« 2012年3月11日 - 2012年3月17日 | トップページ | 2012年3月25日 - 2012年3月31日 »

2012/03/24

詩人紫圭子 4月20日(金)プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、12回目の参加!聲ノ力が付いた詩人紫圭子の聲を、是非お聴き頂きたい!

 天童大人プロデュース

      肉聲の復権を求めて

  -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

豊川市在住の詩人紫圭子 12回目の参加!

このプロジェクトに参加するまでマイクを使っていた詩人紫圭子が、肉聲に挑戦して12回目。

肉聲の力が、詩人紫圭子の聲の力を変えた。

どう聲の質を代え、聲の力が付いたのか、是非、詩人紫圭子の聲を聴いて頂きたい。

予約・問い合わせは
東京平和教会 170-0003 豊島区駒込1-28-8
JR駒込駅東口下車徒歩1分
                ℡&Fax 03-5978-5454

北十字舎 ℡03-5982-1834

       Fax03-5982-1797
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/23

第1回イラク・バビロン国際詩祭は、5月3日~8日まで、イラクの古代都市バビロンで開催される事が決まりました。同時に絵画展も開催されるとか?招待が来ましたが、今年は見送ることしました。来年以降を、乞うご期待!

 4月末とか聞いていたイラク・バビロン国際詩祭は5月3日~8日まで開催されるとか。

イラクのバビロンに日本から行くには、どうやって行くのかと懇意な旅行会社に訊ねて見た。

ヨーロッパ経由の場合は、経由地で1泊しなくてはダメで、エティハド航空の成田ーアブダビ―バクダットか、トルコ航空の成田ーイスタンブール―バクダットか、オーストリア航空の成田―ウィーン―バクダットの三の方法が一番良いと言うのだ。
一番安いのがエティハド航空。

今迄で聞いたこともない航空会社だ。

今年は、積極的に国際詩祭に参加すると言ったとおりの展開だが、準備が出来ていない。

新作の翻訳を頼まなくてはならない。5~10篇の英訳。

略歴も。

することが沢山ある。来年にかけてゆっくり準備をすることに。

ヨーロッパの詩人たちに、久し振りに逢いたくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/21

詩人伊藤比呂美 4月19日(木)第743回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、12回目の参加!西荻の宙に、カノコ殺しのカノコと初めてに共演!どんなハモニーが醸し出されますか、乞うご期待!

天童大人プロデュース
    
     肉聲の復権を求めて!
  ー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

詩人伊藤比呂美 12回目の参加!

「カノコ殺しをカノkの筝と
 声にするつもりでございま。ただ、
 カノコ、妊婦なのと遠方なのとにつき、
 ほんとうに来られるか、100%の保証が
 できませんので、万一のときはごめんな
 さい。でもわたし一人でだって、満足
 していただける朗読をおきませいた
 しますので。
        伊藤比呂美     」

予約・問い合わせは

数寄和 杉並区西荻北3-42-17 ℡03-3390-1155

北十字舎 ℡03-5982-1834 

     Fax03-5982-1797

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/20

雪降る新潟で、10年前の2002年3月21日の春分の日、イタリア・ヴェローナのアレーナで、イタリアのノーベル賞候補詩人のロベルト・サネージ頌 の為、アリーナでのノーマイクでの単独公演です。約55分間!とてもいい経験、得難い経験をしました。

 もうアレーナでの単独公演は10年前になるのですか?

10年、一昔、よく言ったものですね。

自分が聲を撃ち込んだ場は、体が覚えていて、忘れることはありません。

アレーナには、寝ている見えない魔物が住んでいます。

起こしてしまうこともあるようです。

起こすと2000年余りの時空間で、起こったことが、走馬灯の如くに、よみがえります。

アレーナに行き、夏の野外オペラを聴いた方は、沢山おられるでしょう!

日本のオペラ歌手でも、出演した方もおられるかもしれません。

しかし、1時間余りの、聲だけの単独公演!

本当に良い財産です。あの経験は!

ヴェローナ市が制作してくれたDVDを見る度に、様々なことを想い出します。

画面に映っている、画家のKEIZO そして、秘書のT女史の御母堂、はもう亡くなられました。

10年の間です。

今も新潟はドラゴンの鱗が舞い降りています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今、新潟は雪が降っていますよ。16日に、プロジェクト「La Voix des Poets(詩人の聲)」、天童大人の会にお出でになった方々に、新潟に雪が降ったら、ドラゴンが姿現し、雪と言う、ドラゴンの鱗を、降らせ舞いらせますよ、と言いました。約定どおり、ドラゴンは、健在でした。10年前の3月20日は、イタリア・ヴェローナのアレーナ(野外闘技場)で、声の道を探していました。21日の春分の日に、アレーナで、単独公演を挙行したのですから。もう10年、早いです!

 昨日の朝、11時ごろと16時頃に、粉雪が舞いました。

可笑しいなと思っていましたが、本当に今、雪が降り、地面には積もっています。

小生が新潟に来たら、雪が降るとの話は、クリスタル・スンギングボールの波動を浴びる方がたは知っていましたがが、今回は、17・18日と全く雪の気配もありませんでした。

しかし、今も雪は、いいえ、ドラゴンの鱗は、降り注いでいます。

ドラゴンは、やって来たようです。

5月21日の、対馬 和多都美神社  in 聲ノ奉納、は私を入れて参加詩人は5名!

21日は、新月で、旧暦の4月一日、で金環日食と重なりました。

21日以降の、1年間、金環日食を見れた地域の方々は、じゅぶんにお気を付けください。

天変地異、何が起こっても不思議では、ありませんよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/19

ドラゴンの鱗が、雪が11時頃に、午後の4時頃にも、新潟に降りました。ドラゴン!おいでになりました。新潟に雪を降らす、お約束は、果たせました。

遂にドラゴンの鱗が降りました。お約束通りです。

粉雪が舞い散りました。

ご挨拶に、ドラゴンが参上したかんじです。

粉雪が舞いました。ドラゴンの可愛い鱗です。

日増しに暖かくなつてくれるといいのですが?

どうでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/18

今年は、一昨日の反省から、機会が有れば、世界に聲を、日本語を撃ち込みに、世界に武者修行に積極的に、出向きます!何か国際詩祭のご案内がありましたら、ぜひ、お教えください!宜しく、お願いいたします!

 ともかく場数を出来るだけ踏んで行くことにする!

どんな場でも対応出来る聲!

ともかくお出でくださった方々が、またおいでいただける聲!

もう1度、10年前のイタリア・ヴェローナ、アリーナでの聲の奉納公演の聲を想い出して、撃ち直すことにする!

知らないうちに、多くの場の力を忘れているのだ。

さて、3・11から磁場が変わり、どう聲をうつのか?

この島が、日本としてあるのは、日本語を話すこと。

日本語が消えたら、日本はどこにも無い。

まずは日本語を、世界で、撃ち込む!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月11日 - 2012年3月17日 | トップページ | 2012年3月25日 - 2012年3月31日 »