« 2013年3月24日 - 2013年3月30日 | トップページ | 2013年4月7日 - 2013年4月13日 »

2013/04/06

10年前の「ユリイカ」4月号の表紙に、 第8回中原中也賞発表 中村恵美「火よ!」と書かれて有った。特集が詩集のつくり方、だから読んだ記憶が有る筈だが、忘れている。詩人神泉薫になる前か。どんな風に化けるのか、面白いね!

昨日の夕方、目白通りの金井書店が珍しく開店していた。
近くの夏目書店のご主人が昨年の6月に倒れて、閉店し、古書店は、金井書店を残すのみ。
それも閉じた日が多く、残念に思っていた。
昨夜は、店頭にワゴンサービスが行われており、2点購入。
久方ぶりに店内に入ったが、欲しい本は無い。ふと入口の側の本棚を見ると、「詩と思想」、「現代思想」、「ユリイカ」などの雑誌が詰まっていた。
背文字に、特集:詩集のつくり方、と書いているユリイカを引き出してみた。
驚いたことに、第8回中原中也賞受賞発表 中村恵美「火よ!」。
10年前。神泉薫に変身する前の写真とコメントがあり、今年の第18回の細田傳造「谷間の百合」と10年の差が有る。
[対談]書き手よ、よき読み手であれ 高橋睦郎+福間健二 の内に、 朗読とパソコンのあいだで、私の名前が、高橋睦郎の口から出てきているのに驚いた。
この頃の「ユリイカ」は読むに堪えるが、今の「ユリイカ」は、読むモノが無く、中村稔と竹西寛子の文章が、浮いている。これは時代のせいだけだろうか?あまりにも軽すぎるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿児島出身の詩人竹内美智代 5月20日(月)午後6時半から、第940回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、21回目の参加.初めて、駒込駅脇の東京平和教会2Fの宙に、自作詩を聲に乗せ、撃ち込む!乞うご期待!

天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
詩人竹内美智代 21回目の参加。20回の大台を超えた聲とはどんな聲か?

聴かれたら分かる。
このところ日本詩人クラブのアンソロジーに時間を取られ、やっと終わったので、これから聲を鍛え続けて行く詩人竹内美智代。

鹿児島弁も磨き、幅広く、表現が出来る様になる。

参加回数20回を超えた詩人の11人目。

さて今回は、どんな聲を聴かせてくれるのか?

乞うご期待!

予約・お問い合わせは

東京平和教会2F 〒170-0052 豊島区駒込1-28-8
JR駒込駅東口下車徒歩1分
(この会場の予約は、北十字舎 Tel 090-3696-7098 Fax 03-5982-1797)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/05

神戸在住の詩人小林弘明 5月18日(土)午後4時から、第939回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、久しぶりの2回目の参加、自由ガ丘の初めての場で、自作詩を聲に乗せ、宙に撃ち込む!乞うご期待!

天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
神戸在住の詩人小林弘明 プロジェクト2回目の参加!

初めての参加が何時だったか、もう分からないが、また聲を撃ち込みたくなったのは、良いことだ。

初稿の詩作品を聲に乗せ、撃ち込みながら、詩文を鍛えていく。これは詩人天沢退二郎の詩作方法と同じだが、この方法は試す価値が有る。

さて今回どんな聲を撃つのか!撃てるのか!

乞うご期待!

予約・お問い合わせは
Cache-cache d'Art〒158-008世田谷区奥沢5-21-10
Tel 080-3455-2111(西端)

北十字舎 Tel 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
携帯090-6181-0556(AM9:00~PM20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/04

詩人ブリングル 5月17日(金)午後7時から、第938回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、9回目の参加!京橋の宙に、自作詩を聲に乗せ、撃ち込む!

天童大人プロデュース -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
詩人ブリングル、9回目の参加。
早いものだ、もう10回の大台目前の聲とは、どんな聲なのか?
聲が変われば、書く作品が変わることを実感として感じている詩人ブリングル。
今回はどんな聲を撃ち込むのか?乞うご期待!

予約・お問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ〒104-0031中央区京橋2-8-18
昭和ビルB2
Tel 03-3562-1305 Fax 03-3562-1306

北十字舎 Tel 03-2983-1834 Fax 03-5982-1797
携帯090-6181-0556(AM9:00~Pm20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/03

今こそ日本語の革命を!詩人細田傳造の詩作品「こくごのじかん」(朝日新聞4月2日夕刊)、「文學界」3月号、巻頭の詩「わたしの本棚」そして、「ユリイカ」4月号の第18回中原中也賞発表細田傳造「谷間の百合」のコメントなどを、是非お読みください!21世紀の詩人が誕生しました!

