« 2013年4月21日 - 2013年4月27日 | トップページ | 2013年5月12日 - 2013年5月18日 »

2013/05/02

古代バビロンに、肉聲を撃ち込む機会が、巡ってきた!詩作品「異聞 バベルの塔」を、思いっきり、撃ち込んで来よう!肉聲の波動が、手裏剣のように、古代バビロンの大地に突き刺さり、胎動を始めるだろう!!!!!

パスポートが必要なのは、入国審査を通過する時だけ。後は、日本人だかどうかは、もう誰もわからない。

先日、初めてお会いしお話しした詩人の北川透さんが、貴方、本当にに日本人?と言われる。

翌朝、食堂で朝食の用意をしているとき、詩人紫圭子さんが、イラクに行かれるそうですよ、と言うと、イラク?イラク、って、あのイラク?と言われ、驚かれていた。

昨年の第1回babylon Festival Foar International Cultures And Artsと題された国際詩祭を兼ねたイヴェントにも日本と友好のためにと、口説かれたが、4月になってからでは、プロジェクトの日程を組み替えるのは困難だった。
約束事は、守らなければならない。
外務省の一部所の感じの良い応対に、ぜったに禁止は出来ないが、自己責任で、ホテルの警備、バクダット空港からバビロンに向かう車両警備の確認、特にバビロンはテロの多いところで、テロに巻き込まれるときのことを考えて、在イラク日本大使館とは、緊密な連絡を取られたい、と言う。

日本の在外大使館が、動いてくれた経験は、今までで、2006年7月、第3回カラカス国際詩祭に、日本大使自ら国際詩祭の会場に足を運ばれ、ただ一人、2400席の国立劇場でノーマイクでの聲に、聴衆が、大歓声で沸いたのを見られて、翌日、カラカス・ヒルトンホテルまで、足を運ばれ、お寿司を御馳走になったぐらいだろうか!
2000年11月の第3回、セネガル・ダカール国際詩祭では、主催者から、日本大使館に、招待状を送ったが、返事も寄越さない、失礼な国だとお叱りを受けたこともあった。
官を入れると、スムーズに行くことも行かなくなる。日本政府の御威光など、何処にも通用しないのだから。

ところが詩人の聲の力は、これは驚くべき力を発するのだ。 先ず今回のように、スペシャル・ゲストで、ビザは、イラクから送られてきた。これには驚いた。在日イラク大使館は、40ドル、と言うのに、詩祭関係者からは、大使館は関係ない、ビザも必要ない、と幾度も言ってきた。
どういうことだろうか?
小生も取っておくべきかと思ったが、日本政府の言うことが、どんなものか試してみてもいいと思って、ほったらかして、山口に行き、第18回中原中也賞受賞式に行ってきた。
受賞詩人細田傳造は、プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」が生んだ第1号の詩人だ。
気持ちの良い受賞式だった。細田傳造さんも嬉しそうだった。
相変わらず、笑いを生み出すリズム!これが詩集にも収録されているのだ。
耳が良いんだね、傳造さんは!
第2詩集『ぴーたーらびっと』(書肆山田刊)も、第1詩集『谷間の百合』よりも、良いのだから驚く!

本当の21世紀詩人、それも大型詩人の誕生だ!

詩集『谷間の百合』を読み切れない既成詩人や、賞味期限が切れた選考委員が、みんな詩集『谷間の百合』が、読み切れるかどうかで、炙り出されてきた。可笑しいね。
間もなく、家を出る。
バビロンで、聲を撃ち込めたら、大きく変わるだろう!
ネブカトネザール大王の威光は、幾らアメリカ軍に蹂躙されていても、大地の精は、あらゆる聲を吸い込むことだろう!
これは肉聲の詩人しかできないことではなかろうか!
持参する字の作品30点に、どんな反応を見せるだろうか?イラク国民は!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/01

自己責任だね!イラクからチケットがやっと届いた!ビザは昨夜に!警備会社の護衛車は、バグダット空港で、我々をピックアップするとか?どんな状態か、じっくり見て来る!

やっとチケットがイラクから届いた。
見たら、明日朝、11時55分発、イスタンブール行き、トルコ航空だ!
椿山荘に電話をかけ、朝7時半発成田行き、リムジンバスを予約。
これからパッキングだ。
2日~13日。帰国して翌日にプロジェクト第936回Star Pets Gallryでの詩人筏丸けいこの聲から開始する。
まったくこんな慌ただしい旅は、初めてでは? 
気温は30度~35度とか!
朱肉を持参しなくではならないし、作品はうまく丸めたが、どう持ち込むのか?
これからが大変だ!
イラクで、字の個展をおこなう!
ドイツの詩人たちとは、イスタンブール空港で落ち合う!
ビザは降りた。警備会社の護送車で、バビロン入りか!可笑しな気分だ。
昨日の山口県立美術館での松田正平展、は見ごたえが有った
。美術館で5時間余りを過ごしたのは、初めてでは!
バビロンで、思いっきり、聲を撃ち込んでくる!何が変わるか?
何を変えられるか?
第2回バビロン国際詩祭で、どんな聲を撃てるのか!
乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月・6月のプロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」の公演開催日程表です。どんどん面白く、為りますよ!是非ご参加ください!

