« 2013年4月7日 - 2013年4月13日 | トップページ | 2013年4月21日 - 2013年4月27日 »

2013/04/20

今日、午後2時から、神戸市の神戸文学館で、講演「詩人天童大人<肉聲の世界>」、明日21日は、長田区の正法寺(℡078-642-2741)で、午後1時半から、講演を行う!

間もなく、神戸に向かって、出発する。
今日午後2時から、3時半まで、神戸文学館で、「天童大人の肉聲の世界」を、話に行く。
人との出会いが無ければ、神戸で聲を撃つ事は、もっと遅くなったか、無かったかだろう。
プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、京都在住で、毎年、神戸で開催されているロルカ祭の主催者、詩人で評論家の福田知子が参加しなかったら、こういうことが起こらなかった。
いや、豊橋在住の詩人紫圭子が、一昨年、日本詩人クラブの関西例会で、福田知子に、肉聲の話をしなかったら、福田知子も、東京に出てきて、聲を1時間、撃ち続けることなど、しなかっただろう。
色々と出会いの絆が、長い年月、秘かに続いているのだ。
今年の第24回「天童大人 聲ノ奉納 in 対馬和多都美神社」は、6月9日、PM15:01分開始で、詩人紫圭子が参加する!
この聲ノ奉納も30回、30年を目標だが、もっと続く可能性も否定できない。
今日の肉聲の世界には、何が飛び出してくるのか、全く予測がつかないので、乞うご期待!

プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」も、何処まで続き、今年度の第18回中原中也賞受賞を受賞した詩人細田傳造のような、プロジェクトが生んだ詩人が、何人、出てくだろうか?
プロジェクトに残って、聲を撃ち続けている詩人には、共通項がある。

それは第1000回を超えてから、書くことになるだろう!

聲は、撃ち込み続けて行けば、聲が育っていく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/18

今日、18日に、クリスタル・スイング・ボールの演奏で、お世話になっている新潟市のLulu・Tenが、新規開店する!

新潟市中央区西堀通3-258
Lulu・Ten
℡025-228-6711(新しい電話番号)

千客万来の良い電話番号での新規開店、路面店での店開き!

おめでとう!

また聲のワークショップも、聲の会も主催してくださいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/17

5月初旬に開催される、第2回イラク・バビロン国際詩祭の参加詩人は、フランス・キューバ・アルゼンチン・エジプト・ギリシア・ポーランド・レバノン・イラン・トルコ・ドイツ・日本、その他20人とイラクの詩人50人、音楽・絵画・演劇と大きなフェステバルになりそうだと、伝えてきた。

 昨年は第1回で、来てくれとの連絡が入ったが、プロジェクトの予定が入っていたので、残念ながらお断りした。但し、来年には必ず行くからとの約束で、今年は、早めに予定が入って来たので、プロジェクトは5月1日から13日まで、空けておいた。
実は、字の個展を開催したいとのことで、作品30点、手持ちで来てもらいたい、と。
誰が来るのだろうか?
どんな場で、聲を撃てるのか?

誰が相手として、聲を撃ちあえるのか?

簡単にアメリカに追従した日本代表。風当たりが強い事だろうが、聲さえ撃たせてくれれば、勝ち残れるだろう!

2004年6月、チューリッヒで開催された第4回アリ・ムナタビ国際詩祭、11月、アルゼンチンの第12回ロザリオ国際詩祭に、参加した詩人たちと再会することになるのだろうか?

その前に、20日の神戸市・神戸から、神戸文学館での講演と、21日の神戸・長田区、正法寺での公演を終えて
、旅立の準備を始めることになるだろう!

イラクに行くのに、ビザは要らないというのだが、本当だろうか?

う~ん、良くわからないのだ。現状のイラクが!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/16

5月にプロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」み、参加を予定している詩人は、チラシ制作を急いで、北十字舎宛に、お送りください。4月29日以後、5月14日までは、配布できませんので、お急ぎください!

実現できるかどうか未だ、はっきりしませんが、5月3日から10日までの第2回イラク・バビロン国際詩祭に招待されているために、通常のチラシ配布は、プロジェクトが開催が無いために出来ませんので、お急ぎください!

6月のプロジェクトの日程を構成中です。

ご参加希望の詩人は、ご連絡ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/15

詩人野村喜和夫 5月30日(木)午後6時半から、第948回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、9回目の参加!駒込の東京平和教会2Fの宙に、自作詩を聲に乗せ、撃ち込む!乞うご期待!

天童大人プロデュース -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
詩人野村喜和夫、9回目の参加。
最初の関門10回台を目前にした聲。

肉聲の世界では、撃ち込む聲に、全てが表れる。

野村喜和夫の肉聲に力が付けば鬼に金棒。
胆を据えて、余所見をせず、聲を撃ち、詩を書かないと、時代の荒波が、あっという間に飲み込んで行く。

賞は、宝くじに当たるか外れるかの問題みたいなもの。

さて、今回は、どんな聲を撃つ事が出来るかのか、乞うご期待!

予約・お問い合わせは

東京平和教会2F   〒170-0003豊島区駒込1-28-8
JR駒込駅東口徒歩1分
          予約(090-3696-7098 天童)

北十字舎 Tel 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
携帯090-6181-0556(AM9:00~PM20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/14

詩人田中庸介 5月29日(水)午後7時から、第947回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、22回目の参加!京橋のギャルリー東京ユマニテB2の宙に、自作詩を、聲に乗せ、撃ち込む!

天童大人プロデュース -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
詩人田中庸介 22回目の参加。
聲を撃つ!
最初の聲を、侮っていると、1時間余りの組み立てが巧く出来ないのだ。

聲を練ることも、ただ回を重ねて行けば、練れると思うのは早計のことだ。

常に聲を撃つ、場の力をも考慮に入れての聲の出し方等、考えていては聲を撃てない!

身体性にまで、記憶させていかなければならないのだが、それがなかなかに難しいのだ。

今回、どんな聲を撃つのか、撃てるのか?

乞うご期待!

予約・お問い合わせは

ギャルリー東京ユマニテ〒104-0031中央区京橋2-8-18
                  昭和ビルB2
    Tel 03-3562-1305 Fax 03-3562-1306

北十字舎 Tel 03-5982-1834 Fax 03-5982-1834
携帯090-6181-0556(AM9:oo~PM20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月7日 - 2013年4月13日 | トップページ | 2013年4月21日 - 2013年4月27日 »