« 旭川の石造りの劇場「河原館」!懐かしい名前だ。今朝(27日)の歌人福島泰樹の毎日新聞に連載中の「追憶の風景」のなかで、見つけた。 | トップページ | 詩人で作家の稲葉真弓(今年度 親鸞賞受賞) 12月1日(土)午後3時半から、第856回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、18回目の参加!西荻窪の数寄和に、聲を撃ち込む! »

2012/10/28

詩人田村隆一が、詩人ルネ・シャールのいい言葉を教えてくれたから、と言う記述を読んだ。「われらの獲物は一滴の光り」 いい言葉だね

 この言葉を田村隆一が、誰に教えて貰ったのか気になっていたら、昨夜、引き出した季刊「世界文学」6号に、「われらの獲物は一滴の光り -実作者のノート-」と言う田村隆一の文章のなかに答を見つけた。

田村隆一に、ルネ・シャールの「われらの獲物は一滴の光り」を教えたのは、詩人で美術評論家の瀧口修造さんだった!
『余白に書く』という本の版画家野中ユリのエッチングに寄せた瀧口修造の詩『星は人の指ほどのー』の一節ー

若い生命の小指を賭けた狩り!

「われらの獲物は一滴の光りだ」と詩人はいう。

その詩人がルネ・シャールだ!

また田村隆一は書く。

「ルネ・シャールの「島々の言葉」は「詩のなかではあらゆる言葉はその源泉の意味でつかわれねばならぬ」とおしえてくれる。

|

« 旭川の石造りの劇場「河原館」!懐かしい名前だ。今朝(27日)の歌人福島泰樹の毎日新聞に連載中の「追憶の風景」のなかで、見つけた。 | トップページ | 詩人で作家の稲葉真弓(今年度 親鸞賞受賞) 12月1日(土)午後3時半から、第856回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、18回目の参加!西荻窪の数寄和に、聲を撃ち込む! »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

フランス詩・フランス文学」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

霊視・霊能力者」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/55988130

この記事へのトラックバック一覧です: 詩人田村隆一が、詩人ルネ・シャールのいい言葉を教えてくれたから、と言う記述を読んだ。「われらの獲物は一滴の光り」 いい言葉だね:

« 旭川の石造りの劇場「河原館」!懐かしい名前だ。今朝(27日)の歌人福島泰樹の毎日新聞に連載中の「追憶の風景」のなかで、見つけた。 | トップページ | 詩人で作家の稲葉真弓(今年度 親鸞賞受賞) 12月1日(土)午後3時半から、第856回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、18回目の参加!西荻窪の数寄和に、聲を撃ち込む! »