« 2013年2月17日 - 2013年2月23日 | トップページ | 2013年3月3日 - 2013年3月9日 »

2013/03/02

昨夜の第900回、無事に、詩人の大島龍の聲で、刻むことができました。ご参加くださった皆さん、雨の中、ありがとうございます。愈々1000回へ向けての、カウントダウンが、始まりました!

う~ん、第900回ですかね。
参加詩人145人の詩コトバと聲!面白いですよ、本当に!
聲を撃ち込んだ詩人は、その場に自分の詩文が刻まれていると考えている詩人が、どれほど居ますかね?
145人の詩人・作家の内で!
だから其の全ての記憶が、自分の体に記憶されているのですよ!
これは決して、否定できないことなのですよ!
愈々、第901回からは、第1000回の板場に乗れるかの、オーデション見たいものですよ!
回数が多いからいいというわけでもありませんが、10回以下の参加者では、70メートルの200人収容のキャパでは、難しいでしょう!
しかし、チャンスはあげれるものなら、あげたいと考えていますが、さてどうなりますか?
プロジェクトの第1000回は、銀座・並木通りに、10月1日に新装開店する資生堂本社の3階の直線約70メートル、幅20メートル定員200名を想定している会場で、参加詩人の内、1年以内に聲を撃ち込み、11回以上の参加者は第一次通過者ですが、そのまま同じ板場に立てるとは、限りません。
おそらく6~7時間の長丁場の、-「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-になると思います。
参加者も座りっぱなしになります。コロンビアのメデジン国際詩祭では、数千人の観客が、数時間、身じろぎもせず、詩人の聲を聴きつづけ、軟な詩には、ブーイングを鳴らし、良い詩には、拍手喝采です!
そんな光景を夢見て、いるのですが?
この国で、可能でしょうか?
乞う ご期待です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/01

いよいよ、今日、第900回目をプロジェクト「La Voix des Poetès(詩人の聲)」は、迎えます、7年と5ヵ月で。10月13日の第1000回に向けて、カウントダウンが始まりました。1000回に何人の詩人が同じ板場に立てるのか?乞うご期待!

いよいよ、今夜で、第900回です。

雪深い石狩から、詩人で、版画家の大島龍が、風邪気味ながら、無事に東京に着いていますので、今夜、7時半からの西荻・数寄和での「詩人の聲」は、無事に挙行されます。

ご来場の参加者には、アサヒビールからの第900回に対してのプレゼントとして、スーパードライ1缶が、プレゼントされます。
10月13日で、丸7年に、なりますので、この日に第1000回を開催したいと思います。

同じ板場に立って、5~6時間かもっとか、詩人の聲が撃ち込まれます。

30人の詩人がいれば1人10分として、、300分で、5時間、増えればもっとと言う事になります。

どんなことになりますか、ご期待ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月・4月のプロジェクト「La Voix des Poetes(詩人の聲)」の公演日程表です。初参加を予定していた甲子園の香山雅代は、6月に順延いたします。替わって詩人田中健太郎が努めます。10月13日(日)の第1000回に向けて、カウントダウンが始まりました!

    天童大人 プロデュース

  詩人の肉聲とコトバとを聴く! 

プロジェクト La Voix des Poètes (詩人の聲)

―肉聲の復権を求めて!―「目の言葉」から「耳のコトバ」へー    

          3月

第900回3月1日(金) 数寄和(西荻窪)   大島龍(7)
(この回は、開場19:00 開演19:30 ですので、ご注意ください)

第901回3月3日(日) Cache-cache dArt(自由が丘)  柴田友理(12)
(この回は,開場15;00 開演15:30 ですので、ご注意ください。)

第902回3月5日(火) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 鈴木順三郎(2)

第903回3月6日(水) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 神泉薫(32)

第904回3月7日(木) 東京平和教会(駒込)   田中庸介(21)
(この回は開場18:00 開演18:30 ですので、ご注意ください。)

第905回3月8日(金) Star Poets Gallery(三宿) ブリングル(8)

第906回3月12日(火) ギャルリー華(広尾) 武藤ゆかり(7)

第907回3月13日(水) ギャラリー華(広尾) 原田道子(29)

第908回3月14日(木) ギャルリー華(広尾)  森川雅美(14)

