« 2012年10月14日 - 2012年10月20日 | トップページ | 2012年10月28日 - 2012年11月3日 »

2012/10/27

旭川の石造りの劇場「河原館」!懐かしい名前だ。今朝(27日)の歌人福島泰樹の毎日新聞に連載中の「追憶の風景」のなかで、見つけた。

 この旭川の「河原館」で、公演をした。
1983年、詩人吉増剛造を誘い、厳寒の北海道を巡る肉聲の復権を求めた「北ノ朗唱」。

3年目の1985年、稚内での公演を終え、音威子府で、彫刻家砂澤ビッキのアトリエに、立ち寄らずに、近くの音威子府温泉に、宿を取った。

フロントで、ビッキの処へは、明日立ち寄れば良いね、と話したら、俺はここに居るぞと言う、答えが返ってきた。

驚いたのなんの、温泉に入りに来た、ビッキと涼子夫人がそこに居たのだ。

結局、家に戻る砂澤ビッキ夫妻と共に、アトリエに行くことにした。

石狩の大島龍、置戸の鈴木順三郎、旭川の林美詠子、吉増剛造、造形作家の矢萩由美子と私。

月明かりの下で、スノーモービルに乗って遊んだりしたが、ほどほどにして、宿に戻った。

翌日は、旭川の「河原館」での<「詩の大暗礁」河原館>が控えていたからだ。

翌日の公演には、話を聴いた砂澤ビッキ夫妻が、河原館まで、愛車シトロエンの2Vに乗って、聴きに来てくれた。

あの河原館の主人のことを、福島泰樹はこう書いている。

「内籐昭、筆名・塔崎健二。河原館を常設館とする劇団「河」の劇作家で演出家。」

塔崎、と言う名の響きには、覚えがある。「河」と言う劇団の名前も。

今、進行性筋ジストロフィーと言う難病に侵されていると言うのだ。


この歌人福島泰樹の「追憶の風景」には、既知の名前が出て来るので、読むのが楽しみだ。

それにしても様々な場で、歌人福島泰樹には出会う。

一度は何処の駅でだったが、新幹線の反対側のホームでとか。

この1985年の冬に、「初の北海道一周短歌絶叫コンサートが開催された八五(昭和六十)年の冬であった。」とあるが、我々の公演は、1985年3月8日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/24

「人形浄瑠璃はマイクがありませんけれど、何人まで聞こえるものですか」 「700人ぐらいなら肉声で十分です」 これは20日の毎日新聞に掲載された「永六輔その新世界」に掲載されていたコトバだ!

 この言葉は永六輔と豊竹咲大夫との会話だ。

人形浄瑠璃で、700人

日本の詩人の聲では、700の客席に、肉聲を届かせられる詩人は、何人いるだろうか?

上野の東京文化会館の大ホールで、1303人 小ホールで649人

今のように20~40人のスペースで、じっくり聲を練り上げておいて、機会が訪れた時には、思いっきり聲を撃つ!

それしかないのでは?

それか海外の国際詩祭に、武者修行に出向くかして、聲を鍛えなくてはならない。

考えたら、肉聲の世界は、歌舞伎・能狂言・人形浄瑠璃らの古典芸能しか無かったのだろうか?

そこに詩人の肉聲が加わる。本当のー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-に!

かってディラン・トマスの聲をレコードで聴いたことがあるのだが、凄かった!

肉聲を是非、聴いてみたかった。ガルシア・ロルカの肉聲も!

まだまだ考えることが、沢山有る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人・朗唱家の天童大人 11月30日(金)午後6時半から、第855回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、31回の参加!駒込の宙に、UNIVERSAL VOICEを、撃ち込む!

天童大人プロデュース -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

詩人・朗唱家の天童大人 プロジェクトに最多の31回目の参加。

これは新しい場で、聲を撃ち込み、場の情況を把握するためと予定していた参加詩人が、急病で代替え参加などがあり、最多参加になったが、それでも少ない。

出来れば聲を保つために、月1回は、キチンと撃ち込みたいものだが、それは許されない。

聲を保つには、常に撃ち込に続ける必要がある。

聲の先達詩人白石かずこが、今でも聲に力が有るのは、このプロジェクトに参加してから、肉聲で、1時間余り聲を撃ち込み続けてきたからだ。

古典芸能の人形浄瑠璃は700人ぐらいまでなら肉聲で十分です、と豊竹咲大夫が言っているのを読んだが、今、日本の詩人で700の客席で、聲を届かせられる詩人が、何人いるか?

