« 2013年2月3日 - 2013年2月9日 | トップページ | 2013年2月17日 - 2013年2月23日 »

2013/02/16

出てきた2003年の手帳を見たら、ニューヨーク・オートクチュール・デザイナーCHADO RALPH RUCCIの名前が書かれているのを見て、10年前のパリでの出来事を想い出した。

 2003年1月23日、パリのルーマニア大使館で、ニューヨークのオートクチュール・デザイナー CHADO RALPH RUCCIのコレクション展が開催された時、招待されて、20日、パリに着いていた。

定宿のパリのホテル・ベドフォードのオーナー夫人のNICOLを誘い、彼のコレクション展に向かった。

定刻の時刻よりも早く着いたが、受付で、名前を名乗ると、女性の顔に微笑みが出て、直ぐ、CHADOの居る2階にに案内してくれた。
実は、CHADOが、彫刻家DANAの本をに案内してくれたの書店のウインドウに飾られているのを見て、本を買い、直ぐ、ローザンヌのアトリエに行き、作品2点を買い、2002年のニューヨーク・コレクション展にDANAの2点の彫刻作品を会場に置き、コレクション展は行われたという。
DANAが、TENDOと同じ奴が居るというのが、CHADOの事だったのだ。

2002年、秋に開催されたDANAの展覧会の時、ニューヨークで、CHADO,本人と出逢っていたのだ。
NICOLEもDANAが、パリに来る度に泊まる定宿のオーナー夫人で、CHADOとも話が弾んだ。
彼が手招きするので、ついていくと、コレクション展の出品作がハンガーに掛けられてあった。
その1点を、広げてみせて、この刺繍は、TENDOの詩作品から受けたイメージを、刺繍にしたものだ、という。
モデルが着るとどう見えるのか。私の詩のイマージが、刺繍となってCHADOの作品に、表現されている。
コレクション展の開始を待った。

嬉しかったね。

コレクション展は、始まったが、あの刺繍された衣装は、なかなか出て来なかった。
どんどん作品が出てきて、刺繍された作品は、なんと最後のウェディング・ドレスだったのだ。

夜、打ち上げパーティーは、プラザ・アテネで行われ、フランス側の関係者として中村江里子がその場に居た。

隅に固まっていた黒人の女性たちが、貴方が、テンドウ?大変だったのよ!と口々にいうのだ。
彼女たちが、刺繍をしてくれた方々だったのだ。
遠目では分からないが、大変なのだ、裾までの刺繍は。

あのウエディングドレスは、今何処にあるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京・港区広尾に在るギャラリー華では、華で開催されたプロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」の詩人の詩集をおいてあり、手にとってご覧になれますので、是非、詩人の聲の開催日には、ご参加ください!珍しい詩書が手に入りますよ!

 詩書専門の書店が無くなってから、詩書が見れる場所が全くといって良いほどないのだ。

書店に行き、詩のコーナーに行けば、決まった詩人の詩書しかなく、なかなか手に入れにくいのが、現状だ。

広尾のギャラリー華では、オーナーの福井美津子さんのご協力で、今まで、聲を撃ち込んだ詩人に限ってだが、詩集が置いてあるのだ。
常に2冊置かれていて、売れたら、次回の詩人の聲の時に、補充されるという仕組みだ。

詩人の聲を聴いた後に、その声に乗せられた字句を、テキストとしての詩集で、目で味あう事もできるのだ。

是非、一度、お出かけください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨夜、一昨年の暮に、ギャラリー東京ユマニテで、「詩人の聲」に参加された方にもくださった「オダデザイン事務所」制作の、3カ月玉カレンダーの2013年版を、画廊の佃嬢が渡して下さった。ギャルリー東京ユマニテの皆さん!本当に有難う!

