« 2013年11月10日 - 2013年11月16日 | トップページ | 2013年12月1日 - 2013年12月7日 »

2013/11/23

詩人白石かずこ 12月22日(日)午後6時半から、第1031回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、30回目の参加!地元、西荻の宙に、自作詩を聲に乗せ、解き放つ!今年度、最後のProjet公演!

天童大人プロデュース-「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
日本の聲の先達詩人白石かずこが、2013年のProjet公演の最後を飾ります。

是非、万難を排して、12月22日(日曜日)午後6時過ぎには、中央線西荻窪駅下車、徒歩5分の数寄和に、お出かけください。
Projet参加詩人も是非、この機会に、先輩詩人の聲を学んでください。

予約・お問い合わせは
数寄和 〒167-0042 杉並区西荻北3-42-17
Tel 03-3390-1155 Fax 03-5311-7260

北十字舎 Tel 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
携帯090-6181-0556(AM9:00~PM20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/22

詩人・フランス文学者後藤美和子 12月19日(木)午後7時から、第1030回 Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、初参加!京橋の宙に初めて、聲を撃ち込む!乞うご期待!

第1030回 Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) 後藤美和子 初参加!
開催日:2013 年 12 月 19 日
場所:東京都 ギャルリー東京ユマニテ(京橋駅6番出口下車 徒歩1分)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分

料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示) 小・中学生(保護者同伴無料)
天童大人プロデュース-「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
詩人でフランス文学者後藤美和子 初参加!
10月13日の1000回記念公演を聴いて、Projetへの参加を決めた3人の詩人の一人。

2002年ユリイカの新人、2003年第1詩集『極地』(書肆山田刊)、2007年第2詩集『大地の黄身』(書肆山田刊)、2013年 『トリスタン・ツァラ伝ーダダの革命を発明した男』(共訳)(思潮社刊)。
さてどう聲を聴かせてくれるのか?
どう聲を撃ち込めるのか?
新しい聲に出会えるのが楽しみだ!
乞うご期待!

予約・お問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ〒104-0031中央区京橋昭和ビルB2
Tel 03-3562-1305 Fax 03-3562-1306

北十字舎 Tel 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/21

少しづつ体が、回復して来ていて、久しぶりに、今朝、先輩詩人に電話をして、長話をした

少しづつ体が、回復して来ていて、久しぶりに、今朝、先輩詩人に電話をして、長話をした。今回は復活がなかなか出来なくて、家人には、このままオッチンジャウのではないかと、思われていたようですが。
聲ノ力が従来のようには、今でも戻って来ず、芯から疲労していたのでしょう!
だから余計に、好い加減な詩人には、腹立たしく思うのでしょう。
12月からの新生Projetでは、既に1000回記念公演の場に立てた詩人の中で、これからもProjetに参加を希望する詩人のほとんどが、もう古い作品は聲に乗せられない、ことが分かったようです。
ですからどんどん新作を書いている詩人が増えています。Projet が、大きく変貌を遂げ始めました。
これから暗い時代に、変わる以上に、Projetに参加している詩人たちは、聲に乗せて、新作を刻んで行きます。
もう数回で、新生Projetの始まりです!お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初参加の詩人峯澤典子 12月18日(水)午後7時から、第1029回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、初参加! 初めて、京橋の宙に、自作詩を聲にのせ、撃ち込む!乞うご期待!

天童大人プロデュース-「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
詩人峯澤典子 初参加!
10月13日の1000回記念公演を聴いて、Projetに、参加することを決めた詩人峯澤典子の初参加!
既に2冊の詩集、『水版画』(2008年ふらんす堂)、『ひかりの途上で』(2013年 七月堂)を刊行。
このProjetに参加して,自作品を聲にのせ、撃ち込み続けていくうちに、作品が、本人の内に秘めたリズムが変化し、作品が大きく変わってくるのだ。

2008年ユリイカ新人

既に2014年1月の参加も決めた初参加の詩人峯澤典子!
どんな聲を聴かせてくれるのか、こうご期待!

