« アルジェリアの首都アルジェから1000キロ余り離れた砂漠地帯イナメナスに、日本人が働いていることなど、この事件が起こるまで、殆どの日本人は知らなかった。日揮、とは民間企業ではないのか? | トップページ | 対馬の海神神社から、昨年秋に重要文化財が盗まれた時、盗人は、日本人では無いと言うことは直ぐに分かった。過去、23年間、対馬 聲ノ奉納 in 和多都美神社 を続けて来て、対馬の人々を見て来て、直ぐに分かることだ。犯人が捕まって本当に良かった。 »

2013/01/29

マリ共和国のドゴン族は、今、存続の危機に見舞われているのだが、どこからも情報が入ってこない。やはりここは、災害列島なのか!

イスラム過激派が掌握していたマリ共和国の世界遺産都市トンブクトゥを フランス軍が奪還したとの報道を見ても、ドゴン族のことは、どこでも語られていない。
シリウス星雲との繋がりを噂されるドゴン族。

アノバンデヤガラの断崖に穴を開け、住むドゴン族は、今、存続しているのだろうか?

存続?いや生きているかどうか、それが問題なのだ。

マリの戦闘状態が伝えられる度に、ドゴン族の安否を気遣うのだ。

私にウサギの小さな仮面を、売ってくれた子供は、生きているのだろうか?

あの時、私の即興朗唱を無言で聴いて、後から、全て分かったという長老たちは、お元気なのだろうか?

フランス軍との戦いの進捗状況で、ドゴンの名前が刻まれる時を、静かに待っている。

|

« アルジェリアの首都アルジェから1000キロ余り離れた砂漠地帯イナメナスに、日本人が働いていることなど、この事件が起こるまで、殆どの日本人は知らなかった。日揮、とは民間企業ではないのか? | トップページ | 対馬の海神神社から、昨年秋に重要文化財が盗まれた時、盗人は、日本人では無いと言うことは直ぐに分かった。過去、23年間、対馬 聲ノ奉納 in 和多都美神社 を続けて来て、対馬の人々を見て来て、直ぐに分かることだ。犯人が捕まって本当に良かった。 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

交通手段・鉄道・航空・船舶」カテゴリの記事

宇宙・人工衛星・ミサイル」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

気学・易学・風水・占星術・手相・印相学」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

独裁者・亡命」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

霊界・神秘主義・霊能者」カテゴリの記事

霊視・霊能力者」カテゴリの記事

UPRISING 革命」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/56652544

この記事へのトラックバック一覧です: マリ共和国のドゴン族は、今、存続の危機に見舞われているのだが、どこからも情報が入ってこない。やはりここは、災害列島なのか!:

« アルジェリアの首都アルジェから1000キロ余り離れた砂漠地帯イナメナスに、日本人が働いていることなど、この事件が起こるまで、殆どの日本人は知らなかった。日揮、とは民間企業ではないのか? | トップページ | 対馬の海神神社から、昨年秋に重要文化財が盗まれた時、盗人は、日本人では無いと言うことは直ぐに分かった。過去、23年間、対馬 聲ノ奉納 in 和多都美神社 を続けて来て、対馬の人々を見て来て、直ぐに分かることだ。犯人が捕まって本当に良かった。 »