昨夜の朝日新聞夕刊を駅の売店で、買って読んだ。
詩人細田傳造の詩作品「こくごのじかん」だ。

一読して、驚嘆した。
ひらがな、で、こくごのじかん、とタイトルで書き、第一連で、「起立。禮。国語の時間」と書く。

ともかく読んでみたら良いのだ。

「文學界」3月号の巻頭の詩「わたしの本棚」

「ユリイカ」4月号の第18回中原中也賞発表 細田傳造『谷間の百合』の受賞コメントを読めば、選考委員のコメントを凌駕している。

本当にお粗末な選考委員の蜂飼耳のコメントだ。是非、一読ください。

愚だ愚だと感想など書かなくて、自分は、細田傳造の『谷間の百合』に、驚きを感じなかったと花椿賞のコメントに書いた、己の不明を恥じて、素直に、読み切れなかったと書けばいいのだ。
詩が読めない選考委員は、自ら辞退したらいいのだ。
選考委員に選んだ連中のメンツもあるからね。

若くして選考委員なんかになると知らないうちに、スポイルされていることにも気が付かない。
気の毒なことだ!

現代の詩の世界に、細田傳造が現れたことは一筋の光だ!


真の21世紀詩人が、出現した!

今こそ、日本語の革命を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人長谷川忍 5月15日(水)午後7時から、第937回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、8回目の参加!先月に続き、広尾のギャラリー華の宙に、聲を撃ち込む!

天童大人プロデュース -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
「詩と思想」の編集委員でもある詩人の長谷川忍。

しっかり聲を撃つ事を身につけるには、腹筋を鍛え、真剣に宙に向かって、己と対峙することだ!

聲が変われば、作品が変わってくる!
さて今回は、どんな聲を撃ち込めるのか!

乞うご期待!

予約・お問い合わせは

ギャラリー華 〒106-0047港区南麻布5-1-5
Tel&Fax 03-3422-4584

北十字舎 Tel 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
携帯090-6181-0556(AM9:00~PM20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/02

詩人筏丸けいこ 5月14日(火)午後7時から、第936回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、17回目の参加!三宿のStar Poets galleryの宙に、自作詩を聲に乗せ、撃ち込む!乞うご期待!

天童大人プロデュース -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
詩人筏丸けいこ 17回目の参加!
介護を必要とする家族が居るために、プロジェクトから離れていた詩人筏丸けいこ、復帰して、聲を撃つ!

詩人岩崎迪子が回付声を撃ち込みを続けているうちに、完全に復帰、新たな詩集を制作するための準備に入り始めた。

筏丸けいこも復帰を目指し、詩作品を書き続けている。
今回、どんな新作を引っ提げて、参加するのか?どんな聲を撃つのか?乞うご期待!

予約・お問い合わせは
Star Poets Gallery〒154-0004世田谷区太子堂1-1-13 昭和ビルB2 Tel&Fax 03-3422-1305

北十字舎 Tel03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
携帯090-6181-0556(AM9:00~PM20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/01

プロジェクトへご寄贈くださった詩書たちです。今後のプロジェクトに、活用させて頂きますので、今後とも、宜しく、お願いいたします。

寄贈された詩書たち(56)2013・3・01~3・31

詩誌

紫圭子「GANYMEDE」57号

詩集・歌集・句集・小説・エセイ

南原充士『にげかすもどき』(洪水企画)
村田譲『円環、あるいは12の約束のために』(緑鯨社)
八覚正大『学校のオゾン』(洪水企画)


その他
杉原梨江子『贈ろう、飾ろう インドアグリーンと小さな花鉢』(主婦の友社)
谷 章 『悪魔の話』(池内紀)
公益財団法人 高見順文学振興会事務局「樹木Vol,31」
勝畑耕一「二本松と智恵子」(文冶堂書店)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月・5月のプロジェクト「La Voix des Poètes (詩人の聲)」の日程表です。5月の前半は、プロデューサーの天童大人が、第2回イラク・バビロン国際詩祭に招待されているため、日程が組まれておりません。新参加の詩人は、花巻在住の詩人照井良平と詩人清水洋子の2名です。是非、ご参加ください。

天童大人 プロデュース
詩人の肉聲とコトバとを聴く! 
プロジェクト La Voix des Poètes (詩人の聲)
―肉聲の復権を求めて!―「目の言葉」から「耳のコトバ」へー    

  4月

第919回4月1日(月) ギャラリー華(広尾) 大崎清夏(5)
第920回4月2日(火) ギャラリー華(広尾) 柴田友理(13)
第921回4月3日(水) ギャラリー華(広尾) 長谷川忍(7)
第922回4月4日(木)Star Poets Gallery(三宿)  福田知子(8)

第923回4月7日(日) 数寄和(西荻窪)  細田傳造(3)
(この回は開場15:00 開演15:30 ですので、ご注意ください。)