カレンダーというのは、とても重要で、一昨年の暮に、ギャラリー東京ユマニテに、隣のデザイン事務所が引越しのために、置いていかれたカレンダーが置かれていて、プロジェクトに参加の皆さんにもくださった「オダデザイン事務所」制作の、3カ月玉カレンダー。

どんなデザイ事務所か分からないが、このカレンダーを見ていると、性格が生真面目で、整理整頓されて事務所で、仕事をなされているイメージが浮かび上がってきた。
とてもデザインがシンプルで、重宝していた。

昨年末から探していたが、今年は、気の利いた3ヵ月用のカレンダーが、見つからず、頭を悩まし、仕方がなく、市販の2ヵ月用で、済ませていたが、昨夜、ギャルリー東京ユマニテから、昨年より、一回り大きな3ヵ月用のカレンダーを頂いた。
同じ「オダデザイン事務所」制作の昨年より、一回り大きいのだ。

これはほんとうに有難い。

4月までの予定が、ひと目で分かるからだ。

本当に土倉有三・金成直子・佃舞永のギャルリー東京ユマニテの皆さん、本当に有難う!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/15

詩人森川雅美 3月14日(木)午後7時から、第908回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、14回目の参加。広尾の宙に、詩集『山越』を、出来る限り、聲に乗せて、撃ち込む!乞うご期待!

天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へー

詩人森川雅美 14回目の参加。

久方ぶりに、詩集『山越』を、聲に乗せてみるという。

さてどんな聲に、『山越』を、どこまで、乗せれるのだろうか?

乞うご期待!

予約・お問い合わせは
ギャラリー華〒106-0047 東京都港区南麻布5-1-5
              ℡&Fax03-3442-4584

北十字舎 Tel 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
携帯090-6181-0556(AM9:00~PM20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人鷲巣繁男の歓迎出版記念会が、何時だったかを調べたくて、『草野心平日記全七巻』(思潮社刊)を、順に読み続けてきて、第三巻で、初めてわかった。

この鷲巣繁男出版記念会で、草野心平を初めとして、多くの詩人たちご本人にお会いしたからだ。

未だ詩集を刊行していない、詩も何も書いていない者が、参加できる場ではなかったが、詩人小山一郎さんが、鷲巣さんを知っているのだから、と誘われて、恐れもなく、出席したのだ。
正面に草野心平さんが座っていた。

『草野心平日記第三巻』 1972年6月3日(379ページ)
「/自分は出版協会での鷲巣繁男君の歓迎出版記念会へ。盛会。スピーチ。鷲巣君とは何十年ぶりか。相当のむ。」と詩人草野心平は書いている。
帰り道、同道した小山一郎氏と長光太氏と飲んだ記憶がある。
長新太という名前は、知っていたが、光太という兄弟がいることは、全く知らなかった。
この時の受付が袴を穿いた高橋睦郎と加藤郁乎だったと想う。
日頃名前は知っているが、人間としては、知らなかった詩人に多く会えた。
この2ヵ月後に、私は横浜から、日本を脱出したのだ。

1982年7月27日に亡くなられた。その後、葬儀は御茶ノ水のニコライ堂で執り行われ、その場にも私は、何故か参列している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人原田道子 3月13日(水)午後7時から、第907回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、29回目の参加。広尾の宙に、自作詩を聲に乗せ、撃ち込む!乞うご期待!

天童大人プロデュース ー「目の言葉」から「耳のコトバ」へー

詩人原田道子、30回の大台へ目前の今回、どんな聲を撃つのか?

ただ回数を重ねれば良いと言う訳ではないが、回数を重ねなければ、分からないということも、多々あるのだ。

聲に関心の薄い詩人たちが「聲」に、関心をもつ、そういう詩人をまず、国内に、増やさなくてはならなかった。

地道に重ねつづけて、7年目を超えて、確実に、1時間、聲を撃つことが出る詩人が、増えてきた。

これは日本の詩の世界に良い影響をあたえることに為るだろう。

さて、今回の原田道子の聲!どんな聲を撃つのか!

乞うご期待!
予約・お問い合わせは
ギャラリー華 〒港区南麻布5-1-5
            ℡&Fax 03-3442-4584
北十字舎 tel 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
携帯090-6181-0556(AM9:00~PM20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/14

詩人武藤ゆかり 3月12日(火)午後7時から、第906回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、7回目の参加!広尾のギャラリー華の宙に、久しぶりに、どんな聲を撃つのか、乞うご期待!

