« 目白からドイツ・シュツトガルトへ14日に送ったお守りが、27日に着いたと知らせが有った。こんなに航空便に、時間がかかるものなのか? | トップページ | 7月3日から、東京ビックサイトで開催される国際ブックフェアの今年のテーマ国 韓国 から詩人崔勝鎬(チェ・スンホ)が来日し5日の特別セミナーに参加するが、4日、午後7時から、日本で初めて思潮社から詩集『氷の自叙伝』が刊行されるのを記念し、第966回Projet「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、初参加し、聲を京橋の宙に、撃つ! »

2013/06/29

聲を出せる詩人を探すのではなく、聲を撃てる詩人を作れば良い!人材がいないなら、作りだすこと、とは、諸葛孔明の論だ。京都の詩人福田知子も聲ができてきた!

昨夜、大津在住の詩人北原千代のProjet「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、参加、5回目の聲の会があった。京都から参加している詩人で評論家の福田知子も、既に10回の参加になる。
地方に在住する詩人のハンデキャップをもろともせず、聲を東京で、撃ち続けてきた。
必死に撃ち込んできた聲は、それは、力が、「聲ノ力」が付いてきている。

これは聴きつづけているから言えることで、そう簡単に誰もが口には出せない、ことだろう!

しかし、福田知子の聲も北原千代の聲も立ち上がってくる。

聲を出る詩人を探すのではなく、聲の出る詩人を作れば良いと言う事に、バビロンの紀元前5000年前のニムロデの塔跡で、聲を撃ち込んでいた時に、天上から降ってきた!

聲を撃てる詩人を作る!!!!!

既にプロジェクトは963回に達している!基盤は出来た。

居なければ、作れば良いとの諸葛孔明の考えは、最近知った。

居なければ、作れば良いのだ!!!

|

« 目白からドイツ・シュツトガルトへ14日に送ったお守りが、27日に着いたと知らせが有った。こんなに航空便に、時間がかかるものなのか? | トップページ | 7月3日から、東京ビックサイトで開催される国際ブックフェアの今年のテーマ国 韓国 から詩人崔勝鎬(チェ・スンホ)が来日し5日の特別セミナーに参加するが、4日、午後7時から、日本で初めて思潮社から詩集『氷の自叙伝』が刊行されるのを記念し、第966回Projet「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、初参加し、聲を京橋の宙に、撃つ! »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

アメリカ文学 アメリカ詩」カテゴリの記事

イギリス文学・イギリス現代詩・イギリス現代詩人」カテゴリの記事

イタリア詩・イタリア文学・イタリア映画」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

オペラ・歌舞伎」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

フランス詩・フランス文学」カテゴリの記事

ラテンアメリカ文学・詩」カテゴリの記事

ロシア文学・ロシア詩」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

作家」カテゴリの記事

国際詩祭」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

霊界・神秘主義・霊能者」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/57686665

この記事へのトラックバック一覧です: 聲を出せる詩人を探すのではなく、聲を撃てる詩人を作れば良い!人材がいないなら、作りだすこと、とは、諸葛孔明の論だ。京都の詩人福田知子も聲ができてきた!:

« 目白からドイツ・シュツトガルトへ14日に送ったお守りが、27日に着いたと知らせが有った。こんなに航空便に、時間がかかるものなのか? | トップページ | 7月3日から、東京ビックサイトで開催される国際ブックフェアの今年のテーマ国 韓国 から詩人崔勝鎬(チェ・スンホ)が来日し5日の特別セミナーに参加するが、4日、午後7時から、日本で初めて思潮社から詩集『氷の自叙伝』が刊行されるのを記念し、第966回Projet「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、初参加し、聲を京橋の宙に、撃つ! »