« 中原中也賞詩人細田傳造 6月29日(日)午後5時から、第1114回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、6回目の参加。西荻窪の数寄和で、2回目の聲を撃つ!乞うご期待! | トップページ | 対馬の市立大船越中学校の山田校長と電話で、29日の打ち合わせをした。 »

2014/05/25

海外の詩人は、「聲」について、考察され、よく書いていて、参考になる言葉が沢山、残されていて、とても参考になるのだ。

海外の詩人は、「聲」について、よく書いていて、良い言葉が残されている。
とても参考になる。

ホイットマンは「声は目に見えるものか?私は、ただ単に、自分の声を聞くだけではない。
それは見ているのだ。真の声は予言的なものだ。」

この言葉を読むとホイットマンは、「聲」を分っていた。

イタリアのアントニオ・タブッキは、「私の耳にはしかとは感じられないながら、声は私の意識の呼び鈴を強く鳴らすのです。しかも声はまるで錬金術のように、世界を変形させるのです。」 

メキシコのノーベル賞詩人オクタビオ・パスは「わたしはつねづね詩とは語るものではなく、耳を澄ますことだと考えています」と記す。

|

« 中原中也賞詩人細田傳造 6月29日(日)午後5時から、第1114回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、6回目の参加。西荻窪の数寄和で、2回目の聲を撃つ!乞うご期待! | トップページ | 対馬の市立大船越中学校の山田校長と電話で、29日の打ち合わせをした。 »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

アメリカ文学 アメリカ詩」カテゴリの記事

イギリス文学・イギリス現代詩・イギリス現代詩人」カテゴリの記事

イタリア詩・イタリア文学・イタリア映画」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ラテンアメリカ文学・詩」カテゴリの記事

ロシア文学・ロシア詩」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

国際詩祭」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人・歌人・俳人・詩集・歌集・句集」カテゴリの記事

賞・選考委員」カテゴリの記事

霊界・神秘主義・霊能者」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/59701033

この記事へのトラックバック一覧です: 海外の詩人は、「聲」について、考察され、よく書いていて、参考になる言葉が沢山、残されていて、とても参考になるのだ。:

« 中原中也賞詩人細田傳造 6月29日(日)午後5時から、第1114回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、6回目の参加。西荻窪の数寄和で、2回目の聲を撃つ!乞うご期待! | トップページ | 対馬の市立大船越中学校の山田校長と電話で、29日の打ち合わせをした。 »