  天童大人 プロデュース
詩人の肉聲とコトバとを聴く! 
プロジェクト La Voix des Poètes (詩人の聲)
―肉聲の復権を求めて!―「目の言葉」から「耳のコトバ」へー 

5月  

第936回5月14日(火) Star Poets Gallery (三宿) 筏丸けいこ(17)

第937回5月15日(水) ギャラリー華(広尾) 長谷川忍(8)

第938回5月17日(金)ギャルリー東京ユマニテ(京橋)  ブリングル(9)

第939回5月18日(土)Cache-cache d’Art(自由が丘) 小林弘明(2)
(この回は開場15:30 開演16:00 ですので、ご注意ください)

第940回5月20日(月)東京平和教会(駒込) 竹内美智代(21)
(この回は開場18:00 開演18:30 ですので、ご注意ください)

第941回5月21日(火)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 禿慶子(19)

第942回5月22日(水)ギャラリー華(広尾) 福田知子(9)

第943回5月23日(木)ギャラリー華(広尾) 杉原梨江子(10)

第944回5月24日(金) 数寄和(西荻窪)  照井良平(初参加)
(この回は開場19:00 開演19:30 ですので、ご注意ください。)

第945回5月27日(月)NPO法人東京自由大学(神田)  なかにし けふこ(8)

第946回5月28日(火)ギャラリー華(広尾) 清水洋子(初参加)

第947回5月29日(水)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 田中庸介(22)

第948回5月30日(木)東京平和教会(駒込) 野村喜和夫(9)
(この回は開場18:00 開演18:30 ですので、ご注意ください)

6月

第949回6月1 日(土) Cache-cache d’Art(自由が丘)  柴田友理(14)

第950回6月4日(火)Star Poets Gallery(三宿) 岩崎迪子(14)

第951回6月5日(水)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 香山雅代(初参加)

第952回6月6日(木)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 田中健太郎(26)

第953回6月7日(金)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 有働薫(25)

第954回6月15日(土)Cache-cache d’Art(自由が丘) 筏丸けいこ(17)

第955回6月17日(月)NPO法人東京自由大学(神田) 原田道子(31)  

第956回6月18日(火)東京平和教会(駒込) 福田知子(9)

第957回6月20日(木)ギャラリー華(広尾) なかにし けふこ(9)

第958回6月21日(金)ギャラリー華(広尾) 清水洋子(2)

第959回6月22日(土)数寄和(西荻窪) 伊藤比呂美(14)
(この回は、開場15:30 開演16:00 ですので、ご注意ください)

第960回6月25日(火)ギャラリー華(広尾) 竹内美智代(22)

第961回6月26日(水)ギャラリー華(広尾) ブリングル(10)

第962回6月27日(木)東京平和教会(駒込) 細田傳造(4)
(この回は、開演18:00 開演18:30 ですので、ご注意ください。)

第963回6月28日(金)ギャラリー華(広尾) 北原千代(5)

第964回6月30日(日)Hispanica(溜池山王) 神泉 薫(34)
(この回は、開場16:00 開演16:30 ですので、ご注意ください。)

(7月に続く)

               開演時間

     *開演時間は、各会場で異なりますので、御注意下さい。

東京平和教会(駒込駅東口1分)  ,開場18:00 開演18:30
   ギャルリー東京ユマニテ(京橋)、Star Poets Gallery(三宿), ギャラリー華(広尾),
Cache-cache dArt(自由が丘) NPO法人東京自由大学(神田) 開場18:30開演:19:00

,  入場料 予約  大人2,700円 当日  大人3,000 円
    学割1,500円 (学生証提示) 小・中学生 (保護者同伴無料)

*御予約は直接、各会場か北十字舎へFaxかE-mailでお申し込み下さい。

参加:画廊:その他
 
ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 〒104-0031中央区京橋2-8-18昭和ビルB2
メトロ京橋駅⑥番出口下車 徒歩1分 Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
http://g-tokyohumanite.jp

Star Poets Gallery(三宿)  〒154-0004 世田谷区太子堂1-1-13,佐々木ビル2F-D
   Tel &Fax03-3422-3049
E-mail:collect@star-poets.com
URL: http:www.star-poets.com/

ギャラリー華(広尾)          〒106-0047 港区南麻布5-1-5
                   ℡&fax 03-3442-4584
E-mail: gallery-hana@nifty.com
URL:http//homepage2.nifty.com/gallery-hana/

数寄和(西荻窪)               〒167-0042 杉並区西荻北 3-42-17
                       ℡03-3390-1155 Fax03-5311-7260
   www.sukiwa.net

Hispanica(溜池山王前) 〒107-0052 港区赤坂2-2-19 アドレスビル1F
銀座線・南北線「溜池山王」駅下車8番出口の前のアドレスビルの内,徒歩0分
   ℡:080-4119-9711(神田) ℡:090-3696-7098(天童)

