« 2012年5月20日 - 2012年5月26日 | トップページ | 2012年6月3日 - 2012年6月9日 »

2012/06/02

金環日食を見られた地域は、1年余り、あらゆる災害が起こり、襲いかかっても驚くことはない。人間の力で、自然に対して、如何に無力なのは、昨年の3・11で、痛感させられた筈なのに、まだ平気で、原発を再稼働させようとしているすべての関係者は、最早、想像力のある人間では無い!何時の間に人間もどきに、この国は握られたのか!何とかしないと日本は、本当に消えて行く道筋に進んでいる!

 知人の一人が家で、金環日食を見て、会社に行き、中に入ったら、倒れ、それ以来体調を崩して、欠勤して居ると言う。

21日の朝、6時半発の羽田発、福岡行きの機内でも、窓からスマートフォンで、金環日食を撮影していた者がいたが、スマートフォン自体、故障はしないのだろうか?

処で、何故、今、増税が必要なのか?増税したら、日本経済は間違いなく、停滞して行く!

見えないのだろうか?

その前に国会議員の削減、歳費削減等、やることが沢山有るだろうに!

桜島も爆発しているし、阿蘇も霧島も富士山も動き始めているが、対策が全く見えて来ない。

日本の海岸線を埋め立てて、造成した土地もどきは、やがて全て消え去ることになる。

この山の民の国は!

除染など行なっても、未だ止められない福島原発が在る限り、無駄な事だ!

福島原発の周りの東電の敷地内に、瓦礫を積み上げて置けばいいのだよ!

今の処は。福島原発から数十キロは立ち入り禁止に!

生き抜くためには必要なことかも。

これからどんな災害が、この島国の無辜の民たちに降りかかるのか?

誰にも分らない!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/01

久し振りに男子バレーを見たら、第1セットから、吠えていて可笑しくなった!馬鹿か日本の男子バレーの選手たちは!聲を出せば、気力が抜けて、フルセットに持ち込まれたら、戦いきれないぞよ!

 植田監督は、何を教えているのかね?

気を貯めることを教えないと、こんな頭の悪い選手ばかりでは、世界は無理じゃよ!

井の中の蛙だよ!このチームは!ネックレスなんかコートの中では身に付けさせない方が良い!

強いなら良いが、弱すぎるからね!

あの選手たちの雄叫びは、敵地でも出来るのかね!

先ずは、試合前から負けているよ!

負け犬遠吠えだよ!

メンタル面で、弱いね、この日本代表とは、名ばかりだね!

武術家の誰か?このチームに呼吸法を教えてあげたら良いのだ!

勇ましさも、第3セットで、息切れとは、全く情けない。

勝負は、試合前に、すでについて居たのだ。

サーブミスの問題だったら、ミスしまくった山本など、さっさと替えるべきだったのだよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月・7月のプロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」の公演スケジュール表です。7月参加の詩人は、チラシを早急に制作して、北十字舎にお送り下さい。6月の初参加は大崎清夏、7月は、後藤理絵、京都の福田知子の御二人です。乞うご期待下さい!

天童大人 プロデュース 詩人の肉聲とコトバとを聴く! 

プロジェクト La Voix des Poètes (詩人の聲)

―肉聲の復権を求めて!「目の言葉」から「耳のコトバ」へー       
               
   6月 

第765回6月2日(土) ギャラリー街角(国立) 長谷部裕嗣(3)

第766回6月4日(月) ギャラリー街角(国立) 大崎清夏(初参加)

第767回6月6日(水) ギャラリー街角(国立) 神泉薫(27)

第768回6月7日(木) Tree House(下高井戸) 禿 慶子(10)

第769回6月8日(金) ギャラリー街角(国立) 筏丸けいこ(12)

第770回6月9日(土) ギャラリー街角(国立) 野間明子(8)

第771回6月11日(月) Hispanica(溜池山王前) 天童大人(29)

第772回6月12日(火) ギャラリーミハラヤ(銀座) 高岡淳四(4)

第773回6月13日(水) Star Poets Gallery(三宿) 柴田友理(3)

第774回6月14日(木) ギャラリーミハラヤ(銀座) 杉山まゆ奈(3)

第775回6月17日(日) 数寄和(西荻窪) 坂上弘(3)
(この回に限り、開場15:30 開演16:00 ですので、ご注意ください。)

第776回6月20日(水) ギャラリー東京ユマニテ(京橋) 紫圭子(14)

第777回6月21回(木) ギャラリー東京ユマニテ(京橋) たなかあきみつ(22)

第778回6月27日(水) ギャラリー東京ユマニテ(京橋) 天沢退二郎(14)

