エマ文科長が生きて居た時の学院で、現在のビックカメラに買収された文化学院では無い!) »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

精神世界・癒し」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/54898881

この記事へのトラックバック一覧です: 詩を書き始めて4年目で詩集を刊行する細田傳造。彼の第1詩集『谷間の百合』が、書肆山田から、刊行されて、昨日、届いた。不思議なリズムを秘めた詩句が、紙面に躍る!新しい詩人の誕生だ!是非、お読みください!:

« 詩人森川雅美 7月6日(金)第782回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、11回目の参加!銀座・ギャラリーミハラヤの宙から、初めて聲を撃ち込む! | トップページ | 俳人で作家、文化学院の大先輩の真鍋呉夫さんが、亡くなられた事を、今朝の新聞の死亡欄で、初めて知った。(付記:この文化学院とは、石田アヤ院長・戸川エマ文科長が生きて居た時の学院で、現在のビックカメラに買収された文化学院では無い!) »