« 詩人神泉薫 4月28日(日)午後3時半から、第935回プロジェクト「詩人の聲」に、33回目の参加!溜池山王の宙に、2度目の聲を撃ち込む!乞うご期待! | トップページ | 待ちに待った「ユリイカ」4月号が届いた。第18回中原中也賞発表。受賞詩人細田傳造の受賞のコメントが面白い。読みたかったのは選考委員の蜂飼耳のコメントだ!愚だ愚だと弁解しなくてもいいよ!『谷間の百合』を読見切れなかった、だけのことだ!詩賞の選考委員を辞めた方が賢明だ! »

2013/03/26

自分の詩作品の英文・仏文の翻訳を用意するするのは、大変なことです。

海外の国際詩祭に参加するには、最低、英文に翻訳されている詩作品が、少なくとも10篇はなくてはなりません。
突然に、招待が舞い込むと、慌ててしまいます。
先ずいい翻訳者を探すのも大変です。
翻訳者も一人に決めていないと、後で、詩集を編むときに混乱を生じます。
今、日本ですぐ英文の(最低でも)詩作品を用意できる詩人は、何人いるでしょうか?
フランス語の翻訳テキストも、フランス語圏での国際詩祭では必要でしょう。
大きなハンデキャツプを背負っているのが、日本の詩人たちです。
この事にも気づかない詩人がいるとすれば、それは日本語の限界を知らない人でしょう。
国際詩祭と言っても、マイクの設備が完全とは、限りません。
突然、ライトを消され、マイクの音源に頼っている詩人なら、ここで立ち往生でしょう!
これは、実際にカラカス国際詩祭で、自分に起こったことです。
国際詩祭は、戦いの場です。
友好・親善の時代は、とうに終わりを告げています。
世界は戦乱の只中に、放りい出されています。
戦いに負けるわけにはいかないのです。
資源も・資力もない東洋の島国の詩人は、白人ではありません。
カラードです。
同じ板場に立ちさえすれば、勝ち抜いて、聲を撃ち込み続けることを、1997年6月の第7回コロンビア7・メデジン国際詩祭で、知りました。
この5月、第2回イラク・バビロン国際詩祭です。
どんな戦いになるのか、アジアからただ一人の招待参加詩人として、どう聲を撃ち込むのか!

乞うご期待です!

|

« 詩人神泉薫 4月28日(日)午後3時半から、第935回プロジェクト「詩人の聲」に、33回目の参加!溜池山王の宙に、2度目の聲を撃ち込む!乞うご期待! | トップページ | 待ちに待った「ユリイカ」4月号が届いた。第18回中原中也賞発表。受賞詩人細田傳造の受賞のコメントが面白い。読みたかったのは選考委員の蜂飼耳のコメントだ!愚だ愚だと弁解しなくてもいいよ!『谷間の百合』を読見切れなかった、だけのことだ!詩賞の選考委員を辞めた方が賢明だ! »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

アメリカ文学 アメリカ詩」カテゴリの記事

イギリス文学・イギリス現代詩・イギリス現代詩人」カテゴリの記事

イタリア詩・イタリア文学・イタリア映画」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

フランス詩・フランス文学」カテゴリの記事

ラテンアメリカ文学・詩」カテゴリの記事

ロシア文学・ロシア詩」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

作家」カテゴリの記事

国際詩祭」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

霊視・霊能力者」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/57036892

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の詩作品の英文・仏文の翻訳を用意するするのは、大変なことです。:

« 詩人神泉薫 4月28日(日)午後3時半から、第935回プロジェクト「詩人の聲」に、33回目の参加!溜池山王の宙に、2度目の聲を撃ち込む!乞うご期待! | トップページ | 待ちに待った「ユリイカ」4月号が届いた。第18回中原中也賞発表。受賞詩人細田傳造の受賞のコメントが面白い。読みたかったのは選考委員の蜂飼耳のコメントだ!愚だ愚だと弁解しなくてもいいよ!『谷間の百合』を読見切れなかった、だけのことだ!詩賞の選考委員を辞めた方が賢明だ! »