« 今から20年前の1993年9月10日に刊行された1冊の本が、手元にある。その本のある部分の記述に、ずっとこの20年間余り、引っかかっていた。この著者に数回、会い、話をした感触から、言うとおりに動いていくだろうとは、思っていたが、20年を経た今、大きな意味を持ってきているので、敢えて2013年の暮れに、ここに引用する。 | トップページ | 八尾在住の詩人の三井葉子さんが2日に肝不全で亡くなられた。 »

2014/01/01

この詩書たちは、Projetに寄贈された詩書たちです。(67)2013・12・01~12・31 十分に今後のProjtの活動に、活かさせていただきます。今年も、宜しく、お願いいたします。

寄贈された詩書たち(67)2013・12・01~12・31

詩誌

紫圭子「GANYMEDE」59号
柴野京子「惟」6号
光冨郁埜「ウミツバメ」4号
井崎外枝子「笛」266号
安村庵村「月の匣」7月号No.40
関口将夫「gigi」Vol4
後藤美和子「tab」No.40
福田知子「Mèlange」Vol.15
岩田亨「運河」Vol.31 No.3 356

詩集・歌集・句集・小説・エセイ

渡辺みえこ『空の水没』(思潮社)
峯澤典子『水版画』(ふらんす堂)
田村雅之『航るすがたの研究』(青磁社)
冨上芳秀『真言の座』(詩遊社)


その他
石原深予「第七管」をめぐって ―尾崎翠「第七管彷徨」における回想のありかた― 和漢語文研究 第11号別刷
                平成25年11月
筏丸けいこ『時に聴く』()壽岳文章・住井すゑ(人文書院)

|

« 今から20年前の1993年9月10日に刊行された1冊の本が、手元にある。その本のある部分の記述に、ずっとこの20年間余り、引っかかっていた。この著者に数回、会い、話をした感触から、言うとおりに動いていくだろうとは、思っていたが、20年を経た今、大きな意味を持ってきているので、敢えて2013年の暮れに、ここに引用する。 | トップページ | 八尾在住の詩人の三井葉子さんが2日に肝不全で亡くなられた。 »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

アメリカ文学 アメリカ詩」カテゴリの記事

イギリス文学・イギリス現代詩・イギリス現代詩人」カテゴリの記事

イタリア詩・イタリア文学・イタリア映画」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

フランス詩・フランス文学」カテゴリの記事

ロシア文学・ロシア詩」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人・歌人・俳人・詩集・歌集・句集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/58862265

この記事へのトラックバック一覧です: この詩書たちは、Projetに寄贈された詩書たちです。(67)2013・12・01~12・31 十分に今後のProjtの活動に、活かさせていただきます。今年も、宜しく、お願いいたします。:

« 今から20年前の1993年9月10日に刊行された1冊の本が、手元にある。その本のある部分の記述に、ずっとこの20年間余り、引っかかっていた。この著者に数回、会い、話をした感触から、言うとおりに動いていくだろうとは、思っていたが、20年を経た今、大きな意味を持ってきているので、敢えて2013年の暮れに、ここに引用する。 | トップページ | 八尾在住の詩人の三井葉子さんが2日に肝不全で亡くなられた。 »