« 詩人草野心平の全集や日記を読み続けているのだが、もう日本にはこんな大きな詩人は居ないのだろうか? | トップページ | 腕時計のベルトの色を、黒から赤に替えた。時計を一日に何回も替えると気分が変わることを教えてくれたのはミラノの画家KEIZOだった。 »

2013/01/20

『草野心平日記』全7巻(思潮社刊)には、詩人草野心平の行動の様々なことが分かる。常に詩を考えている詩人。字を書き、毎晩、酒を飲みながらも、本当のモダニズムの詩人草野心平!もっと知りたかったね!残念!

今、『草野心平日記』の第6巻を読んでいる。
この本の中に、私が主宰した詩誌「北十字(キグヌス)」が、1981年3月27日と12月19日の項に、記載されている。
小生の第一詩集『玄象の世界』(永井出版企画刊)が、11月10日の項に、記載されている。
私は、草野心平に第一詩集と詩誌「北十字」を送っていたらしい。
もっと面白い記載は、12月Ⅰ日の項で、「⑧勇駒?で懇親会、会費四千円。
歴程同人他多数参加。盛会、各国の歌など出る」と記載されていることだ。
二階の座敷に、御膳が出て、二列に向かい合って座る。私の前は、詩人葉支倉隆子だった記憶があり、順番に、何かをしなくてはいけないのだ。
私は立ち上がって「グズリ―・ベアー」を聲に乗せた。
窓側の壁を背に、寝ていた草野心平が、徴発されたように、立ち上がり、歌を歌った。私は寝ている詩人草野心平に向って、起きることを、起こさせることを意図して、聲を撃ち込んだ。

草野心平を相手に、今、日記の第6巻の306頁で、「各国の歌など出る」と記載されているのを知り、間違い無く、草野心平に伝わっていたことを知った。 

今、第5巻を読み始めている!

|

« 詩人草野心平の全集や日記を読み続けているのだが、もう日本にはこんな大きな詩人は居ないのだろうか? | トップページ | 腕時計のベルトの色を、黒から赤に替えた。時計を一日に何回も替えると気分が変わることを教えてくれたのはミラノの画家KEIZOだった。 »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

アメリカ文学 アメリカ詩」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

フランス詩・フランス文学」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

国際詩祭」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書家・書道家」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/56588543

この記事へのトラックバック一覧です: 『草野心平日記』全7巻(思潮社刊)には、詩人草野心平の行動の様々なことが分かる。常に詩を考えている詩人。字を書き、毎晩、酒を飲みながらも、本当のモダニズムの詩人草野心平!もっと知りたかったね!残念!:

« 詩人草野心平の全集や日記を読み続けているのだが、もう日本にはこんな大きな詩人は居ないのだろうか? | トップページ | 腕時計のベルトの色を、黒から赤に替えた。時計を一日に何回も替えると気分が変わることを教えてくれたのはミラノの画家KEIZOだった。 »