« 2012年10月21日 - 2012年10月27日 | トップページ | 2012年11月4日 - 2012年11月10日 »

2012/11/03

詩人でフランス現代詩の翻訳者 有働薫 12月7日(金)午後7時から、第860回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、23回目の参加!京橋の宙に、古今の名詩を聲に乗せ、京橋の宙に撃ち込む! 

天童大人プロデュース -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

詩人でフランス現代詩翻訳家 有働薫23回目の参加!

新刊『詩人のラブレター』(ふらんす堂刊)を、聲に乗せる!
乞うご期待!

予約・お問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ〒104-0031 中央区京橋2-8-18
昭和ビルB2
Tel03-3562-1305 Fax03-3562-1306

北十字舎 tel 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
携帯090-6181-0556(AM9:00~PM20:00迄通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/02

鹿児島生まれの詩人竹内美智代 12月6日(木)午後7時から。第859回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に。17回目の参加、京橋の宙に自作詩を聲に乗せ、撃ち込む!

天童大人プロデュース -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

鹿児島生まれの竹内美智代 17回目の参加。

もしこのプロジェクトが無ければ、聲を撃ち込むことなど、考えたことが無かっただろうと思う。

ともかく詩人竹内美智代は、地道に聲を撃ち込み続けて来た。

その成果は、本人が一番知っていることだ。

鹿児島弁にも磨きがかかり、方言が活かされて来ている詩人竹内美智代の詩作品。

今回は、どんな聲を聴かせてくれるのか!
 
乞うご期待

予約・お問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ〒104-0031中央区京橋2-8-18
昭和B2 Tel03-3562-1305 Fax03-3562-1306

北十字舎Tel 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
  携帯090-61181-0556(AM9:00~PM20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人なかにし けふこ 12月5日(水)午後7時から 第858回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、なかにし けふこ 5回目の参加。初めて参加して聲を撃ち込んだ場所で、初心に戻り、聲を撃つ!

天童大人プロデュース -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

詩人なかにし けふこ 5回目の参加

気が先に走り、コトバが上手く参加者に届かない傾向がある詩人なかにし けふこ。

落ち着いて、聲を撃ち込み続けて行けば、修正が出来るだろう。

これが癖になると、何も伝わらなくなる。

さて今回、どれ位、修正されて聲を撃てるのか、乞うご期待!

予約・お問い合わせは
Star Poets Gallery 〒154-0004
世田谷区太子堂1-1-13 佐々木ビル2D-F
Tel&Fax 03-3422-3049

北十字舎 ℡03-5982-1834 Fax03-5982-1797
携帯090-6181-0556(AM9:00~PM20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/31

11月・12月の肉聲の復権を求めたプロジェクト「 La Voix des Poètes (詩人の聲) 」の公演スケジュールです。初参加は11月9日の米国詩人ジェフリー・アングルス、12月は20日の細田傳造のお二人です。明年3月までには900回に達します。今後とも、ご期待下さい!

天童大人 プロデュース 詩人の肉聲とコトバとを聴く! 

プロジェクト La Voix des Poètes (詩人の聲)

―肉聲の復権を求めて!―「目の言葉」から「耳のコトバ」へー     
  
       11月

第845回11月5日(月) Hispanica(溜池山王駅前) 田中健太郎(22)
(この回は開場18:10 開演18:30分ですので、ご注意ください。)
第846回11月7日(水) Star Poets Gallery(三宿) 有働 薫(22)

第847回11月8日(木) ギャラリー街角(国立) 原田道子(25)
(この回は開場18:00 開演18:30分ですので、ご注意ください。)

第848回11月9日(金) 東京平和教会(駒込) ジェフリー・アングルス(初参加)
 (この回は開場18:00 開演18:30分ですので、御注意下さい。)

第849回11月12日(月) ギャラリー街角(国立) 紫 圭子(16)
(この回は開場18:00 開演18:30分ですので、御注意下さい。)

第850回11月17日(土) 数寄和(西荻窪) 詩人病気の為、中止。


第851回11月19日(月) Tree House(下高井戸) 筏丸けいこ(15)

第852回11月21日(水) Tree House(下高井戸) 岩崎迪子(9)

第853回11月22日(木) Tree House(下高井戸) 柴田友理(8)

第854回11月29日(木) ギャラリー華(広尾)  福田知子(4)

第855回11月30日(金) 東京平和教会(駒込) 天童大人(31) 
(この回の開場18:00 開演は18:30分ですので、ご注意ください。)

         12月

第856回12月1日(土) 数寄和(西荻窪) 稲葉真弓(18)
(この回は開場15:00 開演15:30分ですので、ご注意ください。)

