« 詩人柴田友理 11月5日(火)午後7時から、第1010回Projet「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、17回目の参加!自由が丘の宙に、飯塚弁の聲を撃ち込む!こうご期待! | トップページ | Projetの1000回記念公演の記録として写真家吉原洋一に依頼した写真が届いた。写真は、恐ろしい。 »

2013/10/24

詩人・朗唱家天童大人 11月7日(木)午後7時から、Projet「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、36回目の参加、神田の宙に、聲を撃ち込む!こうご期待!

天童 大人 プロデュース
第1011回 Projet La Voix des poètes(詩人の聲)
「目の言葉」から「耳のコトバ」へ
 
天童 大人 (第36回目) UNIVERSAL VOICE®

紀元前5000年、イラク・バビロンのニムロデの磁場の強い塔跡で、撃ち込んだ聲と、
今年で24年になる「聲ノ奉納 in 対馬・和多都美神社 一の鳥居」から、撃ち込んだ聲を重ね合わせて、一時間余り、新作を含め、神田の宙に、撃ち込みます。

日時:2013年11月7日(木) 開場18:30 開演19:00
会場  NPO法人東京自由大学(神田)
〒101-0035 千代田区神田紺屋町5 TMビル2F
予約Tel 090-6497-5030(岡野)    

入場料 予約  大人 2,700円  当日 大人 3,000円 
       学生 1500円(学生証呈示) 小・中学生(無料 保護者同伴)

ご予約 :北十字舎 Tel 090-3696-7098 Fax 03-5982-1797

              協賛:(株)力の源カンパニー
              助成:公益財団法人アサヒグループ芸術財文化財団
 
  天童 大人(Tendo Taijin)プロフィール
1943年小樽市生。13歳より単身東京へ。文化学院文科卒 : 獨協大学外国学部フランス語科に学ぶ。
1973年7月 スペイン・ピレーネ山頂で、「太陽の掲示」を受け、「聲ノ力」に開眼。
1990年7月 ソプラノ歌手ガリーナ・ヴィシネフスカヤのマスタークラスを受講。
2002年3月 イタリア・ヴェローナ文芸家協会主催の<春の詩祭-オマージュ ロベルト・サネージー>に招待さ        れ、アレーナ・デ・ヴェローナ(野外闘技場)で、「聲ノ奉納」単独公演を挙行。
2013年5月 第二回バビロン国際・文化芸術祭(イラク)で、字の個展と国際詩祭とに、招待参加。

E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com  URL:http://universalvoice.air-nifty.com/

所属:日本ペンクラブ・日本文藝家協会・国際詩アフリカ協会(セネガル)・メソポタミア文化財団(イラク)、各会員。

|

« 詩人柴田友理 11月5日(火)午後7時から、第1010回Projet「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、17回目の参加!自由が丘の宙に、飯塚弁の聲を撃ち込む!こうご期待! | トップページ | Projetの1000回記念公演の記録として写真家吉原洋一に依頼した写真が届いた。写真は、恐ろしい。 »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

国際詩祭」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人・歌人・俳人・詩集・歌集・句集」カテゴリの記事

霊界・神秘主義・霊能者」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/58447758

この記事へのトラックバック一覧です: 詩人・朗唱家天童大人 11月7日(木)午後7時から、Projet「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、36回目の参加、神田の宙に、聲を撃ち込む!こうご期待!:

« 詩人柴田友理 11月5日(火)午後7時から、第1010回Projet「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、17回目の参加!自由が丘の宙に、飯塚弁の聲を撃ち込む!こうご期待! | トップページ | Projetの1000回記念公演の記録として写真家吉原洋一に依頼した写真が届いた。写真は、恐ろしい。 »