« 尾形亀之助が、最後に出した本、『障子のある家』は、私家版で、限定70部、非売品で、昭和五年九月五日発行だが、戦後に、草野心平が手掛けた復刻版は、辻まことが持っていたので、できたことを辻まこと全集2を読んで初めて知った! | トップページ | 4月・5月のプロジェクト「La Voix des Poètes (詩人の聲)」の日程表です。5月の前半は、プロデューサーの天童大人が、第2回イラク・バビロン国際詩祭に招待されているため、日程が組まれておりません。新参加の詩人は、花巻在住の詩人照井良平と詩人清水洋子の2名です。是非、ご参加ください。 »

2013/04/01

肉聲の復権を目指すプロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」の4月のご案内です!ぜひ御参加ください!

 天童大人 プロデュース  詩人の肉聲とコトバとを聴く!
プロジェクト La Voix des Poètes(詩人の聲)
―肉聲の復権を求めて!「目の言葉」から「耳のコトバ」へー 
  
             2013年4月    
                   
このプロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」は、東京を何時でも詩人の肉聲で詩が聴ける街にすると同時に、詩人や作家の力強い聲を育て、美しい日本語を世界に響かせるために、肉聲を鍛えなければならない。
肉聲が失われつつある現代こそ、聲の力を復権させたいと、2006年10月14日、日本の聲の先達詩人白石かずこさんの聲から口火を鑚り、そして2013年3月29日で、第918回の公演を行い、全ての回を立ち会って、聴き続けて来ました。
このプロジェクトの参加者の中で、2011年3月10日の白石かずこの聲を皮切りに、大宮から新幹線で参加され、詩人の聲を聴かれた後には、必ず詩集を買われていた方がいました。
この2月で参加数は70回を超えています。その熱意には眼を見張るものがあり、詩集を出したいとの希望を聞き、書肆山田の大泉史世さんに話を繋ぎ、昨年の6月に、詩集『谷間の百合』が、刊行されました。
その詩集が歴程新鋭賞、花椿賞の最終候補に残り、今回、第18回中原中也賞を受賞された方が、この細田傳造さんです。
このプロジェクトで育った詩人の誕生、第1号です。
協力して下さる参加画廊は、ギャルリー東京ユマニテ(京橋),Star Poets Gallery(三宿),ギャラリー華(広尾),数寄和(西荻窪),Hispanica(溜池山王),東京平和教会(駒込),Cache-cache dArt(自由ガ丘),Tree House(下高井戸),東京自由大学(神田)。
このプロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」の入場料は通常、3000円、予約、2700円、学生1500円(学生証提示)ですが、参加回数31回以上,ブロンズ会員,2000円,61回以上,シルバー会員,1500円,101回を超えたゴールド会員,1000円,201回以上,プラチナ会員は無料で,参加出来ます。

これからもこの詩人の肉聲とコトバとを聴く!肉聲の復権を求めたプロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」-「目の言葉」から「耳のコトバ」へーを、日本の詩人・作家たちの聲ノ力を高め、また参加された皆様の「耳のコトバ」を鍛える為にも、多くの方々に御喧伝して頂き、御自分の好きな詩人の肉聲の波動を探しに、繰り返しご参加くださいますよう、重ねてお願い致します。

協賛:(㈱)力の源カンパニー、
助成:公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団。 
    2013年4月 黄道吉日
                     プロデューサー
                   UNIVERSAL VOICE® 天童 大人

プロジェクトに参加希望の詩人・画廊、その他のお問い合せは,下記まで。 
北十字舎 / Tendo Taijin Bureau 〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
Tel:03--5982-1834, Fax:03-5982-1797 Mobil: 090-6181-0556 (AM9 :00~20 :00,通話可)
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com   URL:http://universalvoice.air-nifty.com/

|

« 尾形亀之助が、最後に出した本、『障子のある家』は、私家版で、限定70部、非売品で、昭和五年九月五日発行だが、戦後に、草野心平が手掛けた復刻版は、辻まことが持っていたので、できたことを辻まこと全集2を読んで初めて知った! | トップページ | 4月・5月のプロジェクト「La Voix des Poètes (詩人の聲)」の日程表です。5月の前半は、プロデューサーの天童大人が、第2回イラク・バビロン国際詩祭に招待されているため、日程が組まれておりません。新参加の詩人は、花巻在住の詩人照井良平と詩人清水洋子の2名です。是非、ご参加ください。 »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

アメリカ文学 アメリカ詩」カテゴリの記事

イギリス文学・イギリス現代詩・イギリス現代詩人」カテゴリの記事

イタリア詩・イタリア文学・イタリア映画」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

オペラ・歌舞伎」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

フランス詩・フランス文学」カテゴリの記事

ラテンアメリカ文学・詩」カテゴリの記事

ロシア文学・ロシア詩」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

国際詩祭」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

画家」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/57081011

この記事へのトラックバック一覧です: 肉聲の復権を目指すプロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」の4月のご案内です!ぜひ御参加ください!:

« 尾形亀之助が、最後に出した本、『障子のある家』は、私家版で、限定70部、非売品で、昭和五年九月五日発行だが、戦後に、草野心平が手掛けた復刻版は、辻まことが持っていたので、できたことを辻まこと全集2を読んで初めて知った! | トップページ | 4月・5月のプロジェクト「La Voix des Poètes (詩人の聲)」の日程表です。5月の前半は、プロデューサーの天童大人が、第2回イラク・バビロン国際詩祭に招待されているため、日程が組まれておりません。新参加の詩人は、花巻在住の詩人照井良平と詩人清水洋子の2名です。是非、ご参加ください。 »