« 2013年9月1日 - 2013年9月7日 | トップページ | 2013年9月15日 - 2013年9月21日 »

2013/09/14

歌人岩田亨、Projet「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、21日(土)、午後5時から、自由が丘で、初参加!どんな聲が聴けるのか、乞うご期待!

実数1000回にすると言う事の困難さを今、味わっている。参加詩人 全記録を、1000回記念公演実行委員会で、精査していると、色々な誤りが出てくのだ。先ず、最初から、1000回の記録集を刊行するつもりで撃ち込んできたわけでないので、誤りが、多々あるのだ。その結果、9月末で1回分が足り無いのに気がついた。そこで、新たに参加したいと言われていた、歌人の岩田亨さんとcache-cached`Artの西端さんに無理をお願いして、21日(土)午後4時半、開場、午後5時開演での初参加が決まった!短歌は、福島泰樹・辰巳康子に次いでの3人目だ。1000回を目前に、新しい風が吹く!乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「日本と言う国は、不思議な国で、自分の国のいいものを惜しげもなく捨てて、わるいものばかり取り入れて行くのを国是としているようだ。国民全体が何でも簡便なことばかり喜んで、骨を折ることを嫌っている。と作家小島政二郎は、1977年刊の『味見手帖』に書いている。

「日本と言う国は、不思議な国で、自分の国のいいものを惜しげもなく捨てて、わるいものばかり取り入れて行くのを国是としているようだ。国民全体が何でも簡便なことばかり喜んで、骨を折ることを嫌っている。芸になっていない芸人ばかりが跋扈しているのなど、その第一の例であろう。それを、みんなが喜んで迎えているのだから呆れる外はない。そのために、落語も、講談も、浪花節も、漫才も、聞くに堪えるものは一人もいなくなってしまった。その結果、「うまい」と云うものが全部亡びてしまった。鶏も、豚も、牛肉も、みんな「うまく」なくなった。「うまいもの」は、途方もなく高いものなっえ、私たちの口に入らなくなった」この文章は、作家小島政次郎著『味見手帖』(KK・ロングセラーズ 1977年刊)。

今から36年前に、既に多くのモノが亡んでいる。安藤鶴夫のような評論家が居ないのも、書きたい人物が居ないと言う事だ。今のテレビなど、ほとんど垂れ流しで、東京オリンピック、を刷り込んでいるが、何処まで刷り込めるか?興味がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/13

間もなく公開される映画、「イップ・マン 最終章」の予告編を見ると、詠春拳が出て来て驚いた。

間もなく公開される映画、「イップ・マン 最終章」予告編を見ると、詠春拳が出て来て驚いた。
かってといっても1972年頃、スペインに旅立つ前に、簡化太極拳を修めているときに、師の元に、台湾人が訪ねてきた。
その商社に籍を置く、台湾人が、「日本の空手も強いが、詠春はもっと強い」と言って、型を見せてくれた。
拳は肘を引かない。空手は、ワン・ツーと拳を撃つが、詠春は、ワン、だけだと言って、私の繰り出す拳をことごとく遮るのだ。
彼の師匠は、目隠しをして、相対する、という。
足捌きの音で、相手の拳が出て来るのが分かると言うのだ。
杉並の一軒家の庭先での、僅かな経験だが、良い学びが出来た。
あれから41年、人の口に乗らなかった、「詠春拳」が、今、世に知られていく。
41年の時間の経過を面白く感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/12

Projet「La Voix des Poètes(詩人の聲)」7年間の全参加詩人記録を、10月13日に、花椿ホールの第1000回記念公演会会場で、発売よていです。.回数・日・名前だけの非常にシンプルなものですが、逆に、多くのことを語ってくれています。一度手に取ってみてください。

今、2006年10月14日の第1回、白石かずこの聲から始まったprojet「La Voix des Poètes(詩人の聲)」の2013年10月13日までの7年間の参加詩人の全参加記録の小冊子を、制作している。
限定500部で、本体1500円で、10月13日の花椿ホールで、販売の予定で、準備を進めている。
この参加詩人全記録を見ていると、非常に面白いと同時に、回数・月日・名前としか記されていないのに、色々なことを語り、伝えてくれる。
恐らく、これまで続けられると、思っていなかっただろう。
今の詩人は、人を目る目が無い者が多い。
先達の人物は、本当に面白い。
今までに参加された詩人総数は、154人。うち亡くなられた詩人は、島木綿子と中村洋子の2名のみ。
88歳の平林敏彦から、25歳の柴田友理迄の中から、今回は地方は6回以上、東京は11回以上の参加資格のある詩人36人の中からの24人。
最初の詩人白石かずこの聲から、最後の詩人高橋睦郎の聲まで、一切の休憩もなく、切れ目なく続く、詩人の聲とコトバとの饗宴。
リレー方式で言えば、4時間リレー。これだけの詩人の聲を一堂に会して開催される、聲、肉聲の会は、本邦初めて!
どんな会になりますか、是非、ご参加ください!
予約されると予約番号をお知らせします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月1日 - 2013年9月7日 | トップページ | 2013年9月15日 - 2013年9月21日 »