« 2013年7月28日 - 2013年8月3日 | トップページ | 2013年8月11日 - 2013年8月17日 »

2013/08/10

Proje「La Voix des Poètes(詩人の聲)」1000回記念、に参加詩人の全記録を記載した小冊子を刊行する予定ですが、巻末に、遂次刊行物(新聞・雑誌)に書かれた記事などをの記録を掲載する予定で、準備を始めています。

Proje「La Voix des Poètes(詩人の聲)」1000回記念、に参加詩人の全記録を記載した小冊子を刊行する予定ですが、巻末に、遂次刊行物(新聞・雑誌)に書かれた記事などをの記録を掲載する予定で、準備を始めています。

もし、書かれた方がお出ででしたら、お手数ですが、至急、お教え下さい。

FAX 03-5982-1797 北十字舎あてに。宜しく、お願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/08

詩人竹内美智代にお願いして、9月3日(火)午後7時から、第35回Projet「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、24回目の参加!鹿児島弁を京橋の宙に撃ち込む!乞うご期待!

この公演は、2007年2月9日(金)に、予定していた回が順延の為、代替公演ですので、ご注意下さい。)

10月13日に第1000回を迎えるに当たり、実数としての1000回に、するため、2006年10月14日の第1回から、1000回記念公演実行委員会が調べたところ、第35回が書けていることが判明しましたので、この期に及んで心苦しいのですが、詩人竹内美智代に、お願いして開催することにしましたので、ご了承ください。

詩人竹内美智代は、自分の母語としての鹿児島弁を想い出すことによって、より共通語としての標準語との差異に新たな活路を見出しました。

是非、この機会に、詩人竹内美智代の鹿児島弁をお聴きください。

予約・お問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ 〒104-0031中央区京橋2-8-18
昭和ビルB2
Tel 03-3562-1305 Fax 03-3562-1306
北十字舎 Tel 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
携帯090-090-6181-0556(AM9:00~PM20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/07

今夜、三宿のStar Pets Galleryで、開催を予定していた、第984回 Projet「La Voix des Poètes(詩人の聲)」ブリングルは、突然の水疱瘡で、入院の為、中止になりました。ご参加予定の皆さんには、大変申し訳ありませんが、ご了承ください。

今夜、三宿のStar Pets Galleryで、開催を予定していた、第984回 Projet「La Voix des Poètes(詩人の聲)」ブリングルは、突然の水疱瘡で、入院の為、中止になりました。ご参加予定の皆さんには、大変申し訳ありませんが、ご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/05

詩人・朗唱家天童大人 9月2日(月)午後6時半から、第982回Projet「 La Voix des poètes(詩人の聲)」の代替え公演です。駒込の会場に、聲を撃ち込む!

天童 大人 プロデュース
第982回 La Voix des poètes(詩人の聲)
「目の言葉」から「耳のコトバ」へ
 
天童 大人 (第36回目) 

今年5月、紀元前5000年、イラク・バビロンのニムロデの磁場の強い塔跡で、撃ち込んだ聲!

今年で24年目になる「聲ノ奉納 in 対馬・和多都美神社」に撃ち込んだ聲!
宗像神社・高宮に撃ち込んだ聲!

一時間余り、新作を含め、 UNIVERSAL VOICE®を撃ち込みます。

日時:2013年9月2日(月) 開場18:00 開演18:30
会場  東京平和教会2F(駒込)
〒170-0003 豊島区駒込1-28-2 JR駒込東口下車徒歩1分
ご予約:Tel 090-3696-7098 Fax03-5982-1797    

入場料 予約  大人 2,700円  当日 大人 3,000円 
          学生 1500円(学生証呈示) 小・中学生(無料 保護者同伴)