第909回3月15日(金) ギャルリー華(広尾)  高野民雄(12)

第910回3月18日(月) ギャルリー華(広尾)  井田秀樹(2)

第911回3月19日(火) ギャラリー華(広尾)  長谷川忍(6)

第912回3月21日(木) ギャルリー華(広尾)  峯岸了子(22)

第913回3月22日(金) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 岩崎迪子(13)

第914回3月25日(月) ギャルリー華(広尾) 禿 慶子(17)

第915回3月26日(火) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 天沢退二郎(16)

第916回3月27日(水) Hispanica(溜池山王)    紫圭子(18)
(この回は開場18:00 開演18:30 ですので、ご注意ください。)

第917回3月28日(木) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 急遽出演者交代 天童大人(33)

第918回3月29日(金) ギャルリー東京ユマニテ(京橋)   竹内美智代(19)

             4月

第919回4月1日(月) ギャラリー華(広尾)  大崎清夏(5)

第920回4月2日(火) ギャラリー華(広尾) 柴田友理(13)

第921回4月3日(水) ギャラリー華(広尾)  長谷川忍(7)

第922回4月4日(木) Star Poets Gallery(三宿)  福田知子(7)

第923回4月7日(日) 数寄和(西荻窪)    細田傳造(3)
(この回に限り 開場15:00 開演15:30 ですので、ご注意ください。)

第924回4月8日(月) 東京自由大学(神田)   中原道夫(7)

第925回4月12日’(金) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 紫 圭子(19)


第926回4月15日(月) Cache-cache dArt(自由ヶ丘) 原田道子(30)

第927回4月16日(火) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 田中健太郎(25)

第928回4月18日(木) ギャルリー東京ユマニテ(京橋)  浜江順子(8)

第929回4月19日(金) Cache-cache dArt(自由ガ丘)  北原千代(4)

第930回4月22日(月) 東京自由大学(神田)  なかにし けふこ(7)

第931回4月23日(火) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 竹内美智代(20)

第932回4月24日(水) ギャルリー東京ユマニテ(京橋)  作田教子(6)

第933回4月25日(木) 東京平和教会2F(駒込)   有働薫(24)
(この回は開場18:00 開演18:30 ですので、ご注意ください。)

第934回4月27日(土) 数寄和(西荻窪)      野村喜和夫(8)
(この回は開場19:00 開演19:30 ですので、ご注意ください。)

第935回4月28日(日) Hispanica(溜池山王)   神泉 薫(33) 
(この回は開場15:00 開演15:30からですので、ご注意ください。)  

         (5月に続く)         

                 開演時間

*開演時間は、各会場で異なりますので、御注意下さい。

東京平和教会(駒込駅東口1分)  ,開場18:00 開演18:30
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)、Star Poets Gallery(三宿), ギャラリー華(広尾),
Cache-cache dArt(自由が丘) 東京自由大学(神田) 開場18:30開演:19:00

,  入場料 予約  大人2,700円 当日  大人3,000 円

学割1,500円 (学生証呈示) 小・中学生 (保護者同伴無料)

*御予約は直接、各会場か北十字舎へFaxかE-mailでお申し込み下さい。

参加:画廊:その他 

ギャルリー東京ユマニテ(京橋)〒104-0031中央区京橋2-8-18昭和ビルB2
メトロ京橋駅⑥番出口下車 徒歩1分Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
http://g-tokyohumanite.jp

Star Poets Gallery(三宿) 〒154-0004 世田谷区太子堂1-1-13,佐々木ビル2F-D
Tel &Fax03-3422-3049
E-mail:collect@star-poets.com
URL: http:www.star-poets.com/

ギャラリー華(広尾)  〒106-0047 港区南麻布5-1-5
℡&fax 03-3442-4584
E-mail: gallery-hana@nifty.com
URL:http//homepage2.nifty.com/gallery-hana/

数寄和(西荻窪)〒167-0042 杉並区西荻北 3-42-17
℡03-3390-1155 Fax03-5311-7260
www.sukiwa.net

Hispanica(溜池山王前) 〒107-0052 港区赤坂2-2-19 アドレスビル1F
銀座線・南北線「溜池山王」駅下車8番出口の前のビルの内,徒歩0分
℡:080-4119-9711(神田) ℡:090-3696-7098(天童)