第924回4月8日(月) NPO法人東京自由大学(神田) 中原道夫(7)
第925回4月12日(金) ギャルリー東京ユマニテ(京橋)  紫 圭子(19)
第926回4月15日(月) Cache-cache d’Art(自由ヶ丘) 原田道子(30)
第927回4月16日(火) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 田中健太郎(24)
第928回4月18日(木) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 浜江順子(8)
第929回4月19日(金) Cache-cache d’Art(自由ガ丘) 北原千代(4)
第930回4月22日(月) NPO法人東京自由大学(神田) なかにし けふこ(7)
第931回4月23日(火) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 竹内美智代(20)
第932回4月24日(水) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 作田教子(6)
第933回4月25日(木) 東京平和教会2F(駒込) 有働薫(24)
(この回は開場18:00 開演18:30 ですので、ご注意ください。)

第934回4月27日(土) 数寄和(西荻窪) 野村喜和夫(8)
(この回は開場19:00 開演19:30 ですので、ご注意ください。)

第935回4月28日(日) Hispanica(溜池山王) 神泉 薫(33) 
(この回は開場15:00 開演15:30からですので、ご注意ください。)  

5月  

第936回5月14日(火) Star Poets Gallery (三宿) 筏丸けいこ(17)
第937回5月15日(水) ギャラリー華(広尾) 長谷川忍(8)
第938回5月17日(金)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) ブリングル(9)

第939回5月18日(土)Cache-cache d’Art(自由が丘) 小林弘明(2)
(この回は開場15:30 開演16:00 ですので、ご注意ください)

第940回5月20日(月)東京平和教会(駒込) 竹内美智代(21)
(この回は開場18:00 開演18:30 ですので、ご注意ください。)

第941回5月21日(火)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 禿慶子(19)
第942回5月22日(水)ギャラリー華(広尾) 福田知子(9)
第943回5月23日(木)ギャラリー華(広尾) 杉原梨江子(9)
第944回5月24日(金) 数寄和(西荻窪)  照井良平(初参加)
第945回5月27日(月)NPO法人東京自由大学(神田) なかにし けふこ(8)
第946回5月28日(火)ギャラリー華(広尾) 清水洋子(初参加)
第947回5月29日(水)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 田中庸介(22)
第948回5月30日(木)東京平和教会(駒込) 野村喜和夫(9)
(この回は開場18:00 開演18:30 ですので、ご注意ください)

(6月に続く)

                 開演時間
    *開演時間は、各会場で異なりますので、御注意下さい。
東京平和教会(駒込駅東口1分)  ,開場18:00 開演18:30

   ギャルリー東京ユマニテ(京橋)、Star Poets Gallery(三宿), ギャラリー華(広尾),
Cache-cache dArt(自由が丘) NPO法人東京自由大学(神田) 開場18:30開演:19:00

,  入場料 予約  大人2,700円 当日  大人3,000 円
    学割1,500円 (学生証提示) 小・中学生 (保護者同伴無料)

*御予約は直接、各会場か北十字舎へFaxかE-mailでお申し込み下さい。

参加:画廊:その他 
ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 〒104-0031中央区京橋2-8-18昭和ビルB2
メトロ京橋駅⑥番出口下車 徒歩1分 Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
http://g-tokyohumanite.jp

Star Poets Gallery(三宿)  〒154-0004 世田谷区太子堂1-1-13,佐々木ビル2F-D
   Tel &Fax03-3422-3049
E-mail:collect@star-poets.com
URL: http:www.star-poets.com/

ギャラリー華(広尾)       〒106-0047 港区南麻布5-1-5
                    ℡&fax 03-3442-4584
E-mail: gallery-hana@nifty.com
URL:http//homepage2.nifty.com/gallery-hana/

数寄和(西荻窪)               〒167-0042 杉並区西荻北 3-42-17
                       ℡03-3390-1155 Fax03-5311-7260
   www.sukiwa.net

Hispanica(溜池山王前) 〒107-0052 港区赤坂2-2-19 アドレスビル1F
銀座線・南北線「溜池山王」駅下車8番出口の前のビルの内,徒歩0分
℡:080-4119-9711(神田) ℡:090-3696-7098(天童)

東京平和教会(駒込チャペル)2F        〒170-0003豊島区駒込 1-28-8
JR駒込駅東口下車 徒歩1分
(この会場の予約は、北十字舎(Tel090-3696-7098 Fax03-5982-1797に御連絡下さい)

Cache-cache d’Art(自由ガ丘)   〒158-0083 世田谷区奥沢5-21-10
(カシュカシュダ―ル)   ℡080-3455-2111(西端)

NPO法人東京自由大学(神田)     〒101-0035 千代田区神田紺屋町5 TMビル2階
             ℡090-6497-5030(岡野) 090-3696-7098(天童)
URL:http:homepage2.nifty.com/jiyudaigaku/


*予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎 / Tendo Taijin Bureau
171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
Mobil (au): 090-6181-0556 (AM9 :00~20 :00通話可)
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉聲の復権を目指すプロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」の4月のご案内です!ぜひ御参加ください!

