« 日本、この我々が住む日本がキナ臭い匂いを立ち込め始めた今の日本。母親がしっかりしないと、知らぬ間に自分の子供たちが、徴兵制を敷かれ、戦争に! | トップページ | 今から20年前の1993年9月10日に刊行された1冊の本が、手元にある。その本のある部分の記述に、ずっとこの20年間余り、引っかかっていた。この著者に数回、会い、話をした感触から、言うとおりに動いていくだろうとは、思っていたが、20年を経た今、大きな意味を持ってきているので、敢えて2013年の暮れに、ここに引用する。 »

2013/12/28

2002年ユリイカの詩人で、フランス文学者の後藤美和子 1月31日(金)午後7時から、第1047回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、2回目の参加!広尾のギャラリー華の宙に、初めて聲を撃ち込む!

天童大人プロデュース -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
2002年ユリイカの詩人で、フランス文学者の後藤美和子、2回目の参加で、2007年に刊行された第二詩集『大地の黄身』(書肆山田刊)を、初めて全編、聲に乗せて、撃ち込む!
後藤美和子が今後、地道に聲を撃ち続け、自己を解放し続けて行けば、作品も変わり、大きく変貌する可能性を秘めている。
考え込まずに、先ずひたむきに聲を撃つこと時なのだ。
同時期にユリイカの詩人峯澤典子と同時に聲を撃ち始めたことは、大きな励みになることだろう!
さて今回の詩人後藤美和子の聲は?

乞うご期待!
予約・お問い合わせは
ギャラリー華 〒106-0047 港区南麻布5-1-5
        Tel&Fax 03-3442-4584

北十字舎 tel 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
携帯090-6181-0556(AM9;00~PM20:00 通話可)
     

|

« 日本、この我々が住む日本がキナ臭い匂いを立ち込め始めた今の日本。母親がしっかりしないと、知らぬ間に自分の子供たちが、徴兵制を敷かれ、戦争に! | トップページ | 今から20年前の1993年9月10日に刊行された1冊の本が、手元にある。その本のある部分の記述に、ずっとこの20年間余り、引っかかっていた。この著者に数回、会い、話をした感触から、言うとおりに動いていくだろうとは、思っていたが、20年を経た今、大きな意味を持ってきているので、敢えて2013年の暮れに、ここに引用する。 »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

フランス詩・フランス文学」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人・歌人・俳人・詩集・歌集・句集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/58834748

この記事へのトラックバック一覧です: 2002年ユリイカの詩人で、フランス文学者の後藤美和子 1月31日(金)午後7時から、第1047回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、2回目の参加!広尾のギャラリー華の宙に、初めて聲を撃ち込む!:

« 日本、この我々が住む日本がキナ臭い匂いを立ち込め始めた今の日本。母親がしっかりしないと、知らぬ間に自分の子供たちが、徴兵制を敷かれ、戦争に! | トップページ | 今から20年前の1993年9月10日に刊行された1冊の本が、手元にある。その本のある部分の記述に、ずっとこの20年間余り、引っかかっていた。この著者に数回、会い、話をした感触から、言うとおりに動いていくだろうとは、思っていたが、20年を経た今、大きな意味を持ってきているので、敢えて2013年の暮れに、ここに引用する。 »