« 2012年9月2日 - 2012年9月8日 | トップページ | 2012年9月16日 - 2012年9月22日 »

2012/09/15

肉聲は恐ろしい!8月6日の第800回 プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」で、聴いた88歳の詩人平林敏彦の肉聲に、今でも魅了されているのだ。価値ある聲だった。参加詩人は、より多くの参加詩人の肉聲を聞いて、学ぶことだ!

 昨夜、某月刊誌に寄稿する文章のゲラ刷りが、届いて、文章を読み直しながら、改めて88歳の詩人の聲を、想い出した。

流れ出した肉聲には、ふくよかな心地よい波動があり、この聲が本当に88歳の詩人の聲なのかと、何度も二灯のしたで、唯ひたすらに聲を撃ち込んでいる詩人をみた。

この聲が出せるならあと20年余りは、聲を出し、撃ち込み続けることが出来る訳だ。

女性なら、今年、80歳になると言う詩人禿慶子の聲だ。

プロジェクト参加詩人は、こぞって聴かれたら良いのだ。

そこには多くの学びがある。

学ばない者は、脱落して行く。

昨年の5月に聲を出した日本でも有名な朗読家 幸田弘子の某画廊のオーナーから、CDを頂いたので、聴いてみてガッカリした。
幸田弘子は1932年生まれだから、昨年は79歳。

艶も華もない、ただの平面的な声で、何故、この人のこの聲が、認められて来たのか良く分からない。

この聲が日本の朗読家の聲なら、82歳の詩人白石かずこの聲、79歳の詩人禿慶子の聲、78歳の渡辺宗子の聲を、幸田弘子は聴いて、学んだら良いのだ。

自分の作品を聲に乗せるのと、宮沢賢治や源氏物語を語るのとは、大きな違いがあるのだ。

プロジェクトに参加詩人のひたむきな聲は、大きく広がり始めた。

地道に続けて聲を撃ち込んだ詩人しか、残って行かないのかも知れない。

う~ん!

聲を撃ち込むことを、甘く見てはいけないね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/14

詩人・朗唱家の天童大人 10月16日(火)午後6時半から、第836回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、31回目の参加。初めての会場。駒込の東京平和教会に、聲を撃ち込む!

天童大人プロデュース

第836回 プロジェクト「La Voix des oètes(詩人の聲)」

肉聲の復権を求めて!-「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

天童大人 UNIVERSAL VOICE®公演

今、「聲ノ力」とは何か! 

日時:2012年10月16日(火) 入場18:00 開演18:30

入場料: 予約 大人 2700円 当日 大人 3,000円 
 学生 1,500円(学生証呈示)  小・中学生 無料 (保護者同伴)

場所:東京平和教会2F(駒込)
    〒170-0052 豊島区駒込 1-28-8 JR駒込駅東口下車徒歩1分
℡ 090-6181-0556(AM9:00~PM20:00迄 通話可)

北十字舎:℡03-5982-1834 Fax03-5982-1797、携帯090-3696-7098
URL:http:universalvoice.air-nifty.com/ E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com

略歴 天童大人(TENDO TAIJIN:詩人・朗唱家・字家®)

詩集『玄象の世界』(永井出版企画):『エズラ・パウンドの碧い指環』(北十字舎):『大神 キッキ・マニトウ』(北十字舎):『玄象の世界抄』(北十字舎):『Rosso dei Majjio(赤い五月)』(Edizioni dArte Severnini.Milano/ITALY)
『LA VOIX DES LA VOIX DES LA TOUR』(Edition PRIVEE):『The Wind of Dakar(Selected Poem)』(Privately Published)』
:『EL VIENTO DE DAKAR(ダカールの風)』(白鳳社))

版画集:「oh-doubi」,「Letter Scape」(共に、Edizioni dArts Severginini・ミラノ・イタリア)

1973年7月、スペイン・ピレーネ山頂で、「太陽の啓示」を受け、「聲ノ力」に開眼。

1983年2月、日本の詩人らを誘い、肉聲の復権を目指す!「北ノ朗唱」を(~92年)10年間行う。

1987年9月、ケネディ・センターのジュリアン・プール女史に「UNIVERSAL VOICE」と命名される。

1990年5月、「聲ノ奉納 in対馬・和多都美神社」を開始する。今年、5月21日、23回目を挙行
     7月 ケネディ・センターのNo.2 ジュリアン・プール女史の推薦で、ザルツブルグにてソプラノ歌手 ガリーナ・ヴィシネフスカヤ教授(ソプラノ)のマスター・クラスを受講。

1997年7月 第7回メデジン(コロンビア)国際詩祭に招かれ、国際交流基金の助成を受け、世界にデビュー。それ以後、世界各地の国際詩祭に、10年3月迄に、19回招待参加。

2002年3月 イタリア・ヴェローナ 「春の詩祭」の内、アレーナ(野外闘技場)で、単独公演を挙行。
                                      朗唱会・字展・写真展、その他、多数

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/13

昨夜の日本テレビ、所さんの、笑ってコラえて「閉局間近ローマ支局SP」に、ヴェローナのアレーナが出来て、野外オペラの会場が、映し出され、10年前の2002年3月、私が経って、聲を撃ち込んできた場、「皇帝の場」が、映し出され、懐かしく想い出された!