天童大人プロデュース ー「目の言葉」から「耳のコトバ」へー

詩人武藤ゆかり 久方ぶりに7回目の参加。

どのくらいの期間が空いていたのだろうか?

最新詩集『月と日のあわいに』(南天工房)と、近作を聲に乗せて撃ち込むという!

どんな聲を、撃てるのか?乞うご期待!

予約・お問い合わせは
ギャラリー華〒106-0047 港区南麻布5-1-5
            ℡&Fax 03-3422-4584

北十字舎 ℡03-5982-1834 Fax03-5982-1797
携帯090-6181-0556(AM9:00~PM20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/13

DELLから、突然、<保守延長契約のお見積受付方法>と書かれた葉書が来た。なぜ、新製品に買え替えませんかと言わないのだ。DELLは!

お見積もり金額が、16000~63000円なのだ。これならXPから、7にでも買え替えたほうがいいだろうと考え、新宿に行った折に、ビックロビックカメラに見に行った。
DELLは今のを入れて、2台目。その時には、こんな葉書は来た記憶が無い。

地下2階に降りて行き、DELLのコーナーに行った。

そこにいたDELLの社員新田和則さん。これがまた親切なのだ。

結局、1時間半にて、ああでもこうでもないとのやり取りを続け、今のInspiron・530sを、Inspiron660s 23インチワイドスクリーンと揃えた。
これも気の利いた新田和則という社員がいたから買ったが、居なかったら、未だ見送っていたことだろう。

もしDELLを買うなら、彼に相談したらいい。丁寧な応対で、親切だ。

こんな可笑しな葉書が来なかったら、買わないし、他のメーカーのパソコンを買ったかもしれない。

それにしてもパソコンは、5年が限度なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/12

日頃、プロジェクトで詩人や作家の聲を育てるために、お世話になっている画廊の皆さん!この度、このプロジェクトに参加され、多くの詩人の聲を聴かれていた細田傳造、さんが、詩集『谷間の百合』(書肆山田刊)で、今年度の第18回中原中也賞を受賞されました。ご協力を深く感謝します。

 心ある画廊のオーナーの皆さん!ギャルリー東京ユマニテの土倉有三・金成直子さん、Star Poets galleryの今村ひとみ・真田友恵さん、ギャラリー華の福井美津子さん、数寄和の岸田憲和さん、Hispanicaの神田江理子さん、Tree Houseの峯岸了子さん、Cache-cache dArtの西端めぐみさん、ギャラリー街角の谷川副佐子さん、
協賛くださっている㈱力の源カンパニーの河原成美さん。

2011年3月10日の第611回の詩人白石かずこの聲から、姿を表し、終わると詩書を買い求める一人の男がいた。良く3月11日は大震災の日。その5日後の16日の財部鳥子の回にも姿を表した。

それからあっという間に参加回数30回を超えた。住まいは大宮。

大宮から都心の画廊に、詩人の聲を求めて、参加され続けた熱意は、尋常のものではなかった。

そのうち詩を書いて、いることが分かった。

ある会の二次会で、自分はブランド志向があるから、思潮社か書肆山田から詩集を出したのだが、と相談を受けた。
小冊子での詩作品を読んだが、行から行への飛行とも読んでいい転換は、誰も真似の出来ない非凡なものを感じたので、旧知の書肆山田の大泉女史に電話を入れた。
読まれたのかとの問に、詩集にしたい作品は、読んではいないが、小冊子での作品を読んだが、展開の速さは、読んだことがない、と言う事と、大宮から都心の画廊に新幹線で通い、終わると詩集を必ず買い、読み込んでいる熱意は、只者ではない。もしかすると大きくばけるかも、と。
では作品を送ってくれるようにと。

細田傳造、は、日本詩人クラブのインド旅行に参加し、帰国したら、大泉女史から、出版できるとの返事をもらったのだ。
5月21日の金環日食で新月の日、私の第23回、「聲ノ奉納 in 対馬・和多都美神社」に、原田道子・紫圭子・竹内美智代と共に、参加。和多都美神社、海神神社、宗像神社・高宮、奥の院、太宰府城址跡と聲を撃ち込んで来たのだ。
なぜ、細田傳藏が参加したのか、未だに謎だ。

