« 京都在住の詩人福田知子 11月29日(木)午後7時から、第854回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、4回目の参加!広尾の宙に、初めて自作詩を聲に乗せ、撃ち込む! | トップページ | 「人形浄瑠璃はマイクがありませんけれど、何人まで聞こえるものですか」 「700人ぐらいなら肉声で十分です」 これは20日の毎日新聞に掲載された「永六輔その新世界」に掲載されていたコトバだ! »

2012/10/24

詩人・朗唱家の天童大人 11月30日(金)午後6時半から、第855回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、31回の参加!駒込の宙に、UNIVERSAL VOICEを、撃ち込む!

天童大人プロデュース -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

詩人・朗唱家の天童大人 プロジェクトに最多の31回目の参加。

これは新しい場で、聲を撃ち込み、場の情況を把握するためと予定していた参加詩人が、急病で代替え参加などがあり、最多参加になったが、それでも少ない。

出来れば聲を保つために、月1回は、キチンと撃ち込みたいものだが、それは許されない。

聲を保つには、常に撃ち込に続ける必要がある。

聲の先達詩人白石かずこが、今でも聲に力が有るのは、このプロジェクトに参加してから、肉聲で、1時間余り聲を撃ち込み続けてきたからだ。

古典芸能の人形浄瑠璃は700人ぐらいまでなら肉聲で十分です、と豊竹咲大夫が言っているのを読んだが、今、日本の詩人で700の客席で、聲を届かせられる詩人が、何人いるか?

では1200人では?

2400人では?

天童大人は、2006年7月、ベネゼエラ出開催された第3回カラカス国際詩祭で、800席、2400席で、ノーマイクで自
作詩を聲に乗せて届け、会場を熱狂の渦の中に。

当時の日本のベネゼエラ大使に尋ねられたら、証言されるだろう。

ともかく肉聲で、600席や1200席ぐらいの空間を肉聲で、聴かせる詩人の聲が20~30人欲しいのだ。

是非、一度、天童大人の肉聲を聴いて頂きたい。

予約・問い合わせは
東京平和教会 〒170-0003 豊島区駒込1-28-8
(JR駒込駅東口下車 1分)
       予約090-3696-7098Tendo

北十字舎 ℡03-5982-1834 Fax03-5982-797
   携帯090-6181-0556(AM9:00~PM20:00通話可)

|

« 京都在住の詩人福田知子 11月29日(木)午後7時から、第854回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、4回目の参加!広尾の宙に、初めて自作詩を聲に乗せ、撃ち込む! | トップページ | 「人形浄瑠璃はマイクがありませんけれど、何人まで聞こえるものですか」 「700人ぐらいなら肉声で十分です」 これは20日の毎日新聞に掲載された「永六輔その新世界」に掲載されていたコトバだ! »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

クリスタル・スィンギングボール」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

国際詩祭」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

画家」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

霊視・霊能力者」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/55959719

この記事へのトラックバック一覧です: 詩人・朗唱家の天童大人 11月30日(金)午後6時半から、第855回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、31回の参加!駒込の宙に、UNIVERSAL VOICEを、撃ち込む!:

« 京都在住の詩人福田知子 11月29日(木)午後7時から、第854回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、4回目の参加!広尾の宙に、初めて自作詩を聲に乗せ、撃ち込む! | トップページ | 「人形浄瑠璃はマイクがありませんけれど、何人まで聞こえるものですか」 「700人ぐらいなら肉声で十分です」 これは20日の毎日新聞に掲載された「永六輔その新世界」に掲載されていたコトバだ! »