« 詩人・朗唱家天童大人 11月7日(木)午後7時から、Projet「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、36回目の参加、神田の宙に、聲を撃ち込む!こうご期待! | トップページ | 豊橋在住の詩人紫圭子、11月11日(月)午後7時から、第1012回Projet「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、23回目の参加!神田の宙に、聲を撃つ! »

2013/10/26

Projetの1000回記念公演の記録として写真家吉原洋一に依頼した写真が届いた。写真は、恐ろしい。

Projetの1000回記念公演の記録として写真家吉原洋一に依頼した写真が届いた。
写真は、恐ろしい。
1枚の看板写真から始まり、小生のあいさつの分が2枚。
参加詩人24人、各3枚。
記念品贈呈写真が3枚、画廊のご主人たちと参加詩人の集合写真が2枚の計80枚が入ったアルバムが贈られた。
写真は恐ろしい!!!
わずか3枚の写真で、各詩人を的確に捉えている。
この写真を見ていると、聲が聴けずとも自ずからの立ち位置、作品の出来が知らない人にも的確に伝わってしまう。
不必要なパフォーマンは、内容の無さを補うつもりかもしれないが、全くの不要な行為。勘違いが多すぎる。聲とコトバとだけで十分なのだが。徐々に体の芯の疲れが取れ、元気になってくると、怒りも増えてくるのだ。
参加できただけで満足しているだけでは、駄目なのだ。
聲を余りにも甘く見ている、いや、考えている証なのだ。あの1000回記念公演を聴かれた人は、多くの課題を得て、前に進むことが出来るだろう。
しかし、私には、不甲斐無いことがことなのだ。僅か200の会場で、あれでは、600,800,1200,1500、2000の会場では?
自分のことだけで精一杯の詩人が、この国には多すぎる。
かっての恩師評論家の戸川エマ、折口信夫の弟子、国文学者加藤守雄、英文学者壽岳文章、ソプラノ歌手ガリーナ・ヴィシネフスカヤ、ケネデイセンターのジリアン・プール。
彼らなら、なんといわれるだろう!
聲を出したことのない詩人たちを、聲を撃てる詩人にする!う~ん、難しいね。
全てこれからだね。
1000回記念公演を支えてくれた詩人原田道子・竹内美智代・神泉薫・山口美恵子の四氏に、深謝申し上げる。
本当にありがとうございました。
このスタップだけで、詩人の聲のイヴェントは開催できます(笑)。

|

« 詩人・朗唱家天童大人 11月7日(木)午後7時から、Projet「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、36回目の参加、神田の宙に、聲を撃ち込む!こうご期待! | トップページ | 豊橋在住の詩人紫圭子、11月11日(月)午後7時から、第1012回Projet「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、23回目の参加!神田の宙に、聲を撃つ! »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人・歌人・俳人・詩集・歌集・句集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/58455678

この記事へのトラックバック一覧です: Projetの1000回記念公演の記録として写真家吉原洋一に依頼した写真が届いた。写真は、恐ろしい。:

« 詩人・朗唱家天童大人 11月7日(木)午後7時から、Projet「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、36回目の参加、神田の宙に、聲を撃ち込む!こうご期待! | トップページ | 豊橋在住の詩人紫圭子、11月11日(月)午後7時から、第1012回Projet「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、23回目の参加!神田の宙に、聲を撃つ! »