そして、2012年6月5日に、詩集『谷間の百合』は。書肆山田から刊行された。
それがいい詩集なのだ。
だからこそ、9月末に、この詩集の素晴らしさに賛同した詩人、白石かずこ・長谷川龍生・高橋睦郎・新藤凉子・原田道子・竹内美智代・紫圭子・禿慶子・松尾真由美・大島龍・天童大人の11人が発起人になり、台風の中、出版記念会が、御茶の水の山の上ホテルで、2012年9月30日、開催したのだ。

そして、歴程新鋭賞、花椿賞、高見順賞の最終選考会にも残り、今回、第18回中原中也賞受賞しました。

間違いなく、独りの優れた詩人をプロジェクトは産み出しました。

謹んで、御礼を申し上げると同時に、今後ともプロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」にご協力・ご支援を賜りますよう、重ねて、お願い申し上げます。

                            プロデュース&デレクター 天童大人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人ブリングル 3月8日(金)午後7時から、第905回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、8回目の参加!三宿の宙に、自作しを聲に乗せ、撃ち込む!乞うご期待!

天童大人プロデュース ー「目の言葉」から「耳のコトバ」へー

詩人ブリングル 8回目の参加。

毎回、確実に聲を撃ち込んで、学んでいる詩人ブリングル。

今回は、何を学べるのか?

乞うご期待!

予約・お問い合わせは
Star Poets gallery 〒154-0004世田谷区太子堂
1-1-13 佐々木ビル2F-D
          ℡&Fax03-3422-3049

北十字舎 ℡03-5982-1834 Fax03-5982-1797
   携帯090-6181-0556(AM9:00~Pm20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人田中庸介 3月7日(木)午後6時半から、第904回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、21回目の参加!駒込の宙に、自作詩を聲に乗せ、撃ち込む!

天童大人プロデュース ー「目の言葉」から「耳のコトバ」へー

詩人田中庸介、プロジェクト21回目の参加!

20回を超えた詩人は田中庸介を加えて10名!

いずれ同じ板場に乗って聲を撃つ機会が有れば、己がどれだけの聲を撃つ事ができるかが、ハッキリ分かるのだ。
その時が訪れるのも近い。

それまでプロジェクトに参加の詩人は、己の聲を鍛えておくことだ。

さて今回、詩人田中庸介は、どんな聲を撃てるのか?

乞うご期待!

予約・お問い合わせは

東京平和教会2F 〒170-0003 豊島区駒込 1-28-8
℡09-3696-7098
北十字舎 ℡03-5982-1834 Fax03-5982-1797
  携帯090-6181-0556(Am9:00~PM20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/11

神戸で、「<ユニヴァサール・ヴォイス>の天童大人、神戸にやって来る!」は、詩人福田知子の尽力で、無事に終わりました。福田知子・メランジュの会の皆さん!本当にありがとうございます!

2月9日、神戸で、メランジュの会(企画:福田知子)主催。協賛:「兵庫県現代詩人協会」 「<ユニヴァーサル・ヴォイス>の天童大人、神戸にやって来る!」に出て来ました。
初めての神戸で、聲を撃って来ました。第1部に参加くださった関西詩人の雄、下村和子・大橋愛由等・高谷和幸・にしもとめぐみ・三浦照子・福永祥子・木澤豊・千田草介、香山雅代・富 哲世・福田知子・紫圭子12名。
そして二部の私。マイクのコピー音を体が受け付けないので、お願いして、ノーマイクで行なっていただいた。やはり肉聲の波動を感じれるノーマイクの特徴は、遺憾なく発揮された。
企画者の福田知子の配慮で、うまく1時間で収まったのは、有りがたかった。
恐らく、関西の詩人たちは、普段、5分から20分くらいしか聲を出していないのではないか?
聲を鍛え、錬れれば、もっと聲を出せるように為るのだが?
惜しいね!さてどうすれば初めての神戸で、どう聲を組立をどうすればいいのか?
実際出してみて、1月末の3日間で、五十数時間寝込んでいた後遺症が、やはり残っていた。
悔しいね!
聲を打ち込みながら、いろいろな場で、聲を撃ち込んできたことが、想いだされた。
こんなことは今まで、無かったことだ。一度、大地が振動した土地の特色だろうか?
このカルメンでは、普段ギターが入り、カンテが歌い、フラメンカが踊る場。
いろいろな情念が交差している場。
ともかくどう聲が響いたのかは分からない。
翌日の自分の体の痛み具合から、聲が響いたのか、どうか?誰かに聞いいてみなくては、分からない。
でも第一聲は、どう響いたのか?知子さん、如何でしたか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロジェクトに参加して、熱心に詩人の聲を聴いていた男が、詩集を出し、第18回中原中也賞を受賞した、詩人細田傳造だ!プロジェクトで育った、詩人誕生第一号だ!オメデトウ”細田傳造さん!