東京平和教会(駒込チャペル)2F 〒170-0003豊島区駒込 1-28-8
JR駒込駅東口下車 徒歩1分
(この会場の予約は、北十字舎(Tel090-3696-7098 Fax03-5982-1797に御連絡下さい)

Cache-cache dArt(自由ガ丘) 〒158-0083 世田谷区奥沢5-21-10
(カシュカシュダ―ル)   ℡080-3455-2111(西端)

NPO法人東京自由大学(神田)   〒101-0035 千代田区神田紺屋町5 TMビル2階
       ℡090-6497-5030(岡野) 090-3696-7098(天童)
URL:http:homepage2.nifty.com/jiyudaigaku/

予約・お問合わせ・その他は:

北十字舎 / Tendo Taijin Bureau

171-0031 東京都豊島区目白3-6-5

  ℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797

Mobil (au): 090-6181-0556 (AM9 :00~20 :00通話可)
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013/02/28

2月に、プロジェクト「La Voix des Poetes(詩人の聲)」に、ご恵送された詩書です。このプロジェクトに、利用させていただきます。本当にありがとうございました。今後ともよろしく、お願いいたします!

寄贈された詩書たち(55)2013・2・01~2・28

詩誌

原田道子「湖」No.74

香山雅代「西宮文芸 表情」第18号

井口秀樹「榛名田」4号・5号

井崎外枝子「笛」263号

高木真史「現代詩手帖」2月号

堀内康夫「不羈」Vol,38

詩集・歌集・句集・小説・エセイ

武藤ゆかり『月と日のあわいに』(南天書房)

光冨郁埜 詩選集『バード・シリーズ 新装版』(狼編集室)


その他

福田和子『スペイン内戦とガルシア・ロルカ』(南雲堂フェニックス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/27

もし詩人なら、「朗読会」と言う、手垢が付いた言葉を、使うのを、今後、止めたらいいのだ。独り、5分から10分、多くても20分ぐらい、声を出さないよりもいいかもしれないが、その程度で、満足できるのだろうか?

朗読会、と簡単に使っている詩人もどきが多すぎる!

手垢のついた「朗読会」と言う言葉を平気で使う神経が分からない。

アナウンサーや役者が、狭い空間でも、マイクを握って声を出す。それは声であって、聲ではない。

新しいことを行うには先ずは、新しい革袋を用意しなくてはならない。

だがほとんどの日本各地の詩人もどきには、もううんざりだ!

しかし、「朗読会」に、替わる言葉が見つからない。

だからー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-とを暫定的に持ちいているのだが。あと2日で、900回。

全てに立ち会ってきた。1回が、短くて47分間、長くて1時間50分。

全て聴きつづけて、参加詩人の聲は、すべて熟知している。

聲が変われば、作品も変わる。

不思議だね!これは!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ、3月1日夜に第900回を、雪深い石狩りの地から、飛んできて、西荻の数寄和の宙に、北の聲を撃つ!お時間がある方は3月1日午後7時開場の数寄和においでください!

7年4ヵ月で、第900回!

今回も、参加者の皆さんには、アサヒビールからビールを1缶づつ、プレゼントいたします。

これは過去も第100回、200回、300回、400回、500回、600回、700回、800回と節目に、贈っていただいて、お出でいただいた方々に、プレゼントしてきました。

今回の第900回も慣例通り、プレゼントいたしますので、是非、お出かけください!

北の聲!オオカミの聲!

ご堪能ください。

:第1000回は、10月13日、 銀座・並木通りの資生堂3Fの会場を予定しております。

予約・お問い合わせは

数寄和〒167-0042 杉並区西荻北3-42-17 Tel 03-5311-7260

北十字舎 Tel 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797

携帯090-6181-0556(AM9:00~PM20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/26

鹿児島出身の詩人竹内美智代 3月29日(金)午後7時から、第918回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、19回目の参加!京橋の宙に、故郷の鹿児島弁を撃ち込む!乞うご期待!

天童大人プロデュース -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

鹿児島生まれの詩人竹内美智代、プロジェクト19回目の参加。

いよいよ20台の大台に上がる前の聲とは、どんな聲なのか?

