« 2012年9月9日 - 2012年9月15日 | トップページ | 2012年9月23日 - 2012年9月29日 »

2012/09/20

詩人高野民雄 10月18日(木)午後7時から、第838回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」二、10回目の参加。新詩集『空の井戸』(思潮社刊)を、聲に乗せ、京橋の宙に、撃ち込む!乞うご期待!

天童大人プロデュース -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

詩人高野民雄 コツコツと地道に続けて来て、遂に10回目に達し、聲のスタートラインに立った。

そして13年目の新詩集『空の井戸』を、近く思潮社から、刊行する。

今回は、この新詩集『空の井戸』を中心に、聲にの乗せて、撃ち込む。

どんな聲で、宙に撃ち込むのか、乞うご期待!

予約・お問い合わせ
ギャルリー東京ユマニテ〒104-0031中央区京橋2-8-18
昭和ビルB2
Tel 03-3562-1305 Fax 03-3562-1306

北十字舎 tel 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
携帯090-6181-0556(AM9:00~Pm20:通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/17

今夜、急遽、10月に、詩人禿慶子の聲を入れます。10月29日(月)、午後6時半から、第844回として、駒込の東京平和教会2Fで、開催します。是非 聴いてみて下さい!

先日、某画廊の主人から朗読家の幸田弘子のCDを頂いた。

昨年の5月に録音されたされたものだ。


幸田弘子、とは、朗読家として高名な方で、確か詩人那珂太郎さんの教え子。

詩人吉原幸子と同い年。

頂いたCDを聴いて、驚いた。

この朗読家は、いったい今まで、何をして来て、朗読家と名乗って来たのか?

艶も、深みもない、平面的な、何ら魅力もない聲。

驚いた、本当に驚いた。

朗読とか、朗読家とかは、名乗りたくないモノだ。

詩人禿慶子の聲。凛々しい聲。まさに詩人の聲だ!


鍛え続けて行かなければならない詩人の聲に参加の詩人たちは!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人で現代ロシアの詩 翻訳家のたなか あきみつ 10月17日(水)午後7時から、第837回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、26回目の参加!京橋の宙に、ノーベル賞詩人ヨシフ・ブロツキイの詩篇を、京橋の宙に、撃ち込む!

天童大人プロデュース -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

詩人でロシア現代の詩、翻訳家たなか あきみつ 26回の参加。
ノーベル賞詩人ヨシフ・ブロツキイの詩作品を訳し、聲に乗せ、撃ち込み続けてきた詩人たなか あきみつ。

2013年前期には、1冊の詩集として、訳しつづけてきた成果が、結実することだろう!

詩人たなかあきみつの聲も、原語のロシア語を読むのに相応しい聲になって来ている。

是非、一度、詩人たなかあきみつの聲で、ヨシフ・ブロツキイの詩世界を、ご堪能いただきたい。

予約・お問い合わせ
ギャルリー東京ユマニテ〒104-0031中央区京橋2-8-18
昭和ビルB2
Tel 03-3562-1305 Fax 03-3562-1306

北十字舎 Tel 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
継体-6181-0556(AM9:00~PM20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月9日 - 2012年9月15日 | トップページ | 2012年9月23日 - 2012年9月29日 »