第779回6月28日(木) ギャラリー東京ユマニテ(京橋) 稲葉真弓(17)

第780回6月29日(金) 東京平和教会(駒込) 北原千代(2)

       7月

第781回7月2日(月) Hispanica(溜池山王) 原田道子(22)

第782回7月6日(金) ギャラリーミハラヤ 森川雅美(11)

第783回7月10日(火) ギャラリーミハラヤ 竹内美智代(13)

第784回7月11日(水) ギャルリー東京ユマニテ 田中健太郎(20)

第785回7月12日(木) ギャルリー東京ユマニテ ブリングル(4)

第786回7月13日(金) ギャラリーミハラヤ(銀座) 柴田友理(4)

第787回7月14日(土) 数寄和(西荻窪) 建畠晢(5)
(この回に限り 開場18:30 開演19:00 ですので、ご注意ください。)

第788回7月17日(火) ギャラリーミハラヤ(銀座) たなか あきみつ(23)

第789回7月18日(水) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 田中庸介(18)

第790回7月19日(木) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 伊藤比呂美(12)

第791回7月20日(金) ギャラリーミハラヤ(銀座) 長谷部裕嗣(4)

第792回7月24日(火) ギャラリー華(広尾) 大崎清夏(2)
第793回7月26日(木) Star Poets Gallery(三宿) 後藤理絵(初参加)

第794回7月27日(金) 東京平和教会(駒込)  禿 慶子(11)     

第795回7月30日(月) NPO法人東京自由大学(神田) 福田知子(初参加)

第796回7月31日(火) 東京平和教会(駒込) 野村喜和夫(7)   

(8月に続く)
    
*開演時間は、各会場で異なりますので、御注意下さい。

東京平和教会(駒込駅東口1分),ギャラリー街角(国立))は,開場18:00 開演18:30

      Hispanica(溜池山王)は、開場18:10 開演 18:30 

  ギャルリー東京ユマニテ(京橋)、Star Poets Gallery(三宿), ギャラリー華(広尾),ギャラリーミハラヤ(銀座),Tree House(下高井戸) NPO法人東京自由大学(神田)は
開場18:30開演:19:00

,  入場料 予約  大人2,700円 当日  大人3,000 円
学割1,500円 (学生証呈示) 小・中学生 (無料 保護者同伴)

*御予約は直接、各会場か北十字舎へFaxかE-mailでお申し込み下さい。

参加:画廊:その他 
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)  104-0031中央区京橋2-8-18昭和ビルB2
Tel03-3562-1305,Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
http://g-tokyohumanite.jp

Star Poets Gallery(三宿154-0004 世田谷区太子堂1-1-13,佐々木ビル2F-D
Tel &Fax03-3422-3049
E-mail:collect@star-poets.com URL: http:www.star-poets.com/

NPO法人東京自由大学(神田)〒101-0035 千代田区神田紺屋町5 TMビル2階
 ℡ 090-6497-5030(岡野)  090-3696-7098(天童)

ギャラリー華(広尾)    106-0047 港区南麻布5-1-5
℡&fax 03-3442-4584
E-mail: gallery-hana@nifty.com
URL:http//homepage2.nifty.com/gallery-hana/

数寄和(西荻窪) 〒167-0042 杉並区西荻北 3-42-17
℡03-3390-1155 Fax03-5311-7260
www.sukiwa.net

Hispanica(溜池山王前) 〒107-0052 港区赤坂2-2-19 アドレスビル1F
銀座線・南北線「溜池山王」駅下車8番出口の前のビルの内,徒歩0分
℡:080-4119-9711(神田) ℡:090-3696-7098(天童)

東京平和教会(駒込チャペル)  〒170-0003 豊島区駒込1-28-8
℡&Fax03-5978-5454
JR駒込駅東口下車 徒歩1分

ギャラリーミハラヤ   〒104-0061 中央区銀座1-4-6 紅雀ビル1F(並木通り)
℡&Fax03-3564-4466
http://www.gallerymiharaya.com/
   
Tree House(下高井戸)  〒156-0043 世田谷区松原3-21-12
℡&Fax 03-3322-3418(峰岸) 
   
ギャラリー街角(国立市)  186-0001国立市北1-2-40 (国立駅北口徒歩1分)
℡&Fax 042-577-0370
http://www.geocities.jp/kinsizen/machikado_top.html

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎 / Tendo Taijin Bureau
171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
Mobil (au): 090-6181-0556 (AM9 :00~20 :00通話可)
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロジェクト「La Voix des Poèts(詩人の聲)」に、贈られた詩書たちです。有難うございます。今後のプロジェクトに活用させていただきますので、今後とも宜しく、お願致します!