 いや、あのヴェロ-ナのアレーナでの公式な公演は、画家KEIZOの言っていたとおり、貴重な経験だった。

あの会場でしか味わえない空間、とでも言ううべきか。

あのアレーナに、自分の聲が、満ちて響いて行く感覚は、何処でも得られるものでも、経験でもない。

それに匹敵する空間と場は、対馬の和多都美神社・海中の一の鳥居だ。

これは、地元の人間には、分からないのだ。

良い空間だ。

昨日、日向の大御神社に友人が訪れ、龍を沢山見れたと伝えてきた。

面白いことが、沢山、起こりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

100年前の今日、明治天皇が大喪、乃木希典、静子夫妻が殉死した。そして2年後、第一次世界大戦がはじまる。今の世界中がきな臭い状況は、当然のことか!

 国内外と、騒がしくなってきた。

ドナルド・キーン氏が言うように、今は、文豪が居ない、と言われたが、文豪だけでは無く、あらゆる分野が、小粒なのだよ。全てでね。

政治家らしい人物は、皆無。

私利私欲が顔に書いている御仁ばかり。

争い事と、利益追求に明け暮れていてばかりでは、何が楽しいのやら。

かってアメリカのハリケーン、カトリーナの復興が遅れているアメリカの行政のことを言ったが、この列島は、もっと酷い。酷過ぎる。

外面の良いのも良いが、被災した人も救えない、とは本当に情けないこと。

日本赤十字社への東日本災害寄金は、どうしたのか?その後のお金の行方へを、マスコミも追及して居ないのは、何故かね。

何が引き金になり、戦争になるのか、分からないきな臭い政情になって来ている。

どうなるのか?この列島は!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/11

松下忠洋郵政・金融担当相が自宅マンション内で首をつって倒れていて、亡くなったと言う朝刊の東京新聞の記事を読み、夕刊には、何故かこの事件の記事は一切ない。この国の政府の内で、今、何が起こっているのか?

 現役の郵政・金融担当相が、自殺するとした、どれほど大きな問題が起っていたのか、と考えるのが普通である。
どんな問題があるかは、何れ時間が、薄くても分かるだろう?

何故、松下忠洋が首をつったのか?

死に方は、何通りもあるし、選ぶことが出来る。

その中で、首つりを選んだと言うことは、深い意味があるのだが、それはここでは言わない。


本当に、自殺する必然的な事があるとは、到底思えない。

三通の遺書、など幾らでも出来るだろう。

郵政・金融問題で、公に出来ない案件が潜んでいたと言う事だろう。


野田佳彦の対応の仕方も、とおり一遍で、人が首をくくるという意味を理解できない、出来そこないの人間もどきと言うことがはっきりした。

愈々、人間もどきの者たちで、4年の契約社員の席を争う戦いが始まる。

皆、屑見たいものたちが、吠えているが、どれ一つとして、まともな吠え方も出来ない。

一度、吠え方でも教えてあげようか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人柴田友理、7回目の参加! 10月13日(土)新しい自由ガ丘の画廊 Cache-cache dArt で、午後3時半から、初めて聲を撃つ!この回でプロジェクトの6年目は終わり!次回から、愈々、この肉聲の復権を求めるプロジェクトも、7年目に入る。今後の展開に、乞うご期待!

天童大人プロデュース -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

詩人柴田友理 早いもので7回目の参加!

この新しい会場は、柴田友理が捜して来た新しく出来た画廊。捜して来た詩人柴田友理に口火を鑚って頂くことにした。

この会場の主人は、須賀敦子のお弟子さん。

どんな出会いが。この会場から産まれるのか。

この会で2006年10月14日から始まっは、6年目を無事に終わり、次回からこのプロジェクトは、7年目に突入する!

今後の展開に、乞うご期待を!

予約・お問い合わせ

Cache-cache dArt〒158-0083 世田谷区奥沢5-21-10
Tel 090-3455-2111(西端)

北十字舎 ℡03-5982-1834 Fax03-5982-1797
携帯090-6181-0556(AM9:00~PM20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/09

詩人森川雅美 10月11日(水)午後7時から、第834回プロジェクト「La Voix des Poètees(詩人の聲)」に、12回目の参加!京橋の初めての会場に、自作詩と散文とを聲に乗せ、宙に撃ち込む、乞うご期待きたい!

天童大人プロデュース -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

詩人森川雅美 12回目の参加。

未刊詩集『天丼譚』他を、聲に乗せ、京橋の宙に、どう撃ち込むのか、乞うご期待!

西脇順三郎の会の会報「幻影」に掲載した、西脇についての散文も聲に乗せるとか!

予約・お問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ〒中央区京橋104-00312-8-18
        Tel03-3562-1305 fax03-3562-1306

北十字舎 ℡03-5982-1834
  
     Fax03-5982-1797
  携帯090-6181-0556(AM9:00~PM20通話可)   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月2日 - 2012年9月8日 | トップページ | 2012年9月16日 - 2012年9月22日 »