« 2012年5月6日 - 2012年5月12日 | トップページ | 2012年5月20日 - 2012年5月26日 »

2012/05/18

愈々、21日 第23回「天童大人 聲ノ奉納 対馬 in 和多都美神社 -海中の一の鳥居-」の、挙行が、近ずいて来ました!今年は、新月で、金環日食です!何が起こるのか!何を起こせるのか!21日(月)午後2時41分から、聲を撃ち込み始めます!

21日に行なう第23回「天童大人 聲ノ奉納 in 対馬・和多都美神社」は、毎年、5月か6月の新月の日に、開催されて来たが、今年は、辰年で、新月で、金環日食で、旧暦の4月1日と重なるのだ。

これだけ重なると、天童大人の聲ノ力だけでは足りず、原田道子・紫圭子・竹内美智代・細田傳造の4人の聲ノ力も借りて、海中の一の鳥居のから、本宮の奥、豊玉妃墳碑目がけて、午後2時41分から、撃ち込み始めます!

今年は、どんな聲の響きがあるのか、楽しみことだ!

その後、海神神社で、聲ノ奉納を行なう。

、翌22日、朝に福岡に戻り、午前中に、宗像神社・高宮の上に在る、祠の前で聲を奉納。

夕刻、福岡・舞鶴三丁目九州東芝ビル前の吉冨寿しで、食事。

詩人の「聲ノ旅」!

どんな事になりますか!乞うご期待!

   第23回 -聲ノ奉納―

 天童大人 UNIVERSAL VOICE®

― 対馬in 和多都美神社 一の鳥居 - 

 2012年5月21日(月)新月の日14時41分開始

    長崎県・対馬市・和多都美神社、干潮時の一の鳥居から、

怒り続けるこの危うい水の惑星に向かって、聲を撃ち込む!


注目されている辺境の島・対馬。1983年、秋。

和多都美神社の干潮時の一の鳥居に立ち、聲を発し、「古代の聲ノ道」を発見。

その後、1990年から、毎年、5月か6月の新月の日に、この古代の聖地から密かに、「聲ノ奉納」を行ない続けて、今年で23年目。
この危うい水の惑星の平和を願い、併せて6年前からは、嘗て元寇の戦さでこの島に攻め入って、亡くなった異国の無辜の民びとたちの御霊を弔うためにも、聲を撃ちこみ、刻み続けてきました。

この聖なる天然の劇場、対馬・和多都美神社での「聲ノ奉納」。

人間の「魂ノ力」を耳で感じる「天童大人UNIVERSAL VOICE®-聲ノ奉納―」公演。

今回の公演には詩人:紫圭子・原田道子・竹内美智代・細田傳造が参加します。

UNIVERSAL VOICE®  天童 大人


お問い合せ先〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
Tendo Taijin Bureau / 北十字舎
Tel:03-5982-1834 Fax:03-5982-1797
            Mobil:090-3696-7098(au) E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
             URL:http://universalvoice/air―nifty.com/tendotaijin/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日、詩人白石かずこさんから電話が有って、郁乎が亡くなったって?いや聴いて居ませんよ、と話した。今朝、新聞の死亡欄を見たら、加藤郁乎、16日、心不全でのため死去。83歳と出ている。今、白石さんから電話が有ったので、本当に郁乎が亡くなっていた、と伝えた。

 昨日、不意に郁乎が亡くなったと言われた時は、既に郁乎は亡くなって居たわけだ。

近く名古屋の詩誌「洪水」に詩作品が掲載される。

「木曽御嶽の霊言ー森茉莉に」だ。

この作品は、森茉莉さんとの約定を42年振りに果たすことになる。

三島由紀夫、自栽、二週間目の1970年11月11日、三島由紀夫邸で、直に逢った時の事を、森茉莉さんに話したとき、書き遺しておきなさいとの、約定を今回果たした訳だ。

本当に、六根清浄!だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/16

若い詩人のブリングルは、地道に聲を撃ち続けて、色々と学んでいる。この継続がいずれブリングルに、大きな成果を齎す日が来る事だろう!

 第1回から、全て各回、1時間余り、立ちっぱなしで、聲を撃って来た。

去る8日は、初めて座ったまま聲を撃ち始めた。

途中から聲が落ち始めた。

いくら水を飲んでも、聲ノ力は、回復して来ないと、終わった後に話してくれた。

座ったら、途中で立てない状態になったと言うことにも気が付いたブリンゲル。

一歩、一歩と歩を確実に進めている。

少し続けさせて聲を撃ち込んで貰おう!

年末には、聲が出来て来るのではないか!

聲を見て行くのは面白い!

聲の成長を見るのは、楽しいことだ!

今秋には、新刊の第2詩集の準備も進めているブリンゲル!

