« 2012年7月15日 - 2012年7月21日 | トップページ | 2012年7月29日 - 2012年8月4日 »

2012/07/28

詩人禿 慶子 9月4日(火)午後7時から、第812回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、12回目の参加!初めての場に、どんな聲を撃ち込むのか?乞うご期待!

天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

間もなく80歳に為る詩人禿慶子の聲を7月27日に、聴いた。

プロジェクト参加11回目の聲は、驚くほど力強く、伸びがあり、第1回の緊張から解き放たれて、お驚く聲の幅を聴かせてくれた。

もう5分や10分での朗読会などでは、聲を撃つ気には、ならないだろう!

躰が1時間余り、聲を撃つことを欲求しているのだ。

こうなると聲を撃つことが、楽しく為ってくる筈だ。

やはり11回が新たなスタートラインと言う気が、27日の禿慶子の聲を聴いてつくづく思った。

地道に続けて、聲を撃ち込んでいる者の強さを、まざまざと知った。

さて12回目の詩人禿慶子、初めての空間で、どんな聲を刻むのか!

乞うご期待!

予約・お問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ ℡03-3562-1305
Fax03-3562-1306

北十字舎 ℡03-5982-1834 Fax03-5982-1797
携帯090ー6181-0556(AM9:00~Pm20:00迄通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/26

詩人竹内美智代 9月3日午後6時半から、第811回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、15回目の参加。初めての場で、どんな聲を撃ちこめるのか!乞うご期待!

天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

詩人竹内美智代、15回目の参加!

コツコツと積み重ねて行くとキチンと聲が出て来るようになる。
その証しの一人が詩人竹内美智代の聲だ。

1947年生まれの女性詩人は、本当に元気だ!

紫圭子も原田道子もだ、元気いっぱいだ!

さて新しい詩集を準備している詩人竹内美智代。

初めての場で、どんな聲を撃つのか?楽しみだ。

予約・お問い合わせは
Hispanica(溜池山王前)〒107-0052 港区赤坂2-2-19
アドレスビル1F
       ℡080-4119-9711(神田)

北十字舎℡03-5982-1834 Fax03-5982-1797
携帯090-6181-0556(AM9:00~20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/24

石川近代文学館から、オリジナル文庫第2弾 『広津里香詩集』(980円税込)が、20冊届いたので、プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」で、取り扱うことにした。参加詩人の金沢在住の詩人井崎外枝子が編集に参加しているのだ。

 広津里香と井崎外枝子と高校時代の同級生だったことは、知らなかった。

1967年二、再生不良性貧血症が急性化し、29歳で亡くなった。

今、生きていれば74歳。

絶版で読むことが出来ない詩作品が、この洒落た文庫版で読めるとは、思わなかった。

当プロジェクトでも、取り扱いをいたします。

是非、各回の開催時に、販売致しますので、お買い求めください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イチローがヤンキースに、シーズン半ばで、移籍!9:55分のNHKニュースで、イチロー自ら語るのを見て驚いた!背番号は31。今後のイチローは、活躍するぞ

 シーズン半ばでのヤンキースへの移籍。

驚いたが、そうでもないね、との不思議な感覚。

何故だろう!

イチロー自身が言うように、一番弱いチームから、一番強いチームに。

気分一新は、今のイチローに、相応しいのかもし入れない。

新天地でのヤンキース。あの縦縞のユニフォーム姿のイチローを早く見てみたい。

背番号は31 !

この番号は、今後のイチローは、目を見張る活躍が期待できるぞ!


いっその事、日本政府の首脳も、何処かと、トレードしたら良いのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/23

『広津里香詩集』(石川近代文学館刊)が、編集人のひとり、金沢在住の詩人井崎外枝子から、送られて来て、広津と井崎が高校時代の同級生だったことを初めて知った。

 今、石川近代文学館で、前期4月21日~7月31日、後期8月1日~8月19日 「傷みと輝き 青春の文学展」が開催されていて、第1室が広津里香 その生涯と作品、が展示されている。

広津里香が、1967年 再生不良性貧血により29歳の若さで亡くなったが、その後、詩画集、詩集、画帖などが二十数年間で15冊、刊行されている。

この『広津里香詩集』、文庫版は、里香の同級生で詩人の井崎外枝子と上田正行国学院大教授とが編集し、石川近代文学館刊 定価980円(税込)。

この本は、プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」で、届き次第、取り扱います。

是非 御購読いただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月15日 - 2012年7月21日 | トップページ | 2012年7月29日 - 2012年8月4日 »