1泊2日の神戸での聲ノ公演から、戻って来ました。
昨日の夜に、第18回中原中也賞を受賞したことを、プロジェクトに参加してくれている山口美恵子女史からの留守電を聴き、台湾にいる細田傳造に電話し、オメデトウを言い、あの細田傳造詩集『谷間の百合』出版記念会の発起人の皆さんに、長谷川龍生さんを除いて、原田道子、高橋睦郎、白石かずこ、大島龍、新藤凉子、松尾真由美、稲葉真弓、各氏に、受賞を報告した。
原田道子には、竹内美智代、禿慶子両氏への連絡を頼み、同道している紫圭子と神戸の街の居酒屋で、祝杯を
あげた。
今回の第18回中原中也賞には、既に決まっているだとか、出来レースとかとも言われていた。
第8回の受賞者神泉薫が、最終候補に細田傳造詩集『谷間の百合』が残っていたら、細田さんが取るよ、と言ってきた。
辺見康は、取れない、と言っているとも聞いた。
受賞詩集の誕生以前から、立ち会ってきたものとしては、感無量だ。
3・11の前の日の詩人白石かずこの聲ノ回から1人の中年男が姿を表した。
そして、3・11の大震災、その4日後の財部鳥子の聲ノ回とつづけて、あっという間に30回を超えた。
来る度に参加詩人の詩集を購入していく男。こんな熱心な人間を見たことがない。
それが今回の受賞者細田傳造の姿だ。この肉聲の復権を求めたプロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」で、育った、初めての詩人の誕生だ。
ほんとうに嬉しいね。歴程新鋭賞・花椿賞・高見順賞と全ての詩の賞の最終候補に残った詩集だった。
第1詩集で、こんなに残った詩集があっただろうか。
だから、花椿賞選考委員の蜂飼耳のコメントには驚いた。
詩が読めない選考委員だからだ。詩集『谷間の百合』に、真摯に、虚心坦懐に読めば、驚かないほうがおかしいのだ。
だからあれだけの発起人が、この素晴らしい詩集を祝ったのだ。
蜂飼耳は詩が読めないことが、自らのコメントで明らかになった。
高橋睦郎が「現代詩手帖12月号」の16ページに、書いたように、「選考委員にとってのあるべき選考基準とはなんだろうか。古代ギリシア人がしたようにすべての先入観や慮りを捨てて、さくひんそのものに虚心に対し、素晴らしい作品を発見した場合には虚心に驚くことではないだろうか。もし驚くことができないのなら、根本的に選考委員の資格なし。選考する自分との政治的位置関係、またジャーナリズムにおける効果を考えるなどはやはり不純ではなかろうか。また選評を読むと明らかに候補作品を読み通していないとおもわれるものも散見する。候補作品をすべてよむのは大変な作業だが、それは選考委員の最低限の義務。それが出来ないと自覚したら、速やかに委員を退くべきだろう。」と。
もう一度、蜂飼耳は、この文章を熟読するべきだろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月3日 - 2013年2月9日 | トップページ | 2013年2月17日 - 2013年2月23日 »