第857回12月4日(火) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 岩切正一郎(7)

第858回12月5日(水) Star Poets Gallery(三宿) なかにしけふこ(5)

第859回12月6日(木) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 竹内美智代(17)

第860回12月7日(金) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 有働 薫(23)

第861回12月10日(月) ギャラリー華(広尾) 田中健太郎(23)

第862回12月11日(火) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 天沢退二郎(15)

第863回12月12日(水) Hispanica(溜池山王前)  神泉 薫(30)
(この回は開場18:10 開演18:30分ですので、ご注意ください。)

第864回12月13日(木) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 福田知子(4)

第865回12月17日(月) Cache-cache dArt(自由が丘) 禿 慶子(14)

第866回12月19日(水) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 大崎清夏(4)

第867回12月20日(木) 東京平和教会(駒込) 細田傳造(初参加)
(この回は開場18:00 開演18:30分ですので、ご注意ください。)

第868回12月21日(金) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) ブリングル(7)

第869回12月22日(土) 数寄和(西荻窪)  高橋睦郎(10)
(この回は開場15:00 開演15:30分ですので、ご注意ください。)

第870回12月25日(火) Tree House(下高井戸) 原田道子(26)

第871回12月26日(水) Tree House(下高井戸) 筏丸けいこ(16)

第872回12月27日(木) Tree House(下高井戸) 柴田友理(9)

第873回12月28日(金) Tree House(下高井戸) 岩崎迪子(10)

             (2013年1月に続く)
 
*開演時間は、各会場で異なりますので、御注意下さい。

ギャラリー街角(国立),東京平和教会(駒込駅東口1分),開場18:00 開演18:30
     
Hispanica(溜池山王)は、開場18:10 開演 18:30 

ギャルリー東京ユマニテ(京橋)、Star Poets Gallery(三宿), ギャラリー華(広尾),

Cache-cache dArt(自由が丘) 開場18:30開演:19:00

,  入場料 予約  大人2,700円 当日  大人3,000 円
学割1,500円 (学生証呈示) 小・中学生 (保護者同伴無料)

*御予約は直接、各会場か北十字舎へFaxかE-mailでお申し込み下さい。

参加:画廊:その他 

ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 〒104-0031中央区京橋2-8-18昭和ビルB2
Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
http://g-tokyohumanite.jp

Star Poets Gallery(三宿) 〒154-0004 世田谷区太子堂1-1-13,佐々木ビル2F-D
Tel &Fax03-3422-3049
E-mail:collect@star-poets.com
URL: http:www.star-poets.com/

ギャラリー華(広尾) 〒106-0047 港区南麻布5-1-5
℡&fax 03-3442-4584
E-mail: gallery-hana@nifty.com
URL:http//homepage2.nifty.com/gallery-hana/

数寄和(西荻窪) 〒167-0042 杉並区西荻北 3-42-17
℡03-3390-1155 Fax03-5311-7260
www.sukiwa.net

Hispanica(溜池山王前) 〒107-0052 港区赤坂2-2-19 アドレスビル1F
銀座線・南北線「溜池山王」駅下車8番出口の前のビルの内,徒歩0分
℡:080-4119-9711(神田) ℡:090-3696-7098(天童)

東京平和教会(駒込チャペル)  〒170-0003豊島区駒込 1-28-8 2F
JR駒込駅東口下車 徒歩1分
(この会場の予約は、北十字舎(Tel090-3696-7098 Fax03-5982-1797に御連絡下さい)

Cache-cache dArt(自由ガ丘)  〒158-0083 世田谷区奥沢5-21-10
(カシュカシュダ―ル) ℡080-3455-2111(西端)

ギャラリー街角(国立市)  186-0001国立市北1-2-40 (国立駅北口徒歩1分)
℡&Fax 042-577-0370
http://www.geocities.jp/kinsizen/machikado_top.html

Tree House(下高井戸)  〒156-0043 世田谷区松原3-21-12
℡&Fax 03-3322-3418(峰岸)
 
予約・お問合わせ・その他は:

北十字舎 / Tendo Taijin Bureau
171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
  ℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
Mobil (au): 090-6181-0556 (AM9 :00~20 :00通話可)
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月に,プロジェクトに対して、寄贈された詩書たちです。お送り下さって有難うございます。プロジェクトに役立たさせていただきますので、今後とも宜しく、お願い致します。

寄贈された詩書たち(51)2012・10・01~10・31

詩誌

菅原みえ子「韻」vol.20

鈴木孝「宇宙詩人」No.17

紫 圭子「宇宙詩人」No.17

須藤あきこ「エディデヤ」2号

有働 薫「repure」15号

たなか あきみつ「エウメニデスⅢ」No,43


詩集・歌集・句集・小説・エセイ

竹内美智代『未来がだんだん』(砂子屋書房)