寄贈された詩書たち(46)2012・5・01~5・31

詩誌

小野ちとせ「プリズム」13号

谷口ちかえ「詩と思想」2011年9月号

勝野郁子「Parabole パラボルー放物線」第12号

福田知子「Mèlange」Vol.12(めらんじゅの会)

福田知子「Mèlange」Vol.13(めらんじゅの会)

小林弘明「ひょうたん」45

小林弘明「鹿首」第2号

小林弘明「カラ」11・12

井崎外枝子「笛」260号

香山雅代「Messier」39

詩集・歌集・句集・小説

峰岸了子『思いを胸に』(私家版)重石佐和子著

福田知子『ハダカの螺旋』(宝塚出版)

福田知子『単体の空 1987-2000』(風来舎)

福田知子『詩的創造の水脈』(晃洋書房)

高谷和幸『回転子』(思潮社)

中村文昭『オルフェの女・・・六死美人図と、』(えこし会企画編集室)

北原千代『ローカル列車を待ちながら』(土曜美術社出版販売)

北原千代『スピリトゥス』(土曜美術出版販売)

その他

杉山睦子「ゆきのまち通信」2012.5-6 Vol.140


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/31

新藤兼人監督が亡くなられたとの新聞記事を見て、映画「裸の島」の切符を、出演した俳優殿山泰司の娘が、同級生。彼女に頼まれて「裸の島」チケットを学院内で売歩いたことを思い出した。

 俳優殿山泰司の娘貴恵子が文化学院文科の66年卒の同級生だった。

独立プロ近代映画協会がお金がないので、映画のチケットを売らなくてはならないとことで、売ることにした。

100枚以上は売ったのではなかったか。

あの映画「裸の島」は、本当の名作だった。

あの映画を2004年のマリ国際詩祭の時、ホテルの客室で見た。

あの白黒の映像が、脳裏に焼き付いているのだ。

何時まで経っても古くはならない映画だった、「裸の島」は!

今でも日本の本当の姿は、裸の島の時と、変わりはしない。

便利さを取り除けば!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/30

「長崎新聞」を検索して、「動画サービス」をクリックすると、21日に、挙行された第23回「天童大人 聲ノ奉納 in 対馬・和多都美神社ー一の鳥居ー」の映像が、「天童大人 声」に、出て来て、クリックすると詩作品「時を超えて」を聲に乗せているのが、逆風に向って、撃ち込んでいる聞こえて来る!

 ところが私のパソコンでは、竹内美智代の聲は聴こえたたが、その後に続く紫圭子の聲と、私へのインタビューが聴こえないのだ。
聴こえないと言うより、その先に進まないので、何を話したかが全く、分からないのだ。

今日になって、別なパソコンで、閉ざされていた部分がやっと聞けたし見れた。

最後のインタビューに私が、マイクを握って、振りましているのを見て、これは拙い図柄だと思った。

これはケーブルテレビの女性記者が、映像を取りたいので、代りに、マイクを持ってくれないかと言うので、持ったのだ。

だから一の鳥居の上からの聲も、マイクをも用いていると思われるのは、心外だと、思う。

しかし、聲を練ると言うことが、どんな事かはっきり分かった。

「肉聲」は、本当に、奥行きが深い。何処まで行くのか!

何処へ行く着くのか、皆目分からないのだ。

海外に、武者修行をしに行かなくてはならないだろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/27

21日に対馬・和多都美神社で挙行された、第23回「天童大人 聲ノ奉納 in 対馬・和多都美神社」の一部が、長崎新聞の動画ニュースで見れると、親しい友人が教えてくれた。逆風の中での聲ノ奉納の一部だが、感触だけは?分かるかな?是非、ご覧下さい!

 長崎新聞の動画ニュースで、21日の対馬の聲ノ奉納が、配信されているとは、今の今まで、全く知らなかった。

持つべきは親しい友人か!

風が強く、ノーマイクで逆風の中、良く聲が通っているし、響きも有るのだが、今年は、例年と異なり、チト勝手が違って、聲が違う波動を受けて変質していた。

1回性の極致だからだが、こうして撮影されて居るなど知らないでの自分の聲を、改めて聴いてみるのも、学びの一つなのか!

ありがたいことだ!

来年は対馬の後に、九州の聖地で、聲を撃ち込みたいものだ!

今回は、対馬は、和多都美神社と海神神社、宗像神社の高宮の奥の禁足地に為っていた奥院。大宰府史跡跡と4個所。布刈神社は、磁場が低く取り止めた。

こんな観光ではない、「聲ノ奉納」の旅も悪くは無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月20日 - 2012年5月26日 | トップページ | 2012年6月3日 - 2012年6月9日 »