« 3月・4月のProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)の、日程表です。是非、自分の好きな詩人の聲とコトバとも、自分の耳で、お探しください!4月7日(月)は、白石かずこに代わりますので、ご注意ください。 | トップページ | 第5回鮎川信夫賞の詩論部門に、高橋睦郎著『和音羅読ー詩人が読むラテン文学』(幻戯書房刊)が決まったと親しい友人が教えてくれた »

2014/03/03

歌人岩田亨 4月2日(水)午後7時から、第1074回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、7回目の参加!初めて京橋のギャルリー東京ユマニテの宙に、聲を撃つ!

天童大人プロデュース -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
歌人岩田亨、毎月続けて参加の7回目!
Projetに参加して、一番、聲を撃つ効果を実感しているのは、この歌人岩田亨だろう!
薬の量も減り、うつもなくなり、作歌活動も活発になり、Projetに参加して、良い事だらけの歌人岩田亨。
他の詩人の聲も聴き続け、学び続けている歌人岩田亨。
過去の作品から決別するのは、間もなく。

その後どんな作品が生み出されてくるのか?
初めての会場で、どんな聲を撃つのか!
乞うご期待!

予約・お問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)〒104-0031中央区京橋 2-8-18昭和ビルB2
メトロ京橋駅⑥番出口下車 徒歩1分
Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp http://g-tokyohumanite.jp

その他は:
北十字舎 / Tendo Taijin Bureau
171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 
Projetの日程を見るのは、URL:http://projetlavoixdespoetes.jimdo.com/

|

« 3月・4月のProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)の、日程表です。是非、自分の好きな詩人の聲とコトバとも、自分の耳で、お探しください!4月7日(月)は、白石かずこに代わりますので、ご注意ください。 | トップページ | 第5回鮎川信夫賞の詩論部門に、高橋睦郎著『和音羅読ー詩人が読むラテン文学』(幻戯書房刊)が決まったと親しい友人が教えてくれた »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人・歌人・俳人・詩集・歌集・句集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/59229280

この記事へのトラックバック一覧です: 歌人岩田亨 4月2日(水)午後7時から、第1074回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、7回目の参加!初めて京橋のギャルリー東京ユマニテの宙に、聲を撃つ!:

» 2014-03-03 [blog.忘れ女たち]
          ―肉聲の復権を求めて!「目の言葉」から「耳のコトバ」へー   天童大人 プロデュース      詩人の肉聲とコトバとを聴く!  第1076回 Projet La Voix des Poètes (詩人の聲) 平井弘之の聲(第3回公演) 第3詩集『小さな顎のオンナたち』の全編を聲に乗せる。 あの人の描くオンナたちはオトコのようです なにも横切らず けっして一人にならない けれど あの人の描く小さな顎のオンナたちに 誘われたはずの夏が逝くのです 2014年4月4日(金) 開場18... [続きを読む]

受信: 2014/03/04 06:33

« 3月・4月のProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)の、日程表です。是非、自分の好きな詩人の聲とコトバとも、自分の耳で、お探しください!4月7日(月)は、白石かずこに代わりますので、ご注意ください。 | トップページ | 第5回鮎川信夫賞の詩論部門に、高橋睦郎著『和音羅読ー詩人が読むラテン文学』(幻戯書房刊)が決まったと親しい友人が教えてくれた »