« 2013年8月11日 - 2013年8月17日 | トップページ | 2013年8月25日 - 2013年8月31日 »

2013/08/24

我が家に、聖徳太子像が来た。手で撫でてあげると、生気に満ちた顔に、変化したので、驚いた!

信楽焼で、作られた、生誕1400年記念 和 聖徳太子像 が、イギリス人の知人の阿闍梨から贈られた。
誰の影響を天童さんは受けていますか、との問いかけに、達磨、空海、聖徳太子と言った瞬間、聖徳太子?じゃ聖徳太子像をあげますよ、言われたのだ。
そして昨日、受け取り、帰宅して、信楽焼の聖徳太子像の顔を手で撫でてあげると、顔に生気が甦り、顔色が良くなった。
隣に木製のキリスト像が在り、並んで枕元のサイドテーブルの上に置いた。
手で撫でただけで、生気が甦る!
傍で見ていた家人も吃驚する変化なのだ。
「物は必要に応じて生じる」と言われているが、聖徳太子十七条憲法、を今、この時期、読み返す必要がありそうだ。
でもこの聖徳太子像が、可愛いのだ。
聖徳太子が手にしている笏は、飛騨国一の宮である水無神社の御祈祷を受け、この位山の御神木を以って御謹製されたものだそうだ。
面白いことになってきた。

どんな力を与えてくれるのか!今、テレビを見ていたら、馬に乗った聖徳太子が富士山の傍まで飛んでいるのだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人田中健太郎 9月30日(月)午後7時から、第984回Projet「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、27回目の参加。この回は8月7日に予定していた詩人ブリングルが急病の為に、中止になった代替え公演です。新詩集『犬釘』(思潮社刊)は、どんな作品か?乞うご期待!

天童大人プロデュース -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
この回は、8月7日に、詩人ブリングルを予定して居ましたが、急病の為、キャンセルになり、ブリングルの第1000回記念公演の参加資格は無くなりました。
10月13日の第1000回を実数で迎えるために、詩人田中健太郎にお願いして、第984回が開催できることになりました。
詩人田中健太郎は。新詩集『犬釘』(思潮社刊)を、刊行したばかりですので、この回を詩集『犬釘』刊行記念、として行います。
是非、ご参加ください。

予約・お問い合わせは
NPO法人東京自由大学 〒101-0035千代田区神田紺屋町5
TMビル2F
         Tel 090-6497-5030 岡野

北十字舎 Tel 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
携帯090―6181―0556(AM9:00~PM20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人原田道子 9月24日(火) 午後6時半から、第998回Projet「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、急病の詩人野村喜和夫の代わりに、33回目の参加!駒込の宙に自作詩を聲に乗せ、撃ち込む!乞うご期待!

天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
詩人原田道子 33回目の参加!
この回は、詩人野村喜和夫の予定だったが、急病の為、詩人原田道子にお願いいした。
9月のスケジュールが、揺れ動いていたが、もうこれで、誰かが急病人が出ない限り大丈夫かもしれない。
さて今回の詩人原田道子の聲、10月13日に向けての仕上げの聲になるのか、どうか、じっくりお聴き願いたい。

予約・お問い合わせは
東京平和教会(駒込)〒170-0003 豊島区駒込1-28-8
JR駒込駅東口下車徒歩1分
  予約Tel 090-6181-0556(AM9:00~PM8:00通話可)

北十字舎 Tel 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/23

豊川市在住の詩人紫圭子 9月6日(金)午後7時から第993回Projet「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に21回目の参加!詩人野村喜和夫が急病の為、急遽、代役公演に!乞うご期待!

天童大人プロデュース -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
詩人野村喜和夫を予定していたこの回は、野村喜和夫の急病の為、急遽、豊川市在住の詩人紫圭子(21)に、お願いした。
アルトの音域を完成させるためにも、いい機会だろう。
最近、『日韓対訳詩アンソロジー 海の花が咲きました』(図書出版海盛刊)御苦労の上、刊行にこぎつけられた。
良い対訳本が出来上がった。
さて10月13日のProjetの1000回記念公演に、参加を決めた詩人紫圭子の聲を。アルトの音域も出る様にするために、新たに、挑戦の機会を得た。

どんな聲を聴かせてくれるのか、乞うご期待!

予約・お問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ〒104-0031中央区京橋2-8-18 昭和ビルB2
Tel 03-3562-1305 Fax 03-3562-1306

北十字舎 Tel 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
携帯090-6181-0556(AM9:00~PM20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/22

Poets’ True Voices Unplugged Returning to the Raw Voice—From Letters that Are Seen, to Words that Are Heard—

Poets’ True Voices Unplugged
Returning to the Raw Voice
—From Letters that Are Seen, to Words that Are Heard—

La Voix des Poètes
1,000th Memorial Performance
Produced by Tendō Taijin from October 14, 2006–October 13, 2013

Date & Time: October 13, 2013 Hall Opens at 12:30 pm Starts at 1:00 pm
Venue: Hana Tsubaki Hall, Shiseidō Ginza Bldg. 3F (Namiki-dōri)
7–5–5 Ginza, Chūō-ku, Tokyo
Tickets: Advance – \6,000; At the door – \5,500; Students – \3,000
Primary & Middle School Student – Free, if accompanied by an adult

Under the mottoes of “Let’s fill our cities with raw voices of poets!” and “Let the beauty of the Japanese language echo around the world in the strong voices of our poets and writers!”—in order to reinvigorate the true, raw voices of our writers, which seemed to have weakened, I instituted the project known as La Voix des Poètes (The Voice of the Poets) on October 14, 2006. Now, some 7 years later, we are celebrating our 1,000th performance. Since its inceptions, performances under the aegis of this project have taken place every few days under the production of poet and reciter Tendō Taijin.