東京平和教会2F(駒込チャペル)        〒170-0003豊島区駒込 1-28-8
JR駒込駅東口下車 徒歩1分
(この会場の予約は、北十字舎(Tel 090-3696-7098 Fax03-5982-1797に御連絡下さい)

Cache-cache d’Art(自由ガ丘)        〒158-0083 世田谷区奥沢5-21-10
(カシュカシュダ―ル)   ℡080-3455-2111(西端)

NPO法人東京自由大学(神田)     〒101-0035 千代田区神田紺屋町5 TMビル2階
             ℡090-6497-5030(岡野) 090-3696-7098(天童)
URL:http:homepage2.nifty.com/jiyudaigaku/


*予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎 / Tendo Taijin Bureau
171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
Mobil: 090-6181-0556 (AM9 :00~PM20 :00通話可)
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月のプロジェクト「La Vpox des Poètes(詩人の聲)」の、ご案内状です。5月は、14日かから、始まります。

プロジェクト La Voix des Poètes(詩人の聲)
―肉聲の復権を求めて!「目の言葉」から「耳のコトバ」へー 
  
           2013年5月    
                   
このプロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」は、東京を何時でも詩人の肉聲で詩が聴ける街にし、同時に、詩人や作家の力強い聲を育て、美しい日本語を世界に響かせるために、肉聲を鍛えなければならない。
肉聲が失われつつある現代こそ、聲の力を復権させたいと、2006年10月14日、日本の聲の先達詩人白石かずこさんの聲から口火を鑚り、そして2013年4月29日で、第935回の公演を行い、全ての回を立ち会って、聴き続けて来ました。
このプロジェクトの参加者の中で、2011年3月10日の白石かずこの聲を皮切りに、大宮から新幹線で参加され、詩人の聲を聴かれた後には、必ず詩集を買われていた方がいました。
この3月で参加回数は70回を超え、その熱意には眼を見張るものがあり、詩集を出したいとの希望を聞き、書肆山田の大泉史世さんに話を繋ぎ、昨年の6月に、第一詩集『谷間の百合』が、刊行されました。
その詩集が歴程新鋭賞、花椿賞の最終候補に残り、今回、第18回中原中也賞を受賞された詩集『谷間の百合』の細田傳造さんです。
詩歴はわずか4年余り。
このプロジェクトで育った詩人の誕生、第1号です。
プロジェクトに、協力して下さる参加画廊は、ギャルリー東京ユマニテ(京橋),Star Poets Gallery(三宿),ギャラリー華(広尾),数寄和(西荻窪),Hispanica(溜池山王),東京平和教会(駒込),Cache-cache dArt(自由ガ丘),Tree House(下高井戸),東京自由大学(神田)、10ヵ所。

このプロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」の入場料は通常、3000円、予約、2700円、学生1500円(学生証提示)ですが、参加回数31回以上,ブロンズ会員,2000円,61回以上,シルバー会員,1500円,101回を超えたゴールド会員,1000円,201回以上,プラチナ会員は無料で,参加出来ます。

これからもこの詩人の肉聲とコトバとを聴く!肉聲の復権を求めたプロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」-「目の言葉」から「耳のコトバ」へーを、日本の詩人・作家たちの聲ノ力を高め、また参加された皆様の「耳のコトバ」を鍛える為にも、多くの方々に御喧伝して頂き、御自分の好きな詩人の肉聲の波動を探しに、繰り返しご参加くださいますよう、重ねてお願い致します。

協賛:(㈱)力の源カンパニー、

助成:公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団。 

    2013年5月 黄道吉日
                     プロデューサー
                   UNIVERSAL VOICE® 天童 大人

プロジェクトに参加希望の詩人・画廊、その他のお問い合せは,下記まで。 

北十字舎 / Tendo Taijin Bureau 〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5

Tel:03--5982-1834, Fax:03-5982-1797 Mobil: 090-6181-0556 (AM9 :00~20 :00,通話可)
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com   URL:http://universalvoice.air-nifty.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/30

4月に、プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、ご寄贈くださった詩書たちです。プロジェクトとに、役立てますので、ご理解ください。今後ともよろしく、お願いいたします。

寄贈された詩書たち(57)2013・4・01~4・30

詩誌

奥成達「gui」98
金堀則夫「交野が原」74
鈴木孝「宇宙詩人」No.18
有働薫「repure」16
渡辺宗子「弦」56

詩集・歌集・句集・小説・エセイ

磯貝景美江『緑景』(思潮社)
たなか あきみつ『イナシュヴェ』(書肆山田)
有鴇秀記『眠りの門』(澪標)
平岡けいこ『未完成な週末』(近代文芸社)
平岡けいこ詩画集『誕生』(ARCADIA、コピー)
平岡けいこ『幻肢痛』(砂子屋書房)

詩論

その他
松下信子「ENSCENE」
松沢栄『町工場からの宣戦布告』(産学社)
杏平太 写真集『櫟下荘秋春』
筏丸けいこ「ちくま」4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月21日 - 2013年4月27日 | トップページ | 2013年5月12日 - 2013年5月18日 »