では1200人では?

2400人では?

天童大人は、2006年7月、ベネゼエラ出開催された第3回カラカス国際詩祭で、800席、2400席で、ノーマイクで自
作詩を聲に乗せて届け、会場を熱狂の渦の中に。

当時の日本のベネゼエラ大使に尋ねられたら、証言されるだろう。

ともかく肉聲で、600席や1200席ぐらいの空間を肉聲で、聴かせる詩人の聲が20~30人欲しいのだ。

是非、一度、天童大人の肉聲を聴いて頂きたい。

予約・問い合わせは
東京平和教会 〒170-0003 豊島区駒込1-28-8
(JR駒込駅東口下車 1分)
       予約090-3696-7098Tendo

北十字舎 ℡03-5982-1834 Fax03-5982-797
   携帯090-6181-0556(AM9:00~PM20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/23

京都在住の詩人福田知子 11月29日(木)午後7時から、第854回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、4回目の参加!広尾の宙に、初めて自作詩を聲に乗せ、撃ち込む!

天童大人プロデュース -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

京都在住の詩人・評論家福田知子、プロジェクト参加も早いもので、4回目になる。

このプロジェクトに参加して、地道に聲を撃つことをからからリズムが産み出すまで、続けて行くと、聲が立ち上がって来るのだ。

それは過去6年間の実績が、雄弁に物がたっている。

1~3回ぐらいで、聲を撃ち込むことを止めた者達には、何も言う資格はない。

何がなんであろうが、10回を超えて、初めてスタートラインに立つことを意味する。

20回を超えると20回の聲のレベルが、30回を超えると30回の聲のレベルが分かる。

それでも未だ井の中の蛙なのだ。

何れ、一堂に会して聲を撃つ機会が有れば、その詩人のレベルは、公に、はっきり分かる。

今回は、新刊詩集『ノスタルギイ』(思潮社刊)を含めて、広尾の宙に聲を刻む!

予約・お問い合わせは
ギャラリー華  〒106-0047港区南麻布5-1-5
Tel&Fax03-3442-4584

北十字舎 ℡03-5982-1834 Fax03-5982-1797
  携帯090-6181-0556(AM9:00~PM20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/21

詩人柴田友理 11月22日(木)午後7時から、第853回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、8回目の参加!下高井戸の宙に、自作詩を撃ち込む!

天童大人プロデュース -「目の言葉」から「目のコトバ」へ-

このプロジェクト参加詩人の最年少詩人の柴田友理、8回目の参加。

早いもので、8回目になる詩人柴田友理。

少しづつリズムが生まれ始めているので、続けて聲を撃ち込んで貰うことにした。

少ないチャンスを確実にものにして、積み重ねて行く事が大事なのだ。

作品を沢山書いて、聲に乗せ、詩作品を精査して行くと、見えないモノが、見えて来る筈だ。

1時間余りの、聲を撃つことは、思いがけに作用が始まる。

落ち着いて、しっかりと聲を撃ち込むことだ!

予約・お問い合わせは
Tree House 〒156-0043 世田谷区松原3-21-12
Tel&Fax03-3322-3418(峰岸)

北十字舎 Tel03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
携帯090-6181-0556(AM9:00~PM20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人岩崎迪子 11月21日(水)午後7時から。プロジェクト「La Voix dees Poètes(詩人の聲)」に、9回目の参加!下高井戸の宙に、自作詩を聲に乗せ、撃ち込む!

天童大人プロデュース -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

詩人岩崎迪子 9回目の参加。

詩人筏丸けいこと共に、岩崎迪子に、早く復調して、どんどん詩を書いて貰いたいのだ。

聲を撃ち続けて行くうちに、躰からリズムを産み出す。

それまでじっと耐えて、聲を撃ち続けて行く事だ。

そこから新しいリズムが生まれて来る。

詩を、良い詩を書くことだ。その時が来る。

乞うご期待!

予約・お問い合わせは
Tree House 〒156-0043 世田谷区松原3-21-12
   Tel&Fax03-3322-3418

北十字舎 Tel03-5982-1834 Fax03-5982-1797
携帯 090-6181-0556(AM9:00~PM20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月14日 - 2012年10月20日 | トップページ | 2012年10月28日 - 2012年11月3日 »