 天童大人 プロデュース  詩人の肉聲とコトバとを聴く!
プロジェクト La Voix des Poètes(詩人の聲)
―肉聲の復権を求めて!「目の言葉」から「耳のコトバ」へー 
  
             2013年4月    
                   
このプロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」は、東京を何時でも詩人の肉聲で詩が聴ける街にすると同時に、詩人や作家の力強い聲を育て、美しい日本語を世界に響かせるために、肉聲を鍛えなければならない。
肉聲が失われつつある現代こそ、聲の力を復権させたいと、2006年10月14日、日本の聲の先達詩人白石かずこさんの聲から口火を鑚り、そして2013年3月29日で、第918回の公演を行い、全ての回を立ち会って、聴き続けて来ました。
このプロジェクトの参加者の中で、2011年3月10日の白石かずこの聲を皮切りに、大宮から新幹線で参加され、詩人の聲を聴かれた後には、必ず詩集を買われていた方がいました。
この2月で参加数は70回を超えています。その熱意には眼を見張るものがあり、詩集を出したいとの希望を聞き、書肆山田の大泉史世さんに話を繋ぎ、昨年の6月に、詩集『谷間の百合』が、刊行されました。
その詩集が歴程新鋭賞、花椿賞の最終候補に残り、今回、第18回中原中也賞を受賞された方が、この細田傳造さんです。
このプロジェクトで育った詩人の誕生、第1号です。
協力して下さる参加画廊は、ギャルリー東京ユマニテ(京橋),Star Poets Gallery(三宿),ギャラリー華(広尾),数寄和(西荻窪),Hispanica(溜池山王),東京平和教会(駒込),Cache-cache dArt(自由ガ丘),Tree House(下高井戸),東京自由大学(神田)。
このプロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」の入場料は通常、3000円、予約、2700円、学生1500円(学生証提示)ですが、参加回数31回以上,ブロンズ会員,2000円,61回以上,シルバー会員,1500円,101回を超えたゴールド会員,1000円,201回以上,プラチナ会員は無料で,参加出来ます。

これからもこの詩人の肉聲とコトバとを聴く!肉聲の復権を求めたプロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」-「目の言葉」から「耳のコトバ」へーを、日本の詩人・作家たちの聲ノ力を高め、また参加された皆様の「耳のコトバ」を鍛える為にも、多くの方々に御喧伝して頂き、御自分の好きな詩人の肉聲の波動を探しに、繰り返しご参加くださいますよう、重ねてお願い致します。

協賛:(㈱)力の源カンパニー、
助成:公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団。 
    2013年4月 黄道吉日
                     プロデューサー
                   UNIVERSAL VOICE® 天童 大人

プロジェクトに参加希望の詩人・画廊、その他のお問い合せは,下記まで。 
北十字舎 / Tendo Taijin Bureau 〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
Tel:03--5982-1834, Fax:03-5982-1797 Mobil: 090-6181-0556 (AM9 :00~20 :00,通話可)
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com   URL:http://universalvoice.air-nifty.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/31

尾形亀之助が、最後に出した本、『障子のある家』は、私家版で、限定70部、非売品で、昭和五年九月五日発行だが、戦後に、草野心平が手掛けた復刻版は、辻まことが持っていたので、できたことを辻まこと全集2を読んで初めて知った!

辻まこと全集2の158ページから162ページに、「尾形亀之助 -特に「障子のある家」について-」が有り、70部限定非売品のNo,7を辻まことが持って中国にも行っている。

「戦後の混乱のまだ静まらなかったある日、私は銀座の地下室のバー「ルパン」で、偶然に草野心平さんと顔をあわせた。お互いにどうしていたかなどと話し合い、健在をともかくも祝福しているうちに、心平さんは、尾形亀之助の作品をだしたいとおもっているといいだした。私は尾形亀之助の名前を聞いた瞬間に理由もなくギクッとした。「障子のある家」をそのままの姿で復刻したいとおもうが差当って本をさがすのが困難だという。
ーそれならボクがもっています
ーなに?本当か、どこにある
ーいまもっていますよ
ーいまってここにか
私は「そうです」とポケットからだしてカウンターの上に置いた。心平さんは実に妙な顔付きでこれを眺めた。信じられないと言った面持ちの一瞬だった。」

これが尾形亀之助の『障子のある家』の復刻版が誕生する切っ掛けの瞬間だったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月24日 - 2013年3月30日 | トップページ | 2013年4月7日 - 2013年4月13日 »