« 2002年ユリイカの詩人で、フランス文学者の後藤美和子 1月31日(金)午後7時から、第1047回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、2回目の参加!広尾のギャラリー華の宙に、初めて聲を撃ち込む! | トップページ | この詩書たちは、Projetに寄贈された詩書たちです。(67)2013・12・01~12・31 十分に今後のProjtの活動に、活かさせていただきます。今年も、宜しく、お願いいたします。 »

2013/12/29

今から20年前の1993年9月10日に刊行された1冊の本が、手元にある。その本のある部分の記述に、ずっとこの20年間余り、引っかかっていた。この著者に数回、会い、話をした感触から、言うとおりに動いていくだろうとは、思っていたが、20年を経た今、大きな意味を持ってきているので、敢えて2013年の暮れに、ここに引用する。

今から20年前の1993年9月10日に刊行された1冊の本が、手元にある。その本のある部分の記述に、ずっとこの20年間余り、引っかかっていた。この著者に数回、会い、話をした感触から、言うとおりに動いていくだろうとは、思っていたが、20年を経た今、大きな意味を持ってきているので、敢えて2013年の暮れに、ここに引用する。

「靖国神社というのは、そもそも由来をたどれば、「官軍」の犠牲者を祀ったお社だった。いうなれば「官軍」の護国神社のような存在ですよ。それを大村益次郎(村田蔵六)が東京・九段に勧請し、一般の神社が内務省管理下にあったのとは違い、陸軍省や海軍省が管理していた。したがって「官軍」の守り神にすぎないものを、全国民に拝ませているようなものなのだ。/中略/ しかもどれぐらいこの勢力が、今も日本を軍国主義化するために動き回っていることか。」

この言葉が20年前に吐かれ、独りの人間が看破していた。
安倍晋三の祖父岸信介らのグループと闘ってきた男の言だけに、確かだが、先入観を避けるために、今は、あえて著者の名前は出さない。

すでに20年前に、日本の現況を予知している。どんどん軍国主義化していることは、現政府の行動をつぶさに検証すれば、明らかだろう。ある線を超えたら、瞬く間に徴兵制が施工され、可愛い子供たちが、戦場に駆り出されていくのも、そう遠くないはずだ。母親たちが立ち上がらなくては、大きなことが動かないのだ。
2014年は、大きな境界線上に、日本国民の誰もが立たされていることに、気が付かねば、未来は暗くなる。
何処かに一条の光は、見えてこないのか???

|

« 2002年ユリイカの詩人で、フランス文学者の後藤美和子 1月31日(金)午後7時から、第1047回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、2回目の参加!広尾のギャラリー華の宙に、初めて聲を撃ち込む! | トップページ | この詩書たちは、Projetに寄贈された詩書たちです。(67)2013・12・01~12・31 十分に今後のProjtの活動に、活かさせていただきます。今年も、宜しく、お願いいたします。 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

内閣・官僚・国家公務員」カテゴリの記事

国際詩祭」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

独裁者・亡命」カテゴリの記事

神社・仏閣・宗教」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

霊界・神秘主義・霊能者」カテゴリの記事

UPRISING 革命」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/58840786

この記事へのトラックバック一覧です: 今から20年前の1993年9月10日に刊行された1冊の本が、手元にある。その本のある部分の記述に、ずっとこの20年間余り、引っかかっていた。この著者に数回、会い、話をした感触から、言うとおりに動いていくだろうとは、思っていたが、20年を経た今、大きな意味を持ってきているので、敢えて2013年の暮れに、ここに引用する。:

« 2002年ユリイカの詩人で、フランス文学者の後藤美和子 1月31日(金)午後7時から、第1047回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、2回目の参加!広尾のギャラリー華の宙に、初めて聲を撃ち込む! | トップページ | この詩書たちは、Projetに寄贈された詩書たちです。(67)2013・12・01~12・31 十分に今後のProjtの活動に、活かさせていただきます。今年も、宜しく、お願いいたします。 »