« 作家中沢けい19日午後4時半から、第1003回Projet「La Voix des Poees(詩人の聲)」に、7回目の参加!新刊『動物園の王子』を、初めて聲に乗せ、西荻の宙に、撃ち込む! | トップページ | 昨日、銀座、並木通りにある銀座資生堂ビル3階の花椿ホールを見に行ってきた »

2013/10/05

聲を撃つ!ということは、全身を人の目に晒す!晒して学ぶことが多いのだが、晒せるものがない者は、深化しない。失敗はさらなる多くのものを学べるのだが、度胸がない。

Projetの1000回記念まであと1週間。今回の1000回記念会は、今まで、貴重な空間を提供してくださった画廊主たちをお招きして、日頃のご協力に対して、お礼を参加詩人がするという側面を含んでいる貴重な機会なのだ。

この1000回記念を、何か他人事のように考えているような詩人が多いのには驚きだ。

参加詩人が、自分をアピールできる貴重な機会を活かし切っていないのは、誠に残念だ。あと1週間で、どう活路が開くのか!
998回、場を提供してくださった画廊のご主人たちが、詩人たちを、よく見ている。詩人たちのうのぼれも何もかも、黙って見ている。
身銭を切って、会場を借り、チケットを作り、売り、聲を打ち込んできた詩人は、白石かずこを含め、ほんの僅かしかいない。

参加詩人のこの1週間の奮闘を期待する!

|

« 作家中沢けい19日午後4時半から、第1003回Projet「La Voix des Poees(詩人の聲)」に、7回目の参加!新刊『動物園の王子』を、初めて聲に乗せ、西荻の宙に、撃ち込む! | トップページ | 昨日、銀座、並木通りにある銀座資生堂ビル3階の花椿ホールを見に行ってきた »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

アメリカ文学 アメリカ詩」カテゴリの記事

イギリス文学・イギリス現代詩・イギリス現代詩人」カテゴリの記事

イタリア詩・イタリア文学・イタリア映画」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

フランス詩・フランス文学」カテゴリの記事

ラテンアメリカ文学・詩」カテゴリの記事

ロシア文学・ロシア詩」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

国際詩祭」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩人・歌人・俳人・詩集・歌集・句集」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/58322991

この記事へのトラックバック一覧です: 聲を撃つ!ということは、全身を人の目に晒す!晒して学ぶことが多いのだが、晒せるものがない者は、深化しない。失敗はさらなる多くのものを学べるのだが、度胸がない。:

« 作家中沢けい19日午後4時半から、第1003回Projet「La Voix des Poees(詩人の聲)」に、7回目の参加!新刊『動物園の王子』を、初めて聲に乗せ、西荻の宙に、撃ち込む! | トップページ | 昨日、銀座、並木通りにある銀座資生堂ビル3階の花椿ホールを見に行ってきた »