伊藤比呂美『日本語の虜囚』四元康裕(思潮社)

高野民雄『空の井戸』(思潮社)

夏石番矢『ブラックカード』(砂子屋書房)

有働薫『詩人のラブレーター』(ふらんす堂)

阿部日奈子『キンディシュ』(書肆山田)

水崎野里子『英米女性5人詩集』(竹林館)

みくも年子『癌・無期限治験ワクチン』(土曜美術社出版販売)

山岡 遊『兆』(ふらんす堂)

齋藤恵美子『集光点』(思潮社)

ブリングル『そして迷子になりました』(思潮社)

照井良平『ガレキのことばで語れ』(詩人会議出版)


その他

正木博 写真集『UWAJIMA 宇和島風景』(TOLUCA EDEITION)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/30

詩人でフランス文学者の岩切正一郎 12月4日(火)午後7時から、第857回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、久し振り、7回目の参加!京橋のギャルリー東京ユマニテの宙に、自作詩を聲に乗せ、撃つ!

天童大人プロデュース -「目の言葉」から「耳のコトバ」へー

詩人でフランス文学者の岩切正一郎 久方ぶりの7回目の参加。
戯曲の翻訳に集中していた詩人岩切正一郎。

今回は、どんな聲を聴かせてくれるのか?

このプロジェクトは肉聲の復権を願い、詩人や作家の聲を鍛え、聲ノ力を付ける為のもでもある。

1時間余り、聲を撃ち続けていると10回くらいで、聲が立ち上がって来るのが、はっきり分かるのだ。

 それまで辛抱出来ない者は、ほとんど1回から3回で、脱落して行くことが、多いのだ。

聲を撃ち始めたら、続けて聲を撃ち続けることだ。

さて岩切正一郎の聲は、どんな聲を聴かせてくれるのか?
乞うご期待!
予約・お問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ〒104-0031中央区京橋2-8-18
                 昭和ビルB2
    (東京メトロ銀座線京橋駅6番出口 徒歩1分)
     Tel03-3562-1305 Fax03-3562-1306

北十字舎 Tel03-5982-1834 Fax03-5982-1797
   携帯090-6181-0556(AM9:00~PM20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/28

詩人で作家の稲葉真弓(今年度 親鸞賞受賞) 12月1日(土)午後3時半から、第856回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、18回目の参加!西荻窪の数寄和に、聲を撃ち込む!

天童大人プロデュース -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

詩人・作家の稲葉真弓、プロジェクト18回目の参加。

今年度の親鸞賞受賞。受賞作品『半島へ』は、昨年度の谷崎潤一郎賞も受賞。

4年前の『海松』で、川端康成賞と二作品で4つの賞を受賞。

驚くかもしれないが、このプロジェクトに参加して聲を撃ち込み続けている稲葉真弓を見、聴き続けていると、御褒美が与えられるのも当然かと思うくらい、素直に聲を撃ち続けている。

素直な性格は、才能を素直に伸ばすものだ!

そう言っても本当に、難しいことなのだ。素直に聲を撃ち込み続けることは!

その聲を一度聴かれてみたら、良いのだ。

予約・お問い合わせ
数寄和(西荻窪) 〒167-0042杉並区西荻北 3-42-17
          ℡03-3390-1155

北十字舎 Tel03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
携帯090-6181-0556(AM9:00~Pm20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人田村隆一が、詩人ルネ・シャールのいい言葉を教えてくれたから、と言う記述を読んだ。「われらの獲物は一滴の光り」 いい言葉だね

 この言葉を田村隆一が、誰に教えて貰ったのか気になっていたら、昨夜、引き出した季刊「世界文学」6号に、「われらの獲物は一滴の光り -実作者のノート-」と言う田村隆一の文章のなかに答を見つけた。

田村隆一に、ルネ・シャールの「われらの獲物は一滴の光り」を教えたのは、詩人で美術評論家の瀧口修造さんだった!
『余白に書く』という本の版画家野中ユリのエッチングに寄せた瀧口修造の詩『星は人の指ほどのー』の一節ー

若い生命の小指を賭けた狩り!

「われらの獲物は一滴の光りだ」と詩人はいう。

その詩人がルネ・シャールだ!

また田村隆一は書く。

「ルネ・シャールの「島々の言葉」は「詩のなかではあらゆる言葉はその源泉の意味でつかわれねばならぬ」とおしえてくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月21日 - 2012年10月27日 | トップページ | 2012年11月4日 - 2012年11月10日 »