« 詩人たなか あきみつ 8月10日(金)午後7時から、第804回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、24回目の参加。銀座の宙に、ヨシフ・ブロツキイの詩作品を、聲にのせ、撃ち込む!乞うご期待! | トップページ | 詩人柴田友理 8月11日(土)午後7時から、第805回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、5回目の参加。銀座の宙に、2回目の聲を、自作詩を乗せて、撃ち込む!乞うご期待! »

2012/07/04

金環日食を見た地域は、その後、1年間はあらゆる災害に見舞われると6月2日のブログに書いた。今、まさにこの日本列島は自然ノ力に襲われている。人知の及ぶ処では無いが、政治の邪まな者たちにもにも波及してきたようだ!

 自然の力の猛威の前では、人間の力は、及ばないと昨日の九州北部での豪雨でも分かることだ。

これだけ科学が発達したと言われていても、台風や、豪雨も止めることも出来ない、とは全く情けない。

そんなか弱い人間が自分たちで制御出来ない原子力を扱い、昨年の3・11以後、現在に至るまで、原発を止めることが出来ない。
止めることが出来無い物を、また懲りずに動かそうとする。

こんな不思議な愚かな話は聞いたことが無い。

こんなことが当たり前だとしたら、この日本にはもう未来は無いのかもしれない。

無辜の民たちの一人ひとりが、どう繋がり、拡がりを見せて、止める方向で、進んで行くのか?

もう誰にもこの先が読めない。

節電の為に、テレビを止めたらどうか?未だに止めるとは、誰も言わないのは何故か?

可笑しな話だ!

ともかく、原発を全て止めてから、ゆっくり考えよう!

|

« 詩人たなか あきみつ 8月10日(金)午後7時から、第804回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、24回目の参加。銀座の宙に、ヨシフ・ブロツキイの詩作品を、聲にのせ、撃ち込む!乞うご期待! | トップページ | 詩人柴田友理 8月11日(土)午後7時から、第805回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、5回目の参加。銀座の宙に、2回目の聲を、自作詩を乗せて、撃ち込む!乞うご期待! »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

アメリカ文学 アメリカ詩」カテゴリの記事

イギリス文学・イギリス現代詩・イギリス現代詩人」カテゴリの記事

イタリア詩・イタリア文学・イタリア映画」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

サイクロン・地震・台風」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

フランス詩・フランス文学」カテゴリの記事

マグマ 火山 休火山 噴火」カテゴリの記事

ラテンアメリカ文学・詩」カテゴリの記事

ロシア文学・ロシア詩」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

内閣・官僚・国家公務員」カテゴリの記事

原子力発電所」カテゴリの記事

原子力関係」カテゴリの記事

天気予報・気象情報」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

気学・易学・風水・占星術・手相・印相学」カテゴリの記事

神社・仏閣・宗教」カテゴリの記事

精神世界・癒し」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

選挙・議員」カテゴリの記事

霊視・霊能力者」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/55118360

この記事へのトラックバック一覧です: 金環日食を見た地域は、その後、1年間はあらゆる災害に見舞われると6月2日のブログに書いた。今、まさにこの日本列島は自然ノ力に襲われている。人知の及ぶ処では無いが、政治の邪まな者たちにもにも波及してきたようだ!:

« 詩人たなか あきみつ 8月10日(金)午後7時から、第804回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、24回目の参加。銀座の宙に、ヨシフ・ブロツキイの詩作品を、聲にのせ、撃ち込む!乞うご期待! | トップページ | 詩人柴田友理 8月11日(土)午後7時から、第805回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、5回目の参加。銀座の宙に、2回目の聲を、自作詩を乗せて、撃ち込む!乞うご期待! »