どんどん聲を撃ち込んで行けば、良いのだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/15

今年、80歳に為ろうとしている詩人禿 慶子のプロジェクト参加 9回目の昨夜の聲!積み重ねて来た聲は、すくっと立ち上がって来ていた!6月7日の10回目の聲が楽しみだ!

 何があっても10回は唯ひたすらに、聲を撃ち続けることと詩人禿慶子に伝えた。

彼女は言いつけを守り、本当にひたむきに聲を様々な場に、撃ち込んできた成果がはっきり出て来た。

そんな続けてるだけで、聲が出るようになるのかとの、問いに対しては、詩人禿慶子の肉聲を聴いて頂きたい。

それが答えだ!

6月7日の大10日目の参加の聲を、期待したい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/13

大津市在住の詩人北原千代 6月29日(金)第780回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、2回目の参加!駒込の宙に、2度目の聲を撃つ!

 天童大人プロデュース

  -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

大津市在住の詩人北原千代 2回目の参加。

このプロジェクトに参加して、地道に聲を撃ち続けて行くと聲が立ちあがってくるのだ。

唯ひたすらに聲を撃つ!これがまた難しいのだ。

2回目、同じ場で、どんな聲を撃つのか、乞うご期待!

予約・問い合わせは
東京平和教会(駒込)〒170-0003豊島区駒込1-28-8
JR駒込駅東口下車徒歩1分
           ℡&Fax03-5978-5454

北十字舎 ℡03-5982-1834 Fax03-5982-1797
  携帯090-6181-0556(AM9:00~PM20:00通話可能)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

作家稲葉真弓 6月28日(木)午後7時から第779回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、17回目の参加!初めての場、京橋のギャルリー東京ユマニテの宙に、自作を聲に乗せ、撃ち込む!

 天童大人プロデュース

 ー「目の言葉」から「耳のコトバ」へー

作家稲葉真弓のここ数年の活躍には目を瞠るものが在る。

プロジェクト参加も、早いもので17回目!

2008年川端賞・2010年芸術選奨文部科学大臣賞・2011年谷崎賞と立て続けに受賞している作家稲葉真弓。

今回は短編を中心に、新しくなったギャルリー東京ユマニテの場に、聲を撃つ!

どんな聲を聴かせてくれるのか、乞うご期待!

予約・問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ〒104-0031中央区京橋2-8-18
   昭和ビルB2
     Tel03-3562-1305 Fax03-3562-1306
携帯090-6182-0556(AM9:00~PM20:00通話可能)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人の天沢退二郎 6月27日(水)午後7時から、第778回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、14回目の参加!新しい場、ギャルリー東京ユマニテの宙に、初めて聲を撃ち込む!

天童大人プロデュース

 ー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

フランス文学者で詩人の天沢退二郎 14回目の参加!

新作を中心に、新しいギャルリー東京ユマニテの場で、どんな聲が聴けるのか。

乞うご期待!

予約・問い合わせ
ギャルリー東京ユマニテ〒104-0031中央区京橋2-8-18
昭和ビルB2
℡03-3562-1305 Fax03-3562-1306

北十字舎 ℡03-5982-1834 Fax03-5982-1797
携帯090-6181-0006(AM9:00~PM20:00通話可能)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロシアの現代の詩の翻訳家で、詩人のたなか あきみつ 6月21日(木) 午後6時半から、第777回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、21回目の参加!京橋のギャルリー東京ユマニテの宙に、ノーベル賞詩人ヨシフ・ブロツキイの詩篇「サンピエトロ」他を、聲に乗せ、撃ち込む!

天童大人プロデュース

 -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

現代のロシア詩の翻訳家で詩人のたなか あきみつ 21回目の参加!

もうプロジェクト参加回数が、20回を超えた詩人たなか あきみつの聲。

今回は、ノーベル賞詩人ヨシフ・ブロツキイの「サンピエトロ」ほかを、聲に乗せて撃ち込む!

毎月、詩作品を訳し、テキストを制作し配布して、聲を撃ち込み続けているのだ。

早ければ年内に、『ヨシフ・ブロツキイ詩集』が、完成する筈だ!

一度、たなか あきみつの重厚な聲で、原詩を聴きながら、訳者自身の聲で、聴くことをお薦めする!

得難いモノを得る絶好の樹会!

他には無い、貴重な肉聲を聴ける世界でも珍しい場なのだ!

是非、御参加下さい!

予約・お問い合わせ
ギャルリー東京ユマニテ 〒104-0031中央区京橋2-8-18昭和ビルB2
  ℡03-3562-1305 Fax03-3562-1306

北十字舎 ℡03-5982-1834 fax03-5982-1797
携帯090-6181-0556(AM9:00~PM20:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月6日 - 2012年5月12日 | トップページ | 2012年5月20日 - 2012年5月26日 »