During this project, over 150 people have participated, coming from as far as Hokkaidō, Okinawa, Korea, and even the United States, to recite their works. This time, each poet will have 10 minutes to recite in a loud voice some of their own works, that is, with the naked voice, without the use of a microphone. This is the first time in Japan—perhaps in the world—that poets have ever read their works without amplification, and 25 poets will participate.

Using this opportunity to listen to several poets recite their own works with their true, naked voices, try to decide with your own ears whose voice you felt the most comfortable, or whose voice you thought the most powerful, and let their voices shower you with their vibrations, and enjoy the experience!

With the cooperation of Shiseidō.

For reservations for the 1,000th Memorial Performance, please contact:

Projet «La Voix des Poètes», 1,000th Memorial Performance
Kita Jūji-sha nai, 3–6–5 Mejiro, Toshima-ku, Tokyo 171-0031

Tel: 03-5983-1834 / Fax: 03-5982-1797 / Mobile: 090-3696-7098

E-mail: tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
Websites: http://universalvoice.air-nifty.com / http://projetlavoixdespoetes.jimdo.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人野村喜和夫 急病の為、9月6日と24日に予定していたProjetは、6日は詩人紫圭子に、24日は、原田道子に、30日は田中健太郎に、プログラムを変更しますので、ご注意ください。

従って、10月13日の1000回記念公演への参加は、残念ながら、見送られることになりました。
しっかりと養生されて、再起してください。
若い詩人の面倒など。見る必要は、ありませんよ。それよりご自分の仕事をなさってください。
良い休養期間だと思います。
治られたら。Projetに参加ください。

下記のごとく、9月の日程が変わりますので、御注意下さい。

9月 

第982回9月2日(月)東京平和教会(駒込)  天童大人(36)
(この回は8月2日に予定した回の代替公演です。開場は18:00 開演18:30分です。)

第35回9月3日(火)ギャルリー東京ユマニテ(京橋)    竹内美智代(24)
(この回は2007年2月9日(金)に、予定した回が順延のための代替公演です。)

第993回9月6日(金)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 紫圭子(21)

第994回9月10日(火)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 小川英晴(7)

第995回9月17日(火)Star Poets Gallery(三宿) 長谷川忍(11)

第996回9月19日(木)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 井上輝夫(6)

第997回9月20日(金)数寄和(西荻窪)     建畠哲(6)
(この回の開場は18:30 開演19:00 ですので、ご注意ください。)

第998回9月24日(火)東京平和教会(駒込) 原田道子(33)
(この回の開場は18:00 開演は18:30 ですので、ご注意ください。)

第984回9月30日(月)NPO法人東京自由大学(神田)  田中健太郎(27)
(この回は8月7日に予定した回の代替公演です。ご注意ください。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/20

Poets’ True Voices Unplugged Returning to the Raw Voice —From Letters that Are Seen, to Words that Are Heard— La Voix des Poètes 1,000th Memorial Performance Produced by Tendō Taijin from October 14, 2006–October 13, 2013

Poets’ True Voices Unplugged
Returning to the Raw Voice
—From Letters that Are Seen, to Words that Are Heard—

La Voix des Poètes
1,000th Memorial Performance
Produced by Tendō Taijin from October 14, 2006–October 13, 2013

Date & Time: October 13, 2013 Hall Opens at 12:30 pm Starts at 1:00 pm
Venue: Hana Tsubaki Hall, Shiseidō Ginza Bldg. 3F (Namiki-dōri)
7–5–5 Ginza, Chūō-ku, Tokyo


Under the mottoes of “Let’s fill our cities with raw voices of poets!” and “Let the beauty of the Japanese language echo around the world in the strong voices of our poets and writers!”—in order to reinvigorate the true, raw voices of our writers, which seemed to have weakened, I instituted the project known as La Voix des Poètes (The Voice of the Poets) on October 14, 2006. Now, some 7 years later, we are celebrating our 1,000th performance. Since its inceptions, performances under the aegis of this project have taken place every few days under the production of poet and reciter Tendō Taijin.

During this project, over 150 people have participated, coming from as far as Hokkaidō, Okinawa, Korea, and even the United States, to recite their works. This time, each poet will have 10 minutes to recite in a loud voice some of their own works, that is, with the naked voice, without the use of a microphone. This is the first time in Japan—perhaps in the world—that poets have ever read their works without amplification, and 25 poets will participate.

Using this opportunity to listen to several poets recite their own works with their true, naked voices, try to decide with your own ears whose voice you felt the most comfortable, or whose voice you thought the most powerful, and let their voices shower you with their vibrations, and enjoy the experience!

With the cooperation of Shiseidō.

For reservations for the 1,000th Memorial Performance, please contact:

Projet «La Voix des Poètes», 1,000th Memorial Performance
Kita Jūji-sha nai, 3–6–5 Mejiro, Toshima-ku, Tokyo 171-0031

Tel: 03-5983-1834 / Fax: 03-5982-1797 / Mobile: 090-3696-7098

E-mail: tendotaijinbureau@mbi.nifty.com

Websites: http://universalvoice.air-nifty.com / http://projetlavoixdespoetes.jimdo.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月11日 - 2013年8月17日 | トップページ | 2013年8月25日 - 2013年8月31日 »