                  協賛:(株)力の源カンパニー
                  助成:公益財団法人アサヒグループ芸術財文化財団 
  天童 大人プロフィール
1943年小樽市生。13歳より単身東京へ。文化学院文科卒:獨協大学外国学部フランス語科に学ぶ。
詩集『玄象の世界』1981年(永井出版企画)、『エズラ・パウンドの碧い指環』1995年(北十字舎)、『大神 キッキ・マニトウ』1997年(北十字舎)、『玄象の世界抄』1997年(北十字舎)、『Rosso di Maggio(赤い五月)』1999年(イタリア・ミラノ・セルヴェニーニ出版社)、『EL VIENTO DE DAKAR(1978-2005)ダカールの風』2006年(白凰社)、その他多数。
 版画作品集『TERZINA―OHHODOBI―』、1997年『Letter Scape』2000年(イタリア・セルヴェニーニ出版社)、
2013年5月、第二回バビロン国際・文化芸術祭(イラク)で、字の個展と国際詩祭とに、招待参加。
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/
Projetの日程を見るのは、URL:http://projetlavoixdespoete.jimdo.com/ 
所属:日本ペンクラブ・日本文藝家協会・国際詩アフリカ協会(セネガル)・メソポタミア文化財団(イラク)、各会員。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今、ムービープラスで、映画「エマニエル夫人」を上映していて、アラン・キュニー出ていて、懐かしくなった!

今、映画「エマニエル夫人」をムービープラスで、やっていて、フランスの映画俳優アラン・キュニーが出ているのを見て、懐かしくなった。
アランに逢ったのは、1973年の夏、パリの在る画廊でだ。
確か「ヒロシマモナムール(二十四時間の情事)」の主演女優も来ていたが、何で、アランと話をしたのか、だんだん想い出してきた
。そう遅れてやってきたアランに、何処かの大学教授みたいだ、と言ったら、今、自分もそのことを考えてきたのだ、と言い、何なら似合うかと言うので、外交官だとか経済学者が似合うと。
何処に泊まっているのかと言ったので、友人の処で、と言ったらいつでもお出で、部屋が23あるから、大丈夫。
娘がいるけどね、と言ってカードをもらって、別れたことを想い出した。
その後、あのジャック・ラカンが、疲れた!疲れた!と言って入ってきたのだ。
ラカンを撮った写真が一葉、何処かに有る筈だ。
もう40年も前の話だ。
アラン・キュニーが、ピカソやジョルジュ・バタイユの友人で、ラカンがピカソの主治医だと知ったのは、帰国した後だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/04

Projetの9月の予定の安曇野在住の詩人井上輝夫の日程が、12日から19日に、変更になりましたのでご注意ください。

今、安曇野在住の詩人井上輝夫から電話があり、9月12日は、不都合が出来たので、1週間遅れの19日にしてほしいとの電話があり、ギャルリー東京ユマニテのオーナーの土倉氏に電話をし、可能かどうかお尋ねしたところ、19日可との事。
故に長谷川忍の回は第995回に。
井上輝夫は、第996回で9月19日に、変更になりましたので、御注意ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月10日で、10月13日銀座・並木通りの資生堂銀座ビル3階 資生堂花椿ホールで開催されるprojet「La Voix des Poètes(詩人の聲)」1000回記念公演、への参加詩人を締め切ります。

8月10日で、10月13日銀座・並木通りの資生堂銀座ビル3階 資生堂花椿ホールで開催されるprojet「La Voix des Poètes(詩人の聲)」1000回記念公演、への参加詩人を締め切ります。

後は、どんな聲の組み合わせなのか?

現在、参加希望の詩人は24名です。

肉聲とコトバとの饗宴です。

お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海水汚染は、あの忌まわしい3・11以後、常識的に考えて恒常的に垂れ流されていたことが、はっきりした。東京電力に、改善する気も、能力も、もはや無い。いやもう日本政府にも、打つ手立ては無いのでは?本当の汚染列島に、日本はなってしまった。

事故が起こって少し経ってから、海洋汚染テロ国家に、日本は認定されたのでは?
海外からの視点は、正しかった。

3・11以後、時を待たず、アメリカ政府は、80キロ以内、米国国民の立ち入り禁止に。
フランスは、民間機のエールフランス機を借り上げ、フランス軍の輸送機とで、フランス国民を全員日本退去に!確かドイツ政府もドイツ国民も。

この島の国の無辜の民だけ、放りだされてきている。
それも未だに確かな情報は流されていない。

海水浴などもってのほかのこと。
本当に、魚は大丈夫なのか?誰にも分からない。

ジャーナリストも東京新聞7月31日の朝刊で、福島原発 汚染水漏れの実態、と報道して居るだけ!

きちんとした情報を伝える者の数、極めて少ない。

これは3・11以後、変わりがないのではないか。

避難された方々のことは、どうするのだ!

1兆円有れば、家を作ってあげられるだろうに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月28日 - 2013年8月3日 | トップページ | 2013年8月11日 - 2013年8月17日 »