« 熊本・大分「これまで経験したことのない大雨」とは、恐ろしいね、今、金環日食の影響は、顕著にこの国を襲っている! | トップページ | カトリーヌ・カドーさんに、先日、日本外務省から「大臣賞を授与する」との打診があった。カトリーヌさんは「今の内閣からは受け取りません」ときっぱり拒絶した。痛快な話だ!今朝の東京新聞、本音のコラム、に鎌田慧さんが書いている。 »

2012/07/13

詩人草野心平が、騒乱の1968年5月パリ、に居たことを、初めて、『茫々半世紀』(新潮社刊)の、「変な旅(茫々半世紀・付録)』を読んで知った。あの騒乱のパリに、独りの詩人・草野心平が居た。面白いね!

詩人草野心平が、68年5月にパリに居たことは、今迄、あまり話題にならなかったのは、何故だろうか?

今でも68年パリ五月、と書けば分かるのに、何故か『パリ68年五月革命』と書く輩が居るが、パリの友人に訊ねると、誰も五月革命とは、言わないと!

このパリ五月も数人の人間と1冊の小冊子から始まったことは、知られていない。

さすが江口幹だけあって、彼の著書のタイトルは、『パリ68年5月(論創社刊)』と記されている。

69歳の詩人のヨーロッパ滞在記、としても読めるこの「変な旅」は、草野心平らしい放浪記なのだ。

これは直に読んで貰えば良いのだが、初出は、「新潮」昭和57年11月号に掲載されている。

この『茫々半世紀』の、中に、草野心平が、メキシコの画家シケイロスに出会った記述があったので、驚いた。

1956年10月の中国での話だ。

この時には、既に日本で、シケイロス展が開催されていたことが、シケイロスと草野との会話から伺われる。

こう書いて来て、中国の詩人で、黄瀛さんと戸川エマ先生の紹介で、お会いしたとき、草野心平の話が出たことを、突如、想い出した。

草野と李香蘭がスパイ容疑で捕まった時に、助けたことをも。恐らく、学院の後輩の詩人だと言うことで、気軽に話してくれた。その場には、戸川エマを始めとする同期生が数人集まった時だった。

草野心平の軽やかなヨーロッパ紀行は、何故か面白いのだ。

もしもこのエセイが「変な旅」、一本で一冊に為って居たら、もっと早く、草野心平を理解できたのかもしれない。

もう一度、草野心平の詩を読み直して見よう。

もうひとつ想い出した。新宿の居酒屋の二階の大広間で、「歴程」の会があった。

その時、各人が歌を歌うことに為って、私の番が来た。その時、草野心平さんは窓へりに身体を横たえていた。

わたしが歌ったのは、グズリ―・ベアーだ。歌い終わった時、草野さんが、俺も歌うと言って、歌い始めた。

その時、私の聲に、インスパイアされて、聲を撃つ気に為ったのでは。歌い終わった草野さんと視線が合うと、ニャリと笑った。

う~ん、詩誌「歴程」の詩精神の本質が、もっと良く、分かるかも知れない。

|

« 熊本・大分「これまで経験したことのない大雨」とは、恐ろしいね、今、金環日食の影響は、顕著にこの国を襲っている! | トップページ | カトリーヌ・カドーさんに、先日、日本外務省から「大臣賞を授与する」との打診があった。カトリーヌさんは「今の内閣からは受け取りません」ときっぱり拒絶した。痛快な話だ!今朝の東京新聞、本音のコラム、に鎌田慧さんが書いている。 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

交通手段・鉄道・航空・船舶」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

国際詩祭」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

彫刻家」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

画家」カテゴリの記事

精神世界・癒し」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

UPRISING 革命」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/55186371

この記事へのトラックバック一覧です: 詩人草野心平が、騒乱の1968年5月パリ、に居たことを、初めて、『茫々半世紀』(新潮社刊)の、「変な旅(茫々半世紀・付録)』を読んで知った。あの騒乱のパリに、独りの詩人・草野心平が居た。面白いね!:

« 熊本・大分「これまで経験したことのない大雨」とは、恐ろしいね、今、金環日食の影響は、顕著にこの国を襲っている! | トップページ | カトリーヌ・カドーさんに、先日、日本外務省から「大臣賞を授与する」との打診があった。カトリーヌさんは「今の内閣からは受け取りません」ときっぱり拒絶した。痛快な話だ!今朝の東京新聞、本音のコラム、に鎌田慧さんが書いている。 »