« 100年前の今日、明治天皇が大喪、乃木希典、静子夫妻が殉死した。そして2年後、第一次世界大戦がはじまる。今の世界中がきな臭い状況は、当然のことか! | トップページ | 詩人・朗唱家の天童大人 10月16日(火)午後6時半から、第836回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、31回目の参加。初めての会場。駒込の東京平和教会に、聲を撃ち込む! »

2012/09/13

昨夜の日本テレビ、所さんの、笑ってコラえて「閉局間近ローマ支局SP」に、ヴェローナのアレーナが出来て、野外オペラの会場が、映し出され、10年前の2002年3月、私が経って、聲を撃ち込んできた場、「皇帝の場」が、映し出され、懐かしく想い出された!

 いや、あのヴェロ-ナのアレーナでの公式な公演は、画家KEIZOの言っていたとおり、貴重な経験だった。

あの会場でしか味わえない空間、とでも言ううべきか。

あのアレーナに、自分の聲が、満ちて響いて行く感覚は、何処でも得られるものでも、経験でもない。

それに匹敵する空間と場は、対馬の和多都美神社・海中の一の鳥居だ。

これは、地元の人間には、分からないのだ。

良い空間だ。

昨日、日向の大御神社に友人が訪れ、龍を沢山見れたと伝えてきた。

面白いことが、沢山、起こりますね。

|

« 100年前の今日、明治天皇が大喪、乃木希典、静子夫妻が殉死した。そして2年後、第一次世界大戦がはじまる。今の世界中がきな臭い状況は、当然のことか! | トップページ | 詩人・朗唱家の天童大人 10月16日(火)午後6時半から、第836回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、31回目の参加。初めての会場。駒込の東京平和教会に、聲を撃ち込む! »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

イタリア詩・イタリア文学・イタリア映画」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

オペラ・歌舞伎」カテゴリの記事

交通手段・鉄道・航空・船舶」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

精神世界・癒し」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

霊視・霊能力者」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/55645630

この記事へのトラックバック一覧です: 昨夜の日本テレビ、所さんの、笑ってコラえて「閉局間近ローマ支局SP」に、ヴェローナのアレーナが出来て、野外オペラの会場が、映し出され、10年前の2002年3月、私が経って、聲を撃ち込んできた場、「皇帝の場」が、映し出され、懐かしく想い出された!:

« 100年前の今日、明治天皇が大喪、乃木希典、静子夫妻が殉死した。そして2年後、第一次世界大戦がはじまる。今の世界中がきな臭い状況は、当然のことか! | トップページ | 詩人・朗唱家の天童大人 10月16日(火)午後6時半から、第836回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、31回目の参加。初めての会場。駒込の東京平和教会に、聲を撃ち込む! »