« 先日、外苑前に在る画廊、ときの忘れものを訪れたとき、主人の綿貫不二夫さんから、美術評論家の久保貞次郎さんの処に、私の字の作品が数点あるという話を伺った。 | トップページ | 1988年4月、銀座・夢土画廊で開催された「源初展」に出品した一点「詩人は北へ向かい/凍てつく大地に/佇み白鳥の/ごとく聲を発/スル何処から/ともなく鈴の音/が聞こえてくる/三童人識」は、間違いなく、今、外苑前の画廊、ときの忘れもの、に在る。もう一点の「無一物」は? »

2014/06/14

四日市市在住の詩人清水弘子、7月22日(火)午後7時から、第1124回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、3回目の参加。駒込の東京平和教会(予約090-3696-7098天童)の宙に2回目の聲を撃ち込む!

第1124回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、詩人清水弘子 3回目の参加
7 月 22 日(火)
東京都 東京平和教会(駒込)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分

料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)
小・中学生(保護者同伴無料)

天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
続けて聲を撃ち込んで行けば、間違いなく、新しい地平が見えてくる。
この3回目も一つの山場だ。このProjetに参加した詩人の半分は、3回を超えられないのだ。
3回で、自分自身と向き合うのを避けてしまう。
惜しいことだ。年齢も経て、拙い第1詩集、第2詩集と向き合えない。
聲に乗せてみると、いかに拙い作品だったかを痛切に感じてもらわなくてはならない、貴重な時間。
さて今回の詩人清水弘子、一生懸命に、聲を撃ち、切り拓いていくことだ。

予約・お問い合わせは
東京平和教会(駒込チャペル)
〒170-0003 豊島区駒込1-28-8 2F
Tel 090-3696 -7098(天童)
JR駒込駅東口駅下車徒歩1分

*予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎 / Tendo Taijin Bureau
171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
携帯090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 
Projetの日程を見るのは、URL:http://projetlavoixdespoetes.jimdo.com/ をご覧ください。

|

« 先日、外苑前に在る画廊、ときの忘れものを訪れたとき、主人の綿貫不二夫さんから、美術評論家の久保貞次郎さんの処に、私の字の作品が数点あるという話を伺った。 | トップページ | 1988年4月、銀座・夢土画廊で開催された「源初展」に出品した一点「詩人は北へ向かい/凍てつく大地に/佇み白鳥の/ごとく聲を発/スル何処から/ともなく鈴の音/が聞こえてくる/三童人識」は、間違いなく、今、外苑前の画廊、ときの忘れもの、に在る。もう一点の「無一物」は? »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人・歌人・俳人・詩集・歌集・句集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/59812288

この記事へのトラックバック一覧です: 四日市市在住の詩人清水弘子、7月22日(火)午後7時から、第1124回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、3回目の参加。駒込の東京平和教会(予約090-3696-7098天童)の宙に2回目の聲を撃ち込む! :

« 先日、外苑前に在る画廊、ときの忘れものを訪れたとき、主人の綿貫不二夫さんから、美術評論家の久保貞次郎さんの処に、私の字の作品が数点あるという話を伺った。 | トップページ | 1988年4月、銀座・夢土画廊で開催された「源初展」に出品した一点「詩人は北へ向かい/凍てつく大地に/佇み白鳥の/ごとく聲を発/スル何処から/ともなく鈴の音/が聞こえてくる/三童人識」は、間違いなく、今、外苑前の画廊、ときの忘れもの、に在る。もう一点の「無一物」は? »