開場18:30 開演19:00

入場料3000円(予約2700円)

予約・お問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ〒中央区京橋2-8-18昭和ビルB2
Tel 03-3562-1305 Fax 03-3562-1306

北十字舎 Tel 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
携帯090-6181-0556(AM9:00~PM20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/20

歌人岩田亨 12月17日(火)午後7時から、第1028回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、3回目!1回目の時とどう変わっているのか?こうご期待!

天童大人プロデュース-「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
歌人岩田亨 3回目の参加!
岩田亨、聲を撃ち込むことによって、本人が自覚できるくらい、多くのことで変化が生じている。
こうして撃ち続けていくと、作品の変化、体調の向上と良いことづくめ。
さて3回目の今回、どんな聲なのか?
乞うご期待!

予約・お問い合わせは
Cache-cache d`Art〒158-0083世田谷区奥沢5-21-10
Tel080-3455-2111((西端)

北十字舎 Tel 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
携帯090-6181-0556(AM9:00~PM20:00 通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/19

詩人禿慶子 12月16日(月)午後7時から、第1027回Projet la Voix des Poètes(詩人の聲)に、24回目の参加!神田の宙に、自作詩を聲に乗せ、撃ち込む!

天童大人プロデュース-「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
81歳の詩人禿慶子 25回目の参加!
本当に早いもので、もう25回も参加している詩人禿慶子の聲はすっかり、立ち上がっている。
若い詩人の目標に、81歳の詩人禿慶子はなっている。
例えば、25歳の詩人柴田友理の3倍以上の年齢。
柴田友理は55年は聲を撃ち続けて行けるからだ!
これは凄いことだ!
さて今回詩人禿慶子の聲は、どんな聲を撃ち込むのか?
乞うご期待!

開場18:30 開演19:00
入場料 3000円(当日2700円)

予約・お問い合わせは
NPO法人東京自由大学 〒101-0035千代田区神田紺屋町5
TMビル2F
         Tel 090-6497-5030(岡野)

北十字舎 Tel 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
携帯090-6181-0556(AM9:00~PM20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/18

詩人峰岸了子  12 月 12 日(木)午後7時から、第1026回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、25回目の参加 !京橋の宙に聲を撃つ!

第1026回Projet La Voix des Po?tes(詩人の聲) 峰岸了子 25回目の参加
2013 年 12 月 12 日
場所:東京都 ギャルリー東京ユマニテ(京橋?番出口徒歩1分)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000 円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)小・中学生(保護者同伴無料)
関連web:天童大人 詩人・朗唱家・字家の公式ブログ ( http://universalvoice.air-nifty.com/ )

天童大人プロデュース-「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
詩人峰岸了子 25回目の参加!
今までの1000回の積み重ねた後の聲とは、どんな聲か?
どんな聲を聴かせてくれるのだろうか?
場の変化に気が付けば、自ずから過去の作品には、素直に立ち向かえないのかもしれないが、その違いを見極めることが出来るのか?
12月からの新生Projetを前にして、最後の挑戦!
どんな答えが出されるのか?
乞うご期待!

予約・お問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ〒104-0031中央区京橋2-8-18
昭和ビルB2
Tel 03-3562-1305 Fax 03-3562-1306

北十字舎 Tel 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
携帯090-6181-0556(AM9:00~PM20:00通話可)
--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/17

今月に入って、Projetの1000回記念公演の場に立った詩人が登場しているが、10月13日以前の作品は、聲に乗せれなくなっている。

今月に入って、Projetの1000回記念公演の場に立った詩人が登場しているが、10月13日以前の作品は、聲に乗せれなくなっている。
これはあの1000回記念の場が、大きく作用している。
ここで一度、踏みとどまって、先を目指す詩人と、あの状態で良しとする詩人の差が、ますます広がっていく!
もう聲はかけない。
自主的に聲を撃ちたい詩人だけが続けて行ける!
何の理由もない。ただ聲を撃てるか、撃てないかの違いに思うかだが、そこらにある、朗読とか朗読会とは、全く違う。
この場に来るまで、7年かかった。
誰が続けられるのか?見渡すところ、何処にも見当たらない。
後、5回を終えると、12月から、新生Projetが、動き出す!
真剣勝負が、繰り広げられる聲の世界!

いよいよ日本・東京から始まる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月10日 - 2013年11月16日 | トップページ | 2013年12月1日 - 2013年12月7日 »