故郷の鹿児島弁も磨きがかかり、だんだん馴染みが出来てきた参加者の耳。

今回は、どんな聲を聴かせてくれるのか?

乞うご期待!

予約・お問い合わせは

ギャルリー東京ユマニテB2
〒104-0031中央区京橋2-8-18 昭和ビルB2 
   Tel 03-3562-1305 Fax 3-3562-1306

北十字舎 Tel 03-5982-1834  Fax 03-5982-1797
     携帯090-6181-0556()AM9:00~PM20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/25

詩人天童大人 3月28日(木)午後7時から、第917回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、33回目の参加!、初めて、京橋の宙に、UNIVERSAL VOICEの聲を撃ち込みます。乞うご期待!

天童大人プロデュース -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

急遽、詩人田中健太郎に代わり、33回目の参加の天童大人が、代役で、参加します。

新しく書き継いでいる叙事詩「わたしの叙事詩 -ウオルターヴィッドの雪-」を中心に聲に乗せて、撃ち込みます!


”肉聲”の詩人・天童大人が神戸にやってくる!第二弾、第三弾 -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
4月20日(土)に、神戸文学館で、午後2時~3時半:要予約 <肉聲の世界>資料代200円

4月21日(日)正法寺 神戸市長田区片山町2-2-4 午後1時半~3時 要予約(078-642-2741(正法寺) 090-9166-9419福田)
予約前売り2000円 当日2500円

6月9日(日)新月の日に、第24回、「天童大人 聲ノ奉納 in 対馬・和多都美神社」 という新しい目標目がけて、聲を撃ち込む!

どう変わるであろうか?聲ノ質は?

どんどん聲を撃ち込みながら、詩作品を鍛えていけばいいのだ。

最終的にどんな詩作品になるのか?

乞うご期待!

予約・お問い合わせは

ギャルリー東京ユマニテ 〒104-0031中央区京橋2-8-18
           昭和ビルB2
    Tel 03-3562-1305 Fax 03-3562-1306

北十字舎 Tel 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
携帯090-6181-0556(AM9:00~PM20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/24

豊橋在住の詩人紫圭子 3月27日(水) 午後6時半から、第916回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、18回目の参加!溜池山王の宙に、初めて聲を撃ち込む!

天童大人プロデュース -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
豊橋在住の詩人紫圭子。

昨年の5月22日 宗像・三美神を宗像神社の高宮の先の、奥ノ院で、自作詩を聲にのせ、撃ち込んだとき、三美神が、出現したのだ。

同行者、原田道子・竹内美智代・細田傳造・天童大人の4人。

その後、空海も居たであろう大宰府城址跡でも聲を撃ち込んだ詩人紫圭子の聲。

どんな聲を聴かせてくれるのか?

入場料3000円(当日) 予約2700円

乞うご期待!

予約・お問い合わせは

Hispanica(溜池山王駅前下車⑧出口の前のビル)
    〒107-0052 港区赤坂2-2-19 アドレスビル 1F
Tel 080-4119-9711(神田) Tel 090-3696-7098 (天童)

北十字舎 Tel03-5982-1834 Fax 03-59821797
携帯090-6181-0556(AM9:00~PM20:00通話可

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TPP交渉参加? どんどん可笑しな方向に行くこの小さな災害列島。対中国の為の防衛費増費など、まったく意味がない。中国崩壊まで、間もなくカウントダン開始か?

この漂流中の災害列島は、一体、どこへ行こうとしているのか?
対米追従で、日本古来からの文化は、根こそぎ絶えさせられようとしているのに、いまだ気が付かないのだろうか?
この国の無辜の民たちは!

残されたのは、かろうじて日本語、だけが残された「日本」の国の存在証明。

だからこのかわいそうな島国を残すために、力強い聲で、日本語を世界に撃ち込むために、この7年間、詩人や作家の聲を育て鍛えるために、プロジェクト「La Voix des Poetes(詩人の聲)」を立ち上げ、全回、立会い、すべての参加した詩人や作家の聲を聴きつづけて、自分の耳も鍛えてきた。

いろいろなことを教えてくれる肉聲。

この魅力には、太刀打ちできないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月17日 - 2013年2月23日 | トップページ | 2013年3月3日 - 2013年3月9日 »