« 長野在住の詩人作田教子 10月20日(土)午後7時から、第840回プロジェクト「la Voix des Poètes(詩人の聲)」に、5回目の参加!銀座の宙に、初めて自作詩を撃ち込む! | トップページ | ノーベル賞作家アルベール・カミュの『異邦人』が刊行されて、70周年になるとは、第三書房のH氏から、『対訳 フランス語で読もう「異邦人」』が送られて来て初めて気が付いた。 »

2012/09/25

鹿児島生まれの詩人竹内美智代 10月23日(火)午後7時から、第841回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、16回目の参加!初めて、京橋の新しい場、ギャルリー東京ユマニテの宙に、新詩集『未来だんだん』を肉聲に乗せ、撃ち込む!

天童大人プロデュース -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

鹿児島生まれの詩人竹内美智代。

新詩集『未来がだんだん』(砂子屋書房刊)を、初めて聲に乗せ、撃ち込む。
鹿児島弁も有り、どんな構成なのか、乞うご期待!

良く続けて聲を撃ち込んで来たものだ!

5月、対馬・和多都美神社、海神神社、宗像神社、大宰府城址跡と、聲を撃ち込んできた経験が、行き始めて行く!
今回どんな聲を撃ち込むのか!乞うご期待!

予約・お問い合わせ
ギャルリー東京ユマニテ〒1104-0031中央区京橋2-8-18
昭和ビルB2
Tel 03-3563-1305 Fax 03-3562-1306

北十字舎 Tel 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
携帯090-6181-0556(AM9:00~PM20:00通話可)

|

« 長野在住の詩人作田教子 10月20日(土)午後7時から、第840回プロジェクト「la Voix des Poètes(詩人の聲)」に、5回目の参加!銀座の宙に、初めて自作詩を撃ち込む! | トップページ | ノーベル賞作家アルベール・カミュの『異邦人』が刊行されて、70周年になるとは、第三書房のH氏から、『対訳 フランス語で読もう「異邦人」』が送られて来て初めて気が付いた。 »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

画家」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/55741567

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島生まれの詩人竹内美智代 10月23日(火)午後7時から、第841回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、16回目の参加!初めて、京橋の新しい場、ギャルリー東京ユマニテの宙に、新詩集『未来だんだん』を肉聲に乗せ、撃ち込む!:

« 長野在住の詩人作田教子 10月20日(土)午後7時から、第840回プロジェクト「la Voix des Poètes(詩人の聲)」に、5回目の参加!銀座の宙に、初めて自作詩を撃ち込む! | トップページ | ノーベル賞作家アルベール・カミュの『異邦人』が刊行されて、70周年になるとは、第三書房のH氏から、『対訳 フランス語で読もう「異邦人」』が送られて来て初めて気が付いた。 »