« 肉聲の波動とコトバとを存分に1時間聴けて、浴びれるProjet「La Voix des Poètes(詩人の聲)」の入場料は通常、3000円、予約、2700円、学生1500円(学生証提示)ですが、参加するほど、安くなります! | トップページ | 現在、ノーベル文学賞に相応しい日本の作家と言えば、石牟礼道子を除いて、他に居ないだろう!是非 石牟礼道子に、ノーベル文学賞を!!! »

2014/01/26

詩編の行替えの度に、聲の質が変わる。これだけの多様な聲が、出てくるのは、言葉によるのか!

20日、自由が丘のCache-cache d`Artで開催された第1040回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、参加して聲を撃ったわたし。
詩の言葉に聲が翻弄される。今まで聲を40年余り撃ってきたが、こんなことは一度も経験したしたことのないという瞬間が沢山あった。
何故、そんなことが起こったのか?
行が変わるたびに聲ノ質が変わり、多様な聲が吐き出される。
聲の振幅が大きいのだ。
特に、最初のイタリア詩編、「ヴェローナの怪物」いや、白衣を着た男が傍にいて聴いている気配があるのだが、誰だか分からないが、日本人ではない。
この聲の変容が特別かどうか、2月214日(月)に神田のNPO法人東京自由大学で、開催される第1057回projet La voix des Poètes(詩人の聲)に、38回目の参加で、第一詩集『玄象の世界』(永井出版企画)を、初心に帰って、聲に乗せてみる。
今後、毎月、聲を撃ち続けていけば、何か、確実なものをつかめるかもしれない。言葉で、聲が変わるのか、どうか重要な問題だ。
5月29日(木曜日)に開催予定の第25回 天童大人 聲ノ奉納 in 対馬・和多都美神社 で、どんな聲を撃てるのか、楽しみだ。
今年の参加予定の詩人は、原田道子・紫圭子・竹内美智代・福田知子の5人の詩人。
25年間、良く続けて聲を撃ち込んできたものだ。
今年の聲の調子を占う絶好の機会なのだ。

|

« 肉聲の波動とコトバとを存分に1時間聴けて、浴びれるProjet「La Voix des Poètes(詩人の聲)」の入場料は通常、3000円、予約、2700円、学生1500円(学生証提示)ですが、参加するほど、安くなります! | トップページ | 現在、ノーベル文学賞に相応しい日本の作家と言えば、石牟礼道子を除いて、他に居ないだろう!是非 石牟礼道子に、ノーベル文学賞を!!! »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

交通手段・鉄道・航空・船舶」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人・歌人・俳人・詩集・歌集・句集」カテゴリの記事

霊界・神秘主義・霊能者」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/59012906

この記事へのトラックバック一覧です: 詩編の行替えの度に、聲の質が変わる。これだけの多様な聲が、出てくるのは、言葉によるのか!:

« 肉聲の波動とコトバとを存分に1時間聴けて、浴びれるProjet「La Voix des Poètes(詩人の聲)」の入場料は通常、3000円、予約、2700円、学生1500円(学生証提示)ですが、参加するほど、安くなります! | トップページ | 現在、ノーベル文学賞に相応しい日本の作家と言えば、石牟礼道子を除いて、他に居ないだろう!是非 石牟礼道子に、